企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シャカイジンキソリョク 社会人基礎力

さまざまな人々と一緒に仕事をする上で必要とされる、社会人としての基礎的な能力のこと。経済産業省は2006年2月、「社会人基礎力に関する研究会」で、『前に踏み出す力(アクション)』『考え抜く力(シンキング)』『チームで働く力(チームワーク)』の主要3能力・12の構成要素を定義、発表しました。
(2008/3/17掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

社会人基礎力のケーススタディ

社会人として必要な基礎的能力を指針化
産学連携で能力養成を支援

厚生労働省の調査によると、大学新卒で就職した若者の3年以内の離職率は、2004年3月卒で36.6%と、1987年の調査開始以来最も高い水準となりました。現在、若者の早期離職は社会問題となっています。大きな要因として、社会人に必要な基礎的能力を学生のうちに習得していないことが挙げられます。産業界からも、ここ数年の間に入社した新社会人に対して、「マナーを知らない」「課題解決力に乏しい」という指摘が増えてきました。一方で、企業を取り巻く環境の変化に伴い、今まで以上にスピーディーに、新しい価値を創出することが求められているのが現状です。そのため、成果をもたらす人材の確保や育成が急務になってきました。

これを受け、経済産業省経済産業政策局は2005年7月、トヨタやソニーなど大手企業の人事担当者や、大学教授などの有識者を集め「社会人基礎力に関する研究会」を発足させました。同研究会では06年2月にまとめた報告書の中で、社会人基礎力を構成する3つの能力を次のように定義しています。

1. 前に踏み出す力(アクション)
一歩前に踏み出し、失敗しても粘り強く取り組む力

2. 考え抜く力(シンキング)
常に問題意識を持って課題を発見し、解決方法やプロセスについて納得いくまで考え抜く力

3. チームで働く力(チームワーク)
自分の意見を的確に伝えるとともに、異なる意見や立場も尊重しながら、多様な人と目標に向けて協力する力

さらに、この3つの能力について、「前に踏み出す力」は、主体性/働きかけ力/実行力、「考え抜く力」は、課題発見力/計画力/創造力、「チームで働く力」は、発信力/傾聴力/柔軟性/状況把握力/規律性/ストレスコントロール力という12の要素に細分化しています。

こうした能力を養うためには、大学などの教育機関・企業・地域社会が一体となって、枠組み作りを進める必要があることから、同省は「2007年度産学連携による社会人基礎力育成・評価事業」を実施しています。07年度は東京電気大学、武蔵大学、宮城大学、山梨学院大学、中京大学、愛知学泉大学、大阪大学の7大学の授業を「モデル事業」に採択し、それぞれが実施する授業が基礎力の育成に有効かどうかを検証・評価しました。

実際に企業で懸案となっているテーマについて、学生がチームを組み、協力して解決策を導きます。ほとんどの授業で、自ら問題を設定し、解決方法を見出すPBL(問題設定解決型教育)方式を採っており、授業に参加した学生は「円滑に仕事を進めるための対話能力が身についた」「チームで課題を解決する中で、強い責任感が芽生えた」と評価しています。同省は、こうした取り組みを全国の大学へ拡大するとともに、社会人基礎力を養う機会を設け、即戦力となる人材の育成を支援していく方針です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

就業力
学生が自分に合った仕事を見つける能力を「就業力」といいます。2010年2月に改正され、11年度から施行される大学設置基準では、「学生が卒業後自らの素質を向上させ、社会的・職業的自立を図るために必要な能力」を就業力と定義し、大学にキャリア教育の実施を義務づけています。
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
ピーターの法則
「ピーターの法則」とは、有能だったビジネスパーソンが昇進していくうちに無能になってしまう、現代の階層社会で起こりうるエラーについて説いたメカニズムのことを指します。教育学者ローレンス・J・ピーターが著書“The Peter Principle”の中で提唱しました。能力主義の階層社会では成果を上げてい...

関連する記事

ダイバーシティを推進する上での問題や困難として最も多かったのが「管理職の意識や能力の不足」
ダイバーシティを推進する上での問題や困難を複数選択形式で聞いたところ、最も多かったのは「管理職の意識や能力の不足」(45.0%)。2番目が「従来の一律的な価値観が重視される風土」(30.0%)、3番目が「個人の意識や能力の不足」(27.4%)だった。
2017/07/12掲載人事白書 調査レポート
人事の問題への対応、課題、求められる能力に関するアンケート
民間調査機関の労務行政研究所(理事長:矢田敏雄)は、人事担当者の仕事ぶりや課題への対応の実態を探るため、「人事担当者の仕事に関するアンケート」を実施。今回はその中から、問題・課題への対応、会社が直面している人事課題、人事担当者に求められる能力・スキルについて取...
2011/12/19掲載人事・労務実態調査
研修・人材育成とは
人材育成のために、今、企業に求められていることは何か。企業における人材育成の現状について確認し、今後、どのような対策を行っていけばいいのか、進むべき方向性を整理した。
2012/10/12掲載よくわかる講座

関連するQ&A

人材育成の目標について
中期計画で人材育成に取り組むことになりました。 人材育成では、何を目標にしたらいいのでしょうか。 数値目標は可能でしょうか。 本来、人材育成は短期で成果が得られるものではないと思っていたので、担当として戸惑っています。 が、取り組む以上、目標設定が必要という状況です。 ご教授をお願いいたします。...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 人材開発 ]

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

期間限定キャンペーン シェアNo.1採用管理システムi-web

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...