企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エンプロイメンタビリティ エンプロイメンタビリティ

「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということではなく、エンプロイメンタビリティには、良好な職場環境やキャリア支援の提供、説得力のあるビジョンなど、働き手のやりがいを喚起する総合的な企業の魅力が反映されます。
(2012/10/29掲載)

エンプロイメンタビリティのケーススタディ

人材の流動化に対応して魅力的な雇用主に
社員の“雇用されうる能力”の向上に取り組む、企業姿勢が重要

「企業の雇用能力」というと、企業がどれだけ多くの雇用を支えられるかという意味の雇用吸収力と混同され誤解を招きがちな表現ですが、そうではありません。「エンプロイメンタビリティ」は、企業が優秀な人材を“雇用しうる能力”という意味で使われ、いいかえれば、企業が優秀な人材に“選ばれうる能力”のことを表します。

このエンプロイメンタビリティに相対するのが、働き手一人ひとりが企業に“雇用されうる能力”“選ばれうる能力”を意味する「エンプロイアビリティ」(employability)という概念です。エンプロイアビリティとは、一つの組織内だけで通用する職業能力ではなく、企業の枠を超えて広く雇用市場で通用する個人の職業能力や専門能力のこと。雇用流動性が高く、景気動向に応じてレイオフ(一時解雇)も頻繁に行われるアメリカの企業社会では、“労働移動を可能にする能力”としていちはやく重要視されてきました。

ところがエンプロイアビリティ向上に力を入れると、当然のことながら、キャリア志向の強い働き手がいま所属している会社を飛び出す可能性は高まります。優秀な人材を獲得したり、組織に定着させたりすることも難しくなるわけです。近年は日本の雇用市場でも、若年層を中心に流動性が高まってきました。企業としては、労働者を「雇用する」ではなく、労働者に「選ばれる」という意識を持って魅力的な職場づくりを進めなければ、有為の人材の他社への流出は免れないでしょう。まさに雇用主としての魅力=エンプロイメンタビリティが問われているのです。

個人のエンプロイアビリティの向上に対応するために、雇用する企業の側もエンプロイメンタビリティを高める必要があるという構造の中で、優秀な人材に選ばれる魅力的な企業とはどのような組織なのでしょうか。一見矛盾するようですが、実は従業員のエンプロイアビリティ向上の支援に熱心であることが一つの大きな特徴として挙げられます。たとえ一部の人材が流出したとしても、エンプロイアビリティの高い従業員を育てようとする企業には、市場から新しく優秀な人材が流入してくるでしょう。彼らは、明確なキャリアデザインを持つがゆえに、安定した立場を保障されることよりも、OJTやOff-JTを通じて自らのエンプロイアビリティを高められることに魅力を感じるからです。

エンプロイアビリティとは労働市場における個人の市場価値であり、一方のエンプロイメンタビリティは雇用主としての企業の市場価値であるといえます。人材の流動化が加速する中、双方の価値を高め合うことが今後ますます重要になると考えられます。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

メンバーシップ型雇用
メンバーシップ型雇用とは、先に人材を確保し、後から仕事を割り当てる雇用のあり方を指します。終身雇用を前提とする日本の企業の多くは、メンバーシップ型雇用といえます。年功序列や終身雇用に見られるメンバーシップ型雇用は、これまで多くの日本の企業が取り入れてきた雇用形態です。これと対比されるのが、職務に応じ...
法定雇用率
「障害者の雇用の促進等に関する法律(障害者雇用促進法)」によって定められた割合。民間企業・国・地方公共団体に対し、それぞれの雇用割合が設けられており、それに相当する人数の身体障害者または知的障害者を雇用しなければなりません。
特例子会社
特例子会社とは、企業が障がい者の雇用を促進する目的でつくる子会社のこと。障がい者雇用促進法は従業員56名以上の民間企業に対して、全従業員の1.8%以上は障がい者を雇うよう義務づけていますが、特例として、事業者が障がい者のために特別に配慮した子会社を設立し、一定の要件を満たした上で厚生労働大臣の認可...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
障がい者雇用率2.5%以上の企業は16.4% 今後の雇用には前向き
障がい者雇用率について聞きました。多かったのは、「0.5%未満」(23.3%)と「2%以上2.5%未満」(22.8%)の二つです。以下、「1.5%以上2%未満」(11.6%)、「2.5%以上3%未満」(9.5%)、「3%以上」(6.9%)、「1%以上1.5%未...
2020/11/24掲載人事白書 調査レポート
豊富な事例とノウハウによって 障がい者雇用の成功を総合的かつ本質的にサポート
障がい者雇用は、労働政策によって唯一義務化された領域で、長らく「法定雇用率さえ守っていればよい」という考え方が一般的でした。その結果、障がい者定着率は一般雇用者と比べて低く、事業に貢献する戦力として活用するという発想はなかなか広まりませんでした。こうした障がい...
2019/06/19掲載注目のHRソリューション

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
外国人労働者の雇用について
外国人の方を雇い入れる際の注意事項を教えてください。 また、正社員雇用に限らずアルバイトの雇用の際も同様となるのでしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?<br />
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」が企業に求めているものとは何か?
~法令順守から「期待に応えること」へ

「コンプライアンス」という言葉が、盛んに使われるようになった。それは近...


変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」<br />
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

変化が求められる時代に不可欠な「経済知力」
~膨大な情報からビジネスの未来を読み解く力をつけるには~

グローバル化やIT化が加速するなか、ビジネスを取り巻く環境が今大きく変...