企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ノウフー ノウフー(Know Who)

ノウフー(know who)とは、「誰が何を知っているのか」「どこにどんな業務の経験者やエキスパートがいるのか」といった組織内の人的資源情報を蓄積し、検索できるしくみのこと。専門的なスキルやノウハウを持つ人とそれを必要とする人を、部署間の壁を越えて結びつけることで知識の共有化と有効活用を図る、ナレッジマネジメントには欠かせない要素の一つです。
(2010/3/15掲載)

ノウフー(Know Who)のケーススタディ

“Know How”から“Know Who”へ
社内SNSや社内ブログで人材情報を共有

業務に必要な専門知識や問題解決の知恵を「ノウハウ」と呼びます。ノウハウの習得や蓄積を促すことは人材開発の大きなテーマですが、仕事を通じて個々の社員が身につけるノウハウの量や種類には限界があります。また共有化を図ろうとしても、現場で実際に役立つ情報ほどマニュアルやテキストに落とし込むのは難しいものです。問題解決のノウハウがない場合は、むしろその道の専門家やベテランを探し出し、直接教えを受けたほうが、ノウハウの細かいニュアンスや状況に即した応用法を的確かつスムーズに理解することができるでしょう。組織内に眠る暗黙知を活かすために、ノウハウそのものを“見える化”するのではなく、誰がそれを持っているのか――いわばノウハウの在りかを“見える化”するのが「ノウフー」のねらいです。

具体的には、社員自身が担当業務や得意分野などの情報を登録・更新するデータベースを構築し、イントラネットなどで稼働させるしくみが主流です。誰かが質問を書き込むと、別の人が回答を書き込む電子掲示板を活用しているケースも少なくありません。最近は、社内ブログや社内SNS(ソーシャルネットワーキングサイト)などのグループウェアを導入し、社員同士の自発的なコミュニケーションを促すことでノウフーを実践する企業が増えています。その大きな理由は“気軽さ”。従来のグループウェアよりざっくばらんに情報の受発信ができるため、誰がどんな仕事をしていて、何に興味があるのかについても自然と相互理解が進み、人材情報がスムーズに共有されるようです。

先進事例として知られるNTT東日本では、2005年秋から社内SNS「Sati」を開始。2年後の07年には、7,500人以上の社員(グループ全体の約15%)が参加する国内最大規模の社内ネットワークを構築するに至りました。ジョンソン・エンド・ジョンソンや損害保険ジャパン、人材サービス大手のインテリジェンスといった企業も、ノウフーの共有を実現するために社内SNSや社内ブログを導入し、成果を上げています。

2010年には団塊世代の大量退職が完了します。高度な技術やノウハウを蓄積してきた世代が職場を離れると、「誰に何を聞けばいいのかわからない」という状況に陥りかねません。多くの企業にとって、ノウフーの構築は喫緊の課題といえるでしょう。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

社内SNS
「社内SNS」とは、会社内や組織内で、複数人で使われるコミュニケーションツールのこと。SNSはソーシャルネットワーキングサービスの略語です。メールと違って気軽に情報を発信できるのでハードルが低く、迅速に情報を交換できる、というメリットがあります。社内コミュニケーションの活性化のほか、社員が個々に持つ...
見える化
「見える化」とは、企業活動の現状、進捗状況、実績などをつねに見えるようにしておくこと。問題が発生してもすぐに解決できる環境を実現すると同時に、ビジネスの現場をそもそも問題が発生しにくい環境に変えるための、組織内の体質改善や業務改革の取り組み全般を指します。
トランザクティブ・メモリー
「トランザクティブ・メモリー」(Transactive memory)とは、1980年代半ばに米ハーバード大学の社会心理学者、ダニエル・ウェグナ―が唱えた組織学習に関する概念で、日本語では「交換記憶」あるいは「対人交流的記憶」「越境する記憶」などと訳されます。組織学習の一つの側面である組織の記憶力(...

関連する記事

人事マネジメント「解体新書」第79回 「社内SNS」でコミュニケーションを活性化させる(前編)
近年、社内コミュニケーションを活性化するために「SNS」(Social Networking Service)を活用する企業が増えている。FacebookやTwitter、LINEなどのソーシャルメディアが個人の間で急速に普及してきたことで、社内コミュニケーシ...
2015/02/25掲載人事マネジメント解体新書
「社内コミュニケーション」をいかに活性化させていくか?~「不機嫌な職場」から脱却する方法
昨年来の景気の急激な悪化とともに、雇用状況が一転、職場を取り巻く環境が様変わりしてきた。それ以前からも行き過ぎた成果主義の弊害や長時間労働など、働く人に対するストレスが強くのしかかってきており、「不機嫌な職場」に代表されるような職場におけるコミュニケーション不...
2009/03/09掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

26業務について
26号業務内で2つ以上の業務を行う契約書(○号業務と○号業務のような形式)は有効となるのでしょうか?
役職定年制
いつも役に立つ情報をありがとうございます。 一般論で結構ですので教えてください。 企業にとって「役職定年制」を設けるメリットは何でしょうか。 漠然とした質問ですみませんが、情報をいただけると助かります。よろしくお願いします。
情報保護管理について
ご教示下さい。 個人情報について、各種セミナーなどに参加した際に配布されるセミナー資料に個人が特定される情報の記載がある場合、個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? また購入している書籍などに記載の個人が特定される情報についても同様に個人情報としての管理が必要となりますでしょうか? 初...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

感染症対策の実施記録に手間なく体調管理 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


働きやすさだけでなく、働きがいも大切<br />
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

働きやすさだけでなく、働きがいも大切
不調者が輝きを取り戻すメンタルヘルス対策とは

2012年11月に独立行政法人「労働政策研究・研修機構」が実施した調査...


企業の成長を促す「エンゲージメント経営」<br />
Employee Experienceが競争力の源泉となる

企業の成長を促す「エンゲージメント経営」
Employee Experienceが競争力の源泉となる

将来の労働力減少が見込まれる現代において、「従業員一人ひとりが持つ経験...