無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

HRペディア 掲載日:2007/08/20

【ヨミ】カイセイパートタイムロウドウホウ 改正パートタイム労働法

安倍総理が再チャレンジ支援策の一環として位置づけた法案で、2007年5月25日に成立し2008年4月から施行されます。今回の改正の最大のポイントは、「パート労働者と正社員の差別待遇を禁止する」という規定です。

改正パートタイム労働法のケーススタディ

施行に先立ち企業のパート待遇改善が加速
正社員との待遇均衡を取れるかが焦点

「短時間労働者の雇用管理の改善等に関する法律」の一部を改正した同法。業務内容や業務に伴う責任、労働時間などが正社員と同程度の「正社員並みパート」に対し、賃金や処遇、教育訓練の実施、福利厚生などで正社員と差別せず平等な扱いをすることを、事業主に義務づけています。2006年の全国のパート労働者数は1205万人で、雇用者全体の22%を占めます。その内、正社員と同等の待遇となる対象者は4〜5%にとどまっていますが、対象外のパート労働者にも正社員と均衡した待遇を確保するよう企業に努力義務を課しました。

バブル崩壊後、正社員の削減策を講じた企業の多くは、賃金が安く雇用調整のしやすい非正社員の採用に力を入れていきました。こうした動きに伴い、正社員と非正社員の間に賃金や処遇の面で格差が生じたため、同法で人件費抑制のための非正社員雇用の増加に歯止めをかけようとしています。また、安易にパートを正社員代わりに使う例が後を絶たないことも背景にあります。均衡の取れた待遇が実現できれば、雇用形態の違いによる賃金などの不平等は回避できるとしています。

同法の施行に先立ち、流通やサービス業界を中心に、パート労働者の待遇を大幅に改善する企業が増えてきました。パート労働者の多くを正社員として雇用したり、賃金と契約期間、職能資格制度などで正社員とパートの区別をなくす仕組みを導入しています。これらの業界では景気回復に伴う人材不足が深刻化し、人材確保に苦戦しています。業務の面でパート労働者への依存度が高いため、同法による義務化の枠を超えて、待遇改善に踏み出す企業が増加しています。人件費は増えますが、競争力の強化には人材の確保と士気向上が不可欠との考えが浮き彫りとなっています。

主な例として、衣料品店のユニクロを展開するファーストリテイリングが約5000人のパート社員を2年かけて正社員化したほか、給食・カラオケ大手のシダックスでは給食作りを担当するパート500人を08年3月末までに正社員化するとしています。また、生活雑貨専門店のロフトは、パート社員を正社員と同様に無期契約で雇用し賃金制度も統一する方針です。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「改正パートタイム労働法」に関する記事

「改正パートタイム労働法」に関する人事のQ&A

パートさんと正社員のボーダーライン

予々、疑問に思っているのですが、パートと正社員の違いは、労働時間や労働日数以外に、何かあるのですか?あるとしたら、それは、数字としてどうなのですか?

パートさんの労働時間や労働日数がどれだけになると...

おいたちさん
広島県/ その他メーカー(従業員数 6~10人)
2021/01/08 13:33 ID:QA-0099713 人事管理 回答終了回答数 3 件

コロナによる休業中においての、パート契約について

いつも参考にさせて頂いております。

【 現状 】
弊社では3月より休業を実施しております。(パートについては全員が全日休業中)
4月以降、今後の見込みが立たないことから、2~3ヶ月で更新を繰り返して...

千葉花子さん
千葉県/ 旅行・ホテル(従業員数 51~100人)
2020/09/22 11:20 ID:QA-0096902 労務・法務・安全衛生 回答終了

アルバイト雇用契約書について

アルバイトを雇用することになり、雇用契約書を作成しております。
正社員とは違うのでどのように作成すればよいのか教えてください。

(労働条件)
・勤務時間:10:00〜19:00の間で4時間程度
・勤...

ももじろーさん
福岡県/ 情報サービス・インターネット関連(従業員数 1~5人)
2020/07/01 19:35 ID:QA-0094773 アルバイト・パート採用 回答終了回答数 2 件

「改正パートタイム労働法」に関する書式・テンプレート

出向協定書

産業雇用安定助成金に対応し、在籍出向の契約を結ぶ際の出向協定書です。産業雇用安定助成金の必要事項に加え、出向において定めるのが望ましいルールを記載しています。

ダウンロード