無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】セルフエンプロイド セルフエンプロイド

「セルフエンプロイド」とは、直訳すると「自己雇用」「自分で自分を雇用している人」という意味で、一般には個人で働く自営業者や起業家を指します。近年は高度な専門性と自律性によって、組織に所属していながら自分自身が自らの経営者であり従業員でもあるような働き方を実現しているプロフェッショナル人材も、セルフエンプロイドとして注目されています。また、そうした就労形態を「セルフエンプロイド型」と呼びます。
(2012/5/14掲載)

セルフエンプロイドのケーススタディ

“雇わない・雇われない”関係に注目
組織内でも自律したプロ人材の育成を

日本IBM株式会社では、特に専門性の高い業務に精通し、かつ、会社に対してゆるやかな専属制を希望する人材を対象に、「セルフエンプロイド」という準委任契約を結ぶ制度を実施しています。従来の一般社員との違いは、雇用契約を交わすのではなく、個人事業主として同社から業務委任を受けること。つまり会社との雇用関係はなく、退職金も社会保険もなし、就業規則も適用されません。所得は事業所得となり、兼業も可能です。一般社員がこのセルフエンプロイド型への移行を希望する場合、制度の適用に年齢制限はありませんが、いったん退職した上で新たに契約を結び直す形となります。かつてはコンサルタント職だけの制度でしたが、2006年度からは対象を技術系職種にも拡げて運用しています。

こうしたセルフエンプロイド型に類似する就労形態として「インディペンデント・コンストラクター」(IC=独立業務請負人)があります。これも被雇用者ではなく、事業家とも違う“雇わない・雇われない”働き方のひとつ。豊富な勤務経験を通じて身につけた知識やスキルを糧に、専門性の高い仕事を複数の企業から業務単位で請け負う、独立した個人事業者を意味します。03年に設立された特定非営利活動法人インディペンデント・コントラクター協会によれば、アメリカではすでに900万人近くがICとして活躍しているといいます。

セルフエンプロイドであれ、ICであれ、組織に依存も従属もしない自律的な働き方はすでに、金融業界のファイナンシャルアドバイザーや製薬業界の医薬情報担当者(MR)、各種コンサルタントといった職種にも導入事例が見られます。企業にとっては、業務量の繁閑に応じた発注の実施や法定福利厚生費の低減でコスト面のメリットが期待できる上、成果主義が大きく反映されることから個人のモチベーションアップによる業績の拡大にも資することに。こうした人材の活用法が今後、さらに普及・定着していくのは間違いないでしょう。

組織の一員として勤務する社員も、今後は自分自身が経営者であり従業員でもあるようなセルフエンプロイドな人材となるように育成していかなければ、結果的に組織も活性化されず、企業競争力の面で後れを取りかねません。セルフエンプロイドの本質とは、雇用関係の有無や契約のいかんにかかわらず、組織を活かして、高度な専門性と自律性を持った真のプロフェッショナル人材を目指すことに尽きるのです。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード