企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】カイセイロウドウケイヤクホウ 改正労働契約法

「改正労働契約法」とは、平成24年8月10日に公布され、同25年4月1日から施行された「労働契約法の一部を改正する法律」のことです。本改正法では、あらかじめ働く期間に定めを設ける有期労働契約の適正な利用を促し、有期雇用で働く人を保護するためのルールを新しく整備しました。有期労働契約の更新がくり返され、通算5年を超えた場合は、労働者の申込みをうけて期間の定めのない無期労働契約に転換できる「5年ルール」などが改正の柱となっています。
(2013/4/15掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

改正労働契約法のケーススタディ

契約更新5年超で有期から無期へ転換
労働者保護の規制強化が経営の負担に

2013年4月1日から「改正労働契約法」が施行され、有期労働契約に関する新しいルールの適用が始まりました。有期労働契約とは、1年契約や6ヵ月契約など働く期間に定めのある労働契約のことで、パート、アルバイト、嘱託、契約社員、派遣社員(派遣元との労働契約が対象)などと呼ばれる非正規労働者が該当しますが、そうした雇用形態にかかわらず、有期雇用で働くすべての人が新しいルールの対象になります。

本改正によって規定された新ルールは、以下の三つです。

(1) 無期労働契約への転換(5年ルール)
同じ企業で有期労働契約がくり返し更新され通算5年を超えた場合、労働者は企業に申し込めば、働く期間に定めのない雇用(無期労働契約)に転換できるルール。“5年”には過去の契約期間を含まず、本法施行日以降に始まる契約を起点としてカウントするため、実際に無期雇用への転換を選択する人が現れるのは、早くて2018年4月以降になる。

(2) 「雇い止め」法理の法定化
契約が何度も更新されている場合、使用者は正社員の解雇と同様に、合理的な理由なしに契約更新の拒否=「雇い止め」ができないルール。労働者保護の観点から、過去の最高裁判例で「客観的に合理的な理由を欠き、社会通念上相当と認められない」場合は雇い止めを無効とする判例上のルール(雇い止め法理)が確立しており、本改正で条文化された。

(3) 不合理な労働条件の禁止
有期雇用を理由として不合理な労働条件の相違を設けることを禁止するルール。有期契約労働者と無期契約労働者との間で賃金や休息時間、福利厚生などの待遇に差をつける場合は、仕事内容や責任の程度などからその差が不合理でないことが求められ、違反する労働条件は無効となる。

総務省が発表する労働力調査によると、パートやアルバイト、派遣社員、契約社員などと呼ばれる非正規労働者は約1800万人。このうちの8割近い約1410万人が新しいルールの適用対象となる有期契約労働者で、労働者全体の4分の1を占めています。また、有期労働契約で働く人の約3割が有期契約をくり返し更新しながら通算5年を超えて働き続けているものの、そこには常に「雇い止め」の不安がつきまとうのが現実です。

今回の法改正では、そうした不安定な働き方を減らし、有期雇用で働く人々の待遇改善に資するためのしくみが制度化されました。労働者が無期雇用への転換を申し込まないことを契約更新の条件にすることも禁じられており、労働者保護のための規制強化が前面に打ち出されています。一方、使用者側からみるとコスト増につながる恐れがあり、経営の自由度も損なわれかねません。有期雇用の多い企業では契約更新に慎重にならざるを得ず、現に、同法施行前から更新を5年未満に抑えようとする動きも相次ぎました。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

無期転換ルール
「無期転換ルール」とは、平成25年4月の労働契約法の改正により、同一の使用者(企業)との間で有期労働契約が5年を超えて反復更新されたときに、労働者からの申込みによって無期労働契約に転換されるルールのことです。例えば、契約期間が1年の場合は、5回目の更新後の1年間に無期転換の申込権が発生。契約期間が3...
トライアル雇用
公共職業安定所の紹介により特定の労働者を、短期間(原則として3カ月)試行的に雇い、その間、企業と労働者が相互に適性を判断、両者が合意すれば本採用に移行する制度のことです。
3年ルール
派遣社員として働く人たちへの雇用安定措置として、2015年の労働者派遣法改正により、有期雇用の派遣社員の受け入れ期間の上限が3年となりました。それ以降は、派遣先での直接雇用または派遣元による無期雇用への転換や、異なる部署への配置変更といった対応が必要になります。本来は、派遣社員の処遇向上のために推進...

関連する記事

無期転換ルールの対応~企業は? 有期労働者は? 最新調査報告
労働契約法第18条による、無期転換権の本格的な発生が約半年後に迫っています。有期雇用で働いていた労働者は、どのように考え行動するのか?企業は、どのように対応しようと考えているのか?調査をもとに分析します。
2017/10/17掲載新卒・パート/アルバイト調査
改正労働契約法に伴う無期転換への対応アンケート(労務行政研究所)  無期転換ルールはフルタイム型で63.2%、短時間勤務型で59.1%が策定済み
無期転換の申し込みが本格化する平成30年4月1日まであとわずか。無期転換の対象となる有期契約労働者を雇用する企業は、どのように対応していくのだろうか。299社の調査結果から、各社の対応状況を分析していく。
2018/02/05掲載人事・労務実態調査
企業は地震対策をどう見直したか
2011年3月11日の東日本大震災は未曽有の被害をもたらし、多くの企業は、従来の地震対策の不備に気付かされることとなりました。一方、各種報道によると、首都直下型地震や、南海トラフ地震の可能性が指摘されており、東日本大震災の経験を生かした地震対策のブラッシュアッ...
2013/04/22掲載人事・労務実態調査

関連するQ&A

労働契約法の改正に伴う無期労働契約への転換について
労働契約法の改正により、有期労働契約が5年を超えて繰り返し更新された場合、無期労働契約への転換をしなければならなくなりましたが、労働者が、無期労働契約への転換の申し込みができるタイミングおよび、無期労働契約への転換するタイミングについてご質問いたします。 例えば、現行の有期労働契約が1年毎の更新で...
無期雇用の転換について
いつもありがとうございます。 来年の4月1日以降契約期間の定めが有る者の無期雇用の申し出ができることになりますが、採用日と契約期間が以下のような場合は、どの時点で無期雇用の申し込みができることになりますか。ご教示ください。 採用日 2013年9月1日 1回目の契約 2013年9月1日~2014年...
パートの契約更新
3ヶ月ごとに契約更新をしています。 勤務時間を短縮する際も契約更新日の1ヶ月前に通知しないと労働基準法等に反しますでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。