無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】リンリケンショウ 倫理憲章

正式には「新規学卒者の採用・選考に関する倫理憲章」と言います。「就職協定」に代わるものとして日本経団連が中心になって定めた新卒者の採用活動に関するガイドラインです。
(2005/1/11掲載)

倫理憲章のケーススタディ

新卒者の採用活動の早期化にクギ
日経連加盟の半数の企業が賛同

かつて、会社説明会や会社訪問の開始時期を定めるなどして、新卒者の採用・就職活動の、とくにスケジュール面における一定のルールとなっていたものが「就職協定」です。

就職協定は、大学、日経連、文部省、労働省を中心とする「就職問題懇談会」によって1953年に作られたのが最初でした。しかし、罰則規定のない紳士協定だったために守らない企業が続出し、また、すべての企業が参加したわけでもなかったため、その後、廃止や復活、内容の変更を繰り返し、結局、1996年に廃止されてしまいました。

しかし、新卒者の採用・就職活動をめぐって全くルールがないのもいかがなものかということになったのでしょう。1997年度の採用活動から登場したのが、日本経団連が中心になって定めた「倫理憲章」です。以来、これが新卒者の採用・就職活動に関する一応のルールあるいは目安ということになっています。

ただし倫理憲章は当初、就職協定を強化したものではなく、ほとんど精神的な戒めという感じのものでした。「大学等の学事日程を尊重する」「採用選考活動の早期開始は自粛する」などの表現がほとんとで、具体的にスケジュールに言及しているのは「正式な内定日は10月1日以降とする」という部分だけだったのです。

ところが、2003年の改定、つまり2004年の採用・就職活動に関する倫理憲章で「卒業学年に達しない学生に対して、面接など実質的な選考活動を行うことは厳に慎む」という一文が盛り込まれました。多くの企業が2〜3月に大学3年生を対象に採用活動をスタートさせ、4年生になった4〜5月には内々定を出す状況の中、大学4年生になる4月1日以前の選考は行わない、ということにしたのです。しかも、これに日本経団連加盟企業の約半数に当たる644社の企業が賛同の意思を表しました。

むろん、加盟企業の約半数とはいっても、644社という数字は日本全体の企業数から見れば多くありません。そもそも日本経団連に加盟していないところもたくさんあります。そのため、2004年の採用活動では、全体として大きな変化は見られなかったようです。

しかし、この一文は2004年の改定、つまり2005年の採用活動に関する倫理憲章にもそのまま盛り込まれました。採用・就職活動のこれ以上の早期化は、企業にとっても学生にとっても望ましいものではない、ということです。果たして、採用・就職活動に一定のルールやパターンができ、早期化にクギをさすことができるのか、それともやはりかつての就職協定のように有名無実化してしまうのか、倫理憲章の今後が注目されるところです。

企画・編集:『日本の人事部』編集部

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「倫理憲章」に関する記事

「倫理憲章」に関する人事のQ&A

奨学金サポート制度について

いつもこちらを拝見し勉強させていただいております。

今回は弊社の新卒向け奨学金サポート制度についてお伺いしたく、書かせていただきました。

現行の弊社での奨学金サポート制度については下記です
・3年...

nowayさん
愛知県/ 情報処理・ソフトウェア(従業員数 101~300人)
2020/09/02 14:06 ID:QA-0096371 新卒採用 回答終了回答数 1 件

「倫理憲章」に関する書式・テンプレート