企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】キュウショクシャシエンセイド 求職者支援制度

「求職者支援制度」とは、雇用保険を受給できない求職者(受給を終了した人を含む)を対象に、無料職業訓練を実施するとともに訓練期間中の生活保障として給付金を支給し、早期の就職を支援する制度です。リーマンショック後の深刻な雇用悪化を受けて、すでに2009年7月から同制度の原型となる「緊急人材育成支援事業」が先行実施されていましたが、この臨時措置が本年9月限りで終了するため、10月に求職者支援法を施行し、セーフティネットを恒久化する新制度としてスタートします。
(2011/8/12掲載)

求職者支援制度のケーススタディ

雇用における新たなセーフティネット
無料の職業訓練と月10万円の生活支援

派遣などの非正規労働者や失業給付の受給が終わった離職者のように、雇用保険の枠組みから外れると、安定した職を得るのが困難になり、窮した場合、生活保護のセーフティネットに頼るしかありませんでした。そこで、雇用における新たなセーフティネットとして、求職者の生活を支援しながら職業訓練を行う「緊急人材育成支援事業」が09年7月から実施されてきましたが、同事業はあくまで臨時の措置であり、今年9月をもって終了となります。このため、職業訓練によるセーフティネットの恒久制度化が求められ、5月に「求職者支援法」(職業訓練の実施などによる特定求職者の就職の支援に関する法律)が成立。同法に基づいて無料の職業訓練・訓練期間中の生活給付・ハローワークにおける就職支援を行う「求職者支援制度」として、今年10月から実施される運びとなりました。

従来の支援事業は、国が財源を全額負担していました。しかし今回、制度を恒久化するにあたっては、ひっ迫する財政事情から雇用保険の活用も必要と判断され、国が1/2、労使双方がそれぞれ1/4ずつを負担することになりました。

雇用保険の対象ではない人に対するセーフティネットを支えるために雇用保険の枠組みを使い、労使にも一定の財源負担を強いる以上、給付制度や訓練のあり方に厳しい見直しが求められるのは当然でしょう。従来、訓練期間中の生活費などの受給条件は年収額が基準でしたが、新制度では月収を基準とします。単身の場合は8万円以下。扶養者がいる世帯は25万円以下となる予定です。金融資産も従来の800万円以下から300万円以下に。いずれの要件も雇用保険の被保険者との比較から厳格化されました。給付額は一律月10万円と訓練期間までの交通費(実費)を支給。給付期間は原則1年で、訓練期間が1年を超える場合は2年までとなります。

訓練についても、興味本位の受講はセーフティネットの趣旨に反するため、対象者は公共職業安定所長の指示する訓練に、原則としてすべて出席しなければなりません。病気などのやむを得ない理由があっても、80%以上の出席が給付金支給の要件となります。訓練の受講者に対しては、ハローワークで個別に支援計画を作成。定期的な来所を求めて、強力な就職支援を実施するとしています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

第2のセーフティネット
就業と生活の安定を守る制度の第一は雇用保険で、生活保護が最後の救済策といわれます。その中間を補完するしくみとして整備されたのが「第2のセーフティネット(安全網)」。雇用保険が適用されない非正規労働者や失業給付が終了した人を対象として、就業支援を目的に生活資金や住宅入居費などの貸付け・支給を行う各種...
転進支援制度
従業員の多様なライフプランに対応して、その転職や独立を支援する制度のことです。65歳までの雇用を継続できない企業が、従業員のセカンドキャリアを支援するために設けているケースも少なくないようです。
ジョブコーチ
「ジョブコーチ」とは、「職場適応援助者」の別称で、障がい者が一般の職場で就労するにあたり、障がい者・事業主および当該障がい者の家族に対して障がい者の職場適応に向けたきめ細かな人的支援を提供する専門職を指します。2002年(平成14年)に厚生労働省が創設した「ジョブコーチ支援制度」によって導入されま...

関連する記事

外国人を雇用している企業は過半数、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くに
人事担当者に外国人の雇用状況について聞いたところ、現在雇用している企業は過半数で、「さらに増やす」「今後雇用する」企業も半数近くであることがわかった。
2019/08/20掲載人事白書 調査レポート
7. ワーク・ライフ・バランス支援を進める際の注意点
ワーク・ライフ・バランス支援は比較的新しい制度のため、その他の人事制度とうまく連携できていないケースがある。特に大きな影響があるのが人事処遇制度との連携である。ワーク・ライフ・バランス支援策によって休業や短時間勤務などを選択した場合、処遇にどのように反映される...
2012/11/07掲載よくわかる講座
人事制度構築フロー
人事制度構築はどのような手順で行うのだろうか。ここでは、既存の企業が人事制度を新たに構築する際の一般的なフローを見ていく。
2013/04/26掲載よくわかる講座

関連するQ&A

障害者の雇用
障害者を雇用する際の留意点を教えて下さい。 また、助成金などについても併せて教えて下さい。 当社は、小売業です。 現在、雇用率0.6%です。
定年再雇用の勤務時間について
対象者から週5日9:00~16:00の時間帯での勤務希望が出て来たのですが、週5日9:00~17:30の時間帯であれば再雇用は出来るが、そうでなければ再雇用出来ないと言う事は可能ですか?宜しくお願い致します。
定年延長、再雇用制度
今後の展望について
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

POSITIVEの導入事例はこちら メンタル対応可能な産業医を紹介します 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く<br />
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

ITを活用した人財マネジメントが、企業の未来を切り開く
HRテクノロジー「POSITIVE」がもたらす新たな知見とは?

人工知能(AI)技術をはじめとする近年のITの発達は、人事業務のあり方...