無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

【ヨミ】シャナイベンチャー 社内ベンチャー

「社内ベンチャー」とは、新規事業などの創出を目的に独立した企業のような組織を企業内に作り、本社が支援しながら育てていく制度のことをいいます。一般的なベンチャー企業やスタートアップとは違い、社内ベンチャーは本社の資産を利用できることや、安定的に給与をもらいながら新規事業に取り組むことができます。また社内ベンチャーは挑戦的でポジティブな社内風土を育むことができ、起業家精神を持つ人材の流出防止にもつながります。

社内ベンチャーのケーススタディ

成功率の低い社内ベンチャー
メリットとデメリットは表裏一体

社内ベンチャーは、新規事業に挑戦する側にとってはリスクが低く、夢のような仕組みに聞こえるかもしれません。しかし一般的には、社内ベンチャーの成功率は低いと言われています。それはなぜでしょうか。社内ベンチャーの成功は結局のところ、「個人」に依存するところが大きくなるからです。

社内ベンチャー制度を導入している企業の多くは、社内公募でアイデアを募るところから始まります。事業テーマを個人の意欲やひらめきに依存せざるをえず、芽が出るビジネスを生み出せるかどうかは個人の能力に大きく左右されます。

また、人的リソースが不足しがちという側面もあります。利益を生み出さない新規事業部門に、優秀な人材を複数送り込めるほど余裕がある企業は多くありません。社内だからこそ短期間での成果を求められることもあり、「起業と比べてリスクが少ない」というメリットがデメリットになることもあります。自身の資産を投資しない分、一般的なスタートアップと社内ベンチャーでは熱量が大きく異なることも考えられます。

しかし、私たちが日常のなかで接しているお店やサービスの中には、実は社内ベンチャーから生まれた成功例も少なくありません。例えば、スープ専門店「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」は、もともとは三菱商事に勤務していた遠山正道氏が社内ベンチャーとして立ち上げ、その1年後に1号店がオープン。その後、MBOで独立を果たし、今では全国に展開するまで成長しています。また、2016年にリリースされたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「ポケモンGO」を開発・運営する米Niantic社も、米Googleの社内ベンチャーとして立ち上がった企業です。

社内ベンチャーを成功させるには、「後戻りできない」という覚悟を持つこと、社内外のさまざまなリソースをうまく活用すること、ビジョン・ミッションを明確にして仲間を増やすことなどが求められます。社内ベンチャーであっても、ベンチャー企業やスタートアップ企業と同様の意識を持つことが必要なのです

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

あわせて読みたい

関連する記事

関連するQ&A

関連するキーワード