企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キャリアキョウイク キャリア教育

「キャリア教育」とは、個人が社会人・職業人として自立するために必要な能力や態度、意欲を形成・向上させるための教育のことです。特定の職業に必要な専門能力を養成する教育のほか、広い範囲の職業に通用するスキル(語学やパソコンなど)を修得させる教育やキャリア開発の手法を学ばせる教育も含まれます。近年は、将来を担う若者に望ましい職業観や勤労観を身につけさせ、主体的に進路を選択できる能力を育むといった意味合いが強くなっています。学校教育においてはこうした解釈に基づいて、インターンシップの実施や地域の人材を活用した職業体験などを推進、キャリア教育と呼称しているケースが一般的です。
(2013/2/8掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

キャリア教育のケーススタディ

文科省が高校普通科での“必修化”を検討
将来への目的意識を学習意欲向上の原動力に

新卒者の早期離職の拡大、フリーターやニートの増加・固定化といった若年雇用問題が深刻さを増すにつれ、その対策の一環として、教育段階で就業経験を積むことや進路選択に向けて意識・意欲の向上をはかることの重要性がさかんに叫ばれるようになりました。いわゆる「キャリア教育」です。文部科学省では、キャリア教育を「一人一人の社会的・職業的自立に向け、必要な基盤となる能力や態度を育てることを通して、キャリア発達を促す教育」(文部科学省平成22年度 第二次審議経過報告)と定義し、これを学校教育において実施するよう推進しています。

今年1月、同省がキャリア教育を高校の普通科において“必修化”する方向で検討を始めたとの発表がありました。現在、中学と高校におけるキャリア教育としては主に職場体験や企業へのインターンシップ(就業体験)などが実施されています。しかし、その実施状況や実施内容については、学校間で格差が大きいのが実情です。2011年度の調査によると、公立高3年生のうち在学中に1回でも就業体験をした学生は全体(専門学科を含む)で30%、普通科に限ると17.7%にとどまっています。

文科省の理念ばかりが先行し、現場との認識のズレが生じているようにも見えるなか、なぜキャリア教育必修化の議論が浮上してきたのか。その背景を示す一つのデータがあります。財団法人日本青少年研究所の調査では、日本、米国、中国、韓国の高校生のうち、授業と宿題以外での勉強について「しない」と答えた学生の割合は、日本の高1~高3が38.3%~28.9%と、4ヵ国中で最も多いという結果が出ました。要するに日本の高校生は、国際的に見ても自主的に勉強する時間が少ないということです。

高校教育の立て直しをはかるために、学生に将来への目的意識を持たせることによって学ぶ目的を明確化し、学習意欲の向上につなげたい――文科省が、キャリア教育の指針・内容を具体的に示したうえで全学校での実施を目指す大きなねらいは、ここにあります。もっとも、キャリア教育の徹底が勉強不足の解消につながるかについては、経済評論家の山崎元氏が「近隣の企業で体験労働してみたり、生徒同士でディスカッションをしてみたりすることで、平均的に勉強時間が増えるとはとても思えない」(ダイヤモンド・オンライン2013年1月16日配信)と指摘するように、異論も少なくありません。

同省では、早い段階で進路の意識付けが必要なことから、必修化における授業は「高1段階で週1時間程度」とする案が検討されており、今後、中央教育審議会での審議などを経て、次の学習指導要領に盛り込む方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

コープ教育
「コープ教育」とは英語のCooperative Educationを和訳した用語で、産学連携による実践的なキャリア教育の方法論を意味します。趣旨はインターンシップと共通しますが、インターンシップが企業など学生を受け入れる側のイニシアチブで実施されるのに対し、コープ教育では大学などの教育機関が産業界・...
エクスターンシップ
大学生に対するキャリア教育の一環として行われる短期就業体験プログラムのことを、アメリカでは「エクスターンシップ」(Externship)と呼びます。学生自身が関心のある分野に能動的に参加することによって、企業や業界に慣れ、実践的な職業スキルに触れる機会を提供するのがねらいです。同じく就業体験であるイ...
大学設置基準の改正
「大学設置基準」とは、1956年(昭和31年)に旧文部省が学校教育法に基づいて制定した省令で、大学を設置する上で必要な最低の基準――教育研究上の基本組織や教員の資格、収容定員、卒業の要件などを、全10章にわたって規定しています。文部科学省は2010年にこれを改正。11年度からすべての大学に対し、「...

関連する記事

今日的な社員研修・人材育成の考え方
企業の成長戦略に欠かせない人事育成のポイントとは?
2017/02/28掲載よくわかる講座
学生と企業それぞれが考える 「インターンシップ」の乖離をなくしたい 「学生が選ぶインターンシップアワード」に込められた想い、 実現したい世界観とは
売り手市場と言われる、近年の新卒採用。企業・学生ともに、短いスケジュールのなかで行動しなければならず、苦労も多いのではないでしょうか。そこで、このところ注目されているのがインターンシップです。本来は学生の職業観を育むことが期待されますが、受け入れ側である企業側...
2017/12/28掲載編集部注目レポート
人事マネジメント「解体新書」第83回 「インターンシップ」の現状と課題(前編)
『前編』は、インターンシップの現状と課題を整理すると共に、質の高いインターンシップ、特に近年話題となっている採用連動型のインターンシップをどのように実現するかを考えてみたい。
2015/06/12掲載人事マネジメント解体新書

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]
分類:[ キャリア開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて<br />
~企業は何に取り組むべきなのか?

「ワーク・ライフ・バランス」実現に向けて
~企業は何に取り組むべきなのか?

近年、長時間労働の是正や育児支援制度の導入など、企業の「ワーク・ライフ...


いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

いま求められる“効率的”人事給与業務とは?(第2回)

「いま求められる“効率的”人事給与業務とは?」第1回では、株式会社サイ...