企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シンソツギリ 新卒切り

深刻な就職難をくぐりぬけて入社したばかりの新入社員が、上司からの理不尽な要求や、パワーハラスメントなどを受けた上で自主退職を迫られるケースが増加。「新卒切り」と呼ばれ、「派遣切り」「内定取り消し」に続く社会問題として注目されています。
(2011/2/14掲載)

新卒切りのケーススタディ

氷河期“勝ち組”の半数以上が退職を検討
新入社員を「切る」のは会社か、本人か

人材育成コンサルタント会社のシェイク(東京・目黒)がまとめた「2010年度入社社会人の意識調査」によると、同年度の新入社員の多くは、入社半年の間に仕事に対するモチベーションが落ち、半数以上が辞職を考えながら働いているという驚くべき実態が明らかになりました。調査は、従業員規模200人以上の企業で働く入社1年目の正社員155人を対象に実施。仕事に対するモチベーションについて「高い」と「やや高い」をあわせた回答は47.8%で昨年比7.1ポイント減だったのに対し、「退職が頭をチラつく」との回答は51.7%と半数を超えました。

未曽有の就職難を突破しながら、入社早々に退職を意識しはじめる氷河期の“勝ち組”たち。この理解しがたい現象の背景に、じつは「新卒切り」の横行があるとも指摘されているのです。実際、NPO(非営利組織)法人の労働相談センターには10年4月以降、「この業界に向いていない」「協調性がない」などの理由で解雇通知や退職勧奨を受けたという新入社員からの相談が過去最高のペースで寄せられました。同センターの相談員は次のように分析しています。<買い手市場をいいことに大量採用したものの、業績悪化で一部の企業は新卒切りに走っています。従順で実績が出ていない新入社員をターゲットに、過度な業務の押しつけや嫌がらせで退職に追い込むのです。それが新入社員の異常な退職志向につながっている可能性もあります>(MSN産経ニュース11年1月10日配信)。さらに09年に「内定取り消し」が社会問題となり、厚生労働省が悪質な企業名の公表に踏み切ったことが影響しているとの指摘も。内定切りはもうできないので、いったん入社させてから早い段階で自主的に辞めてもらおう、というわけです。

もちろん新入社員の早すぎる退職やモチベーションの低下のすべてを、こうした「新卒切り」に象徴される企業側のずさんな採用姿勢に帰することはできません。というのも、厳しい就職戦線を勝ち抜いて第一志望に入社できる学生はごく少数。それ以外の大部分の新入社員は「自分が本来いるべき場所はここではない、もっとふさわしい職場があるのでは」という不満を抱え、一種の“青い鳥症候群”に苛まれているといわれます。そうなると、職場でのちょっとしたストレスにも踏ん張りがきかなくなり、仕事の負担や責任、競争のプレッシャーにも耐えられなくなってくる。自ら“切られやすい社員”になってしまうのです。企業側から見れば、万全を期して採用したにもかかわらず、“切りたくなる社員”が増えているという側面は否定できないでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

スクラム採用
「スクラム採用」とは、全社員が一丸となって取り組む採用方式のことをいいます。スクラムとは、ラグビーにおいて両チームのフォワード選手がボールを間に肩を組み押し合うこと。転じて、全員が共通のゴールに向かって力を発揮することを意味するようになりました。採用売り手市場が続く中で、人事だけでなく全社員で候補者...
円満退社
「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりな...
リベンジ転職
「リベンジ転職」とは、新卒入社時に希望する企業や業界に就職できなかった社会人が、意中の仕事やより働きがいのある企業に再チャレンジしようと、転職活動にいそしむことをいう造語です。リーマンショックや東日本大震災後の就職氷河期にあたる2010~13年に入社した若手に多く見られることから注目を浴び、使われる...

関連する記事

「今ならまだ引き返せる」入社前対応の難しさ
4月は新入社員研修の季節。せっかく新人研修を行うなら、同時期に入社する中途採用人材の研修も併せて行いたいと考える企業は珍しくない。さらに一歩踏み込んで、「もうすぐ入社する人材」の研修まで一緒に行いたい、と考えるところもある。しかし、これが意外に大きな問題へと発...
2016/04/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
人材紹介会社のフォロー範囲
人生の大きな決断である転職。転職先で企業文化の違いに驚いた、場合によってはカルチャーショックさえ受けた、という話は珍しくない。早期退職を防ぐため、入社後も転職者をフォローする人材紹介会社は多いが、人事は採用した社員に人材紹介会社とつながりを持ってほしくない、と...
2017/12/01掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高い
人事担当者に「新卒の選考に際して、入社後の配属を意識しているか」「入社後の活躍割合」を聞いた。それらの相関関係を探ると、配属先を意識して選考を行っている企業ほど、社員の活躍割合が高いことがわかった。
2019/07/26掲載人事白書 調査レポート

関連するQ&A

入社式と入社日は違う日でもよいのか?
たとえば3/30に入社式を行い、しかし入社日は4/1としたいのです。 保険の適用等も4/1からにしたいです。 可能でしょうか?
退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 採用 ]
分類:[ 人事管理 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


究極の人事給与システムとは何か?

究極の人事給与システムとは何か?

優れた人材を採用し、働きやすい環境を整え、企業の成長に不可欠な人事戦略...


ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

ミツイワが「福利厚生サービス」を利用する目的とその効果とは?

人事施策の中でも福利厚生が重要な位置を占めるようになってきている今、ミ...