企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エンプロイアビリティー エンプロイアビリティー

エンプロイアビリティーとは、「employability(エンプロイアビリティー)」のことで、日本語では「雇用される能力」と訳され、能力評価、能力開発目標の基準となる実践的な就業能力を指します。
(2007/3/19掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

エンプロイアビリティーのケーススタディ

企業の業績を向上させるため
組織で果たすべき役割に必要な能力

エンプロイアビリティーの具体的な内容として、厚生労働省の調査研究では、

  1. 職務遂行に必要な特定の知識・技能などの顕在的なもの
  2. 協調性、積極性等、職務遂行に当たって発揮される、個々人の思考特性や行動特性に係るもの
  3. 動機、人柄、性格、信念、価値観等潜在的な個人的属性に係るもの
    を挙げています。しかし、個人的かつ潜在的なものであるCについては、具体的・客観的評価が難しいため、一般的なエンプロイアビリティーは、A、Bを対象に評価基準をつくるのが適当とされています。

ここで大切なのは、評価対象、開発対象となるエンプロイアビリティーは、その職務内容によって異なるということです。一般的な日本型組織では、大きく分けて3つの仕事の階層があり、組織が機能するために果たすべき役割はそれぞれ異なります。

第1は、トップ・マネジメント(経営幹部)で、その会社や組織の戦略や方向性を見据えた「意思決定」をする仕事。第2は、ミドル・マネジメント(中堅層)で、トップが最終的な意思決定した仕事を具体的にどのようにするかを計画し、実行し、チェックする仕事。第3は、ロアー・マネジメント(普通の社員、職員)で、現場で実際にものを作ったり、サービスを提供する仕事です。

どのような組織でも、組織の構成員各々が属する階層に対して、期待された役割を果たしていかないと、組織そのものが機能しなくなります。組織が円滑に機能し、ひいては業績を向上させていくためには、各々がその果たすべき役割に必要な「エンプロイアビリティー」(雇用される能力)を身につけ、発揮することが求められます。

エンプロイアビリティーを、実践的職業能力として捉えるならば、その基準は、実力評価を行う際の指標になるはずです。しかしながら、企業の行う業績評価は、設定された目標に対する達成度評価である場合が少なくありません。エンプロイアビリティー評価は、本人の基本的能力を評価する目安であって、直接、企業内の業績評価につながるものではありませんが、「人材育成」を考えるにあたっては、的確にエンプロイアビリティーを評価することは、個々人のキャリア形成プランの育成の出発点、目標点になると言えるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
水平的評価
上司が部下に評価を下す「垂直的評価」に対して、同等の組織階層に属する従業員相互が評価者、被評価者となって評価しあうことを「水平的評価」と呼びます。この手法を考課方式として単独で用いることは少なく、導入している企業などではあくまでも垂直的評価を補完するために、一人の被評価者を直属の上司だけでなく複数...
360度評価
パフォーマンスの高い組織をつくるスキームには、さまざまなものがあります。中でも、社員のモチベーションを高め、個々の人材が持つ能力を最大限に引き出す評価制度の設計は、人事担当者の腕の見せ所といってよいでしょう。従来採用されてきた上司から部下への一方向の評価体制の欠点を補う手法として、いま浸透しつつある...

関連する記事

評価制度の実際
人事制度の方針を決定する上で重要な役割を持つ「評価制度」。その意義・目的と運用のポイントについて紹介する。
2017/06/30掲載よくわかる講座
人事評価への納得性を高めるための 目標設定・フィードバック面接と運用法
目標管理制度を導入する企業で、上司の評価と自己の評価の間にギャップを生じ、フィードバック面接などで不満を示す社員が増えているようです。本記事では、こうした問題を解消するための対策について、具体的な事例とともに、紹介します。
2012/03/19掲載人事・労務関連コラム
中村和彦さん: 組織に関する問題を「人」「関係性」に働きかけることで解決 いま日本企業に必要な“組織開発”の理論と手法とは(後編)
組織開発をどのように進めていけばいいのか、また、その際に人事部はどう関わっていけばいいのかなどについて、組織開発の実践に取り組んでいる研究者の南山大学教授の中村和彦さんに具体的な話をうかがっていきます。
2015/09/11掲載キーパーソンが語る“人と組織”

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人材開発 ]
管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と介護の両立支援セミナー

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...


強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。<br />
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

強い企業ではなく、変化できる企業が生き残る。
2020年以降を見据えたグローバル人材マネジメントの実現に向けて

日本企業の海外売上比率が高まっているが、一方でグローバル人材の育成やマ...