無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】シツモンカイギ 質問会議

「質問会議」とは、参加者らが意見を言い合うのではなく、問題に関する質問とその応答のみでやりとりを進め、問題の解決策を探っていく会議術のことです。実際の問題解決を通じて個人や組織の学習する力を養成する「アクションラーニング」の研究から生まれた、対話型コミュニケーションにもとづく手法で、ボトムアップ型の問題解決に向いているとされます。
(2011/1/17掲載)

質問会議のケーススタディ

参加者全員に気づきと納得感をもたらす
“意見”をいってはいけない会議

会議で導き出された結論がどれだけ的確でも、それが実際の問題解決に結びつかない例は意外と少なくありません。マネジャーやベテラン社員など権限の強いメンバーが結論を誘導する“一方通行”の会議になって、他の出席者が当事者意識を持てないケースです。解決策自体は正しくても、会議で蚊帳の外に置かれたメンバーにとっては、押しつけ感ややらされ感が強く腹に落ちないため、現場での実行につながりにくいのです。

そこで注目されるのが「質問会議」。質疑応答だけで進行し、問題の解決策を得るこの会議法は、NPO法人日本アクションラーニング協会(東京・港区)代表の清宮普美代氏によって提唱されました。標準的な会議の進め方やルールは以下のとおりです。

 参加者の適正人数は4~8人。会議では「問題提示者」が中心となり、他のメンバーは質問役に徹します。またファシリテーターとしてアクションラーニング(AL)コーチが1人参加します。問題提示者は、解決したい問題の内容を簡潔に説明します。たとえば「部下が主体的に仕事に取り組もうとしない」といった問題が提示されたとすると、他の参加者はこれに対して、「その部下とコミュニケーションをとる頻度は1日にどれくらいですか?」「これまでにどういうアドバイスをしましたか?」といった質問をして、問題提示者が回答するというやりとりを繰り返します。建設的でない質問や質問以外の意見、尋問、詰問、糾弾などは禁止。そういう発言に対してはALコーチが目を光らせ、必要があれば介入し、会議がルール通りに進行されるように促します。

質問がひと通り出たら、ALコーチが質疑応答の「振り返り」を要求し、問題提示者はその場で、問題の本質がどこにあるのかを整理する「問題の再定義」を行います。〈質疑応答→振り返り→問題の再定義〉というプロセスを経ることで、問題提示者を含む参加者全員に、深い内省と気づきが生まれやすくなるのです。そして再定義された問題に対し、解決のための目標を設定し、行動計画を立てるなどして会議は終わります。

質問会議では「平等、尊重、傾聴」が鉄則。“声の大きさ”に関係なく、誰にでも発言機会が均等にあるため、決定事項に対する納得感も高まりやすくなります。すでにトヨタ自動車、キリンビール、富士ゼロックス、NEC、日本ベーリンガーインゲルハイムなどの大手企業で導入され、問題解決やモチベーションアップに効果を上げています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード