無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】マイクロアグレッション マイクロアグレッション

「マイクロアグレッション(Microaggression)」とは、明らかな差別には見えなくても、ジェンダーや人種などのステレオタイプ・偏見に基づく発言や行動で、無自覚に相手を傷つけること。1970年代に、精神科医でハーバード大学医学大学院名誉教授でもあったチェスター・ピアス氏によって提唱された造語です。発言者には悪意がないことが多いため、相手を傷つけている自覚がなく、マイノリティは日常的にマイクロアグレッションに直面している現実があります。

マイクロアグレッションのケーススタディ

「悪気はない」は言い訳にならない
多様な立場の人が心地よく働けるために

「#BLM(Black Lives Matter)」や「#MeToo」など、世界では徐々にジェンダーや人種などによる差別や被害を根絶しようとする運動が活発に行われています。しかし、明らかに差別なのかがわかりにくいマイクロアグレッションを含めると、違いの中で生きる人々は常に差別的言動に直面しています。

マイクロアグレッションの例としては、以下のようなケースがあげられます。

ケース1. 車を購入しに行った女性
ある女性は、車を購入するために夫と販売店にでかけた。女性は自分のお金で自分の車を購入する予定だったにもかかわらず、販売スタッフは夫に話しかけ続けた。「車を買うのは男性だろう」「女性は経済力がない」といった偏見により発生したマイクロアグレッション。

ケース2. 日本で生まれ育った男性
日本とケニアにルーツを持つ男性は、日本で生まれ育ち、日本人としてのアイデンティティがある。しかし、街を歩けば英語で話しかけられ、日本語を話せば「日本語が上手ですね」と褒められる。「バスケットボールが得意なんでしょう」「ダンスが得意なんでしょう」と勝手なイメージを持たれたり、警察からはかなりの確率で職務質問を受けたりする。「見た目が違えば日本人ではない」「黒人は犯罪者が多い」という偏見に基づいたマイクロアグレッション。

このほかにも、男性の保育士や看護師が受ける「保育士(看護師)は女性が多い」というステレオタイプに基づいたマイクロアグレッションや、「恋愛は男女がするもの」というステレオタイプに基づきマイクロアグレッションを受ける同性カップルなど、マイノリティほど、こういった問題に直面しやすいもの。発言者は「普通は〇〇だろう」という自らの常識に当てはめ、相手を傷つけてしまいます。いわれた側にとって、悪気の有無は関係ありません。

これからの職場は、性別、年齢、国籍、宗教など、従業員の多様性が増えていくことでしょう。発言者に悪意がなかったとしても、いわれた人のパーソナリティや状況によっては、離職につながったり、メンタル不調に陥ったりすることもあります。ダイバーシティ&インクルージョンの一環として、アンコンシャス・バイアスなどの研修を実施する企業も徐々に増えてきましたが、企業にはさまざまな立場の人が心地よく働ける環境をつくるための取り組みが求められています。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するキーワード