企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】シャナイベンチャー 社内ベンチャー

「社内ベンチャー」とは、新規事業などの創出を目的に独立した企業のような組織を企業内に作り、本社が支援しながら育てていく制度のことをいいます。一般的なベンチャー企業やスタートアップとは違い、社内ベンチャーは本社の資産を利用できることや、安定的に給与をもらいながら新規事業に取り組むことができます。また社内ベンチャーは挑戦的でポジティブな社内風土を育むことができ、起業家精神を持つ人材の流出防止にもつながります。

社内ベンチャーのケーススタディ

成功率の低い社内ベンチャー
メリットとデメリットは表裏一体

社内ベンチャーは、新規事業に挑戦する側にとってはリスクが低く、夢のような仕組みに聞こえるかもしれません。しかし一般的には、社内ベンチャーの成功率は低いと言われています。それはなぜでしょうか。社内ベンチャーの成功は結局のところ、「個人」に依存するところが大きくなるからです。

社内ベンチャー制度を導入している企業の多くは、社内公募でアイデアを募るところから始まります。事業テーマを個人の意欲やひらめきに依存せざるをえず、芽が出るビジネスを生み出せるかどうかは個人の能力に大きく左右されます。

また、人的リソースが不足しがちという側面もあります。利益を生み出さない新規事業部門に、優秀な人材を複数送り込めるほど余裕がある企業は多くありません。社内だからこそ短期間での成果を求められることもあり、「起業と比べてリスクが少ない」というメリットがデメリットになることもあります。自身の資産を投資しない分、一般的なスタートアップと社内ベンチャーでは熱量が大きく異なることも考えられます。

しかし、私たちが日常のなかで接しているお店やサービスの中には、実は社内ベンチャーから生まれた成功例も少なくありません。例えば、スープ専門店「Soup Stock Tokyo(スープストックトーキョー)」は、もともとは三菱商事に勤務していた遠山正道氏が社内ベンチャーとして立ち上げ、その1年後に1号店がオープン。その後、MBOで独立を果たし、今では全国に展開するまで成長しています。また、2016年にリリースされたスマートフォン向け位置情報ゲームアプリ「ポケモンGO」を開発・運営する米Niantic社も、米Googleの社内ベンチャーとして立ち上がった企業です。

社内ベンチャーを成功させるには、「後戻りできない」という覚悟を持つこと、社内外のさまざまなリソースをうまく活用すること、ビジョン・ミッションを明確にして仲間を増やすことなどが求められます。社内ベンチャーであっても、ベンチャー企業やスタートアップ企業と同様の意識を持つことが必要なのです

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

イントラプレナー
イントラプレナー(Intorepreneur)とは「社内起業家」のこと。企業内において新しいビジネスを立ち上げる際、その責務を担うリーダーとなる人材を一般の起業家を意味する「アントレプレナー」(entrepreneur)と区別してこう呼びます。起業家精神はもとより、経営管理能力や事業全般にかかわる...
エンプロイメンタビリティ
「エンプロイメンタビリティ」(employmentability)とは、「企業の雇用能力」を意味する用語です。雇用される側からみて魅力的な企業か、継続的に雇用されたいかといった価値に関する概念で、雇用主としての能力や優秀な人材をひきつける吸引力を表します。単に高報酬を保障できればいいということでは...
100年企業
「100年企業」とは、創業以来100年を超えて事業を継承する企業を指し、いわゆる“老舗企業”“長寿企業”の意味で使われる言葉です。日本は世界有数の長寿企業大国といわれ、東京商工リサーチの調査によると、創業100年以上の企業は2012年時点で2万7,441社あることがわかっています。そのうち東証など国...

関連する記事

2016年「ホワイト企業」認定がスタート! 日本次世代企業普及機構(JWS)が取り組む、次世代に残したい良い会社の基準とは?
一般財団法人日本次世代企業普及機構(Japan White Spread:以下、JWS)は、将来性やビジョン、働きがいといった要素において、これからの時代に残すべき素晴らしい中堅中小企業を発掘し、「ホワイト企業」として認定・表彰を行うことを目的に誕生しました。...
2016/02/10掲載注目の記事
松本真作さん いま日本企業が求める「新規大卒者」の人材像
いま企業はどのような新規大卒者を採用したいと考えているのか。その採用基準を企業や学生はどのように考えればよいのか。労働政策研究・研修機構(JILPT)で、大卒採用に関する調査を担当してきた松本真作・主任研究員/大学校助教授に聞きます。
2006/10/23掲載キーパーソンが語る“人と組織”
人事マネジメント「解体新書」第42回 ベンチャー企業に学ぶ人材戦略(前編:解説) ~組織を“ベンチャー化”することで、人は成長していく
バブル崩壊後、日本を牽引してきた大企業が成長戦略を描き切れなくなっている。一方、成長著しいベンチャー企業は元気だ。何より、働く人のモチベーションと行動力が段違いだ。いったい、この違いを生むものは何なのか?
2010/10/25掲載人事マネジメント解体新書

関連するQ&A

08年賃上げ
お疲れ様です。 08年度の全国平均昇給額と昇給率のデーターをお持ちでしたら、教えて頂きたくお願い申し上げます。 大企業・中企業・小企業別にあれば、なお幸でございます。
登記の事業目的について
事業目的ですが、今後の事業拡張のために現在の事業内容だけでなく、見込まれるものも入れておきたいのですが、どのような文言がよいのでしょうか?文例のようなものがあれば教えてください。(できるだけ多くの事業内容を盛り込みたい)
雇用契約について
派遣事業に関し、質問させていただきます。 個人事業主の方をある企業へ派遣しようとする場合、その個人事業主と当社の雇用契約は常用雇用契約が必要なんでしょうか?某企業から「個人事業主の方は一般派遣の免許を持っている企業と常用雇用契約が必要となる」と指導されましたがどうなのでしょうか?期間限定の雇用契約で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 経営戦略 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

Withコロナ時代は社内研修をオンライン化! 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

多数の店舗・拠点を持つ流通・小売・サービス業の 人事部門が抱える課題とは?

流通・小売・サービス関連企業が抱える、数多くの問題点に焦点をあてる。今...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...