人と組織を伸ばすHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2022-秋-」 
	2022年11月8日(火)・9日(水)・10日(木)・11日(金)・15日(火)・16日(水)開催 [主催]日本の人事部「HRカンファレンス」運営委員会[後援]厚生労働省

プログラム

閉じる
受付状況
開催日

ジャンル

フリーワード
人的資本エンゲージメント新卒心理的安全性自律
受付状況:全講演
開催日:全選択
ジャンル:人材育成
11/8(火)
11/8(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-1] 受付終了

教育カリキュラムに依存しない!
“ユーザー体験”から設計するDeNA流新卒エンジニア育成
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

エンジニアの新入社員研修において表面的な技術をインストールするだけでは、現場配属後に継続的な活躍はできません。当然、研修生によっては同じ研修カリキュラムでも習熟度は異なるので、自律自走していけるような研修設計が必要となります。本講演では、DeNAの新卒育成に従事する平子氏をお招きして実際に作成した「ユーザージャーニーマップ」をご覧いただき、学習者の体験設計から研修を組み立てる方法を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

IT技術研修のクオリティが講師に依存してしまっている


株式会社ディー・エヌ・エー 技術統括部 CTO室

平子 裕喜氏

【平子 裕喜氏プロフィール】
(ひらこ ゆうき)振り返って充実していたな、楽しかったなという組織を作りたい。エンジニアとしての経験を活かし、新卒育成/マネージャー強化施策/コミュニティづくりなどを推進。現在は、その領域を展開すべく地域活性化起業人としても挑戦中。

株式会社ギブリー 取締役 兼 Trackプロダクトオーナー

新田 章太氏

【新田 章太氏プロフィール】
(にった しょうた)筑波大学理工学群社会工学類経営工学専攻卒業。学生インターンシップ時代に「エンジニア」領域に特化した支援事業を立ち上げ、ギブリーへ入社。その後「Track」の立ち上げや、日本最大規模の学生ハックイベント、JPHACKSの組織委員会幹事を務めるなど、若い世代のイノベーターの発掘・支援にも取り組んでいる。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-3] 受付終了

「成長し続けるミドルマネジャーを創る人事」~リーダー育成先進企業の共通点とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ミドルマネジャーの育成は、長年にわたり課題視されている重要テーマの一つといえます。しかしながら、各社で導入されてきた施策は表面的・断片的なものに留まることも多く、むしろ現場では年々深刻さを増しているというのが我々の認識です。本講演では、テクニカルな手法論とは距離を置き、ミドルマネジャーの育成と活躍に関する課題を再定義し、「各社のベストプラクティス」から見える共通項とポイントを具体的に解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

優秀な管理職を育成したい/次世代リーダーを発掘・育成したい


株式会社リードクリエイト 常務取締役

吉田 卓氏

【吉田 卓氏プロフィール】
(よしだ たかし)大学卒業後、大手金融機関に入社。企画部門を経て、人事部で育成・評価・異動業務に従事。2005年リードクリエイトに入社。リーダーの選抜・育成を軸に人材開発支援を担当し、これまでソリューションに携わった企業は500社以上。一般論に留まらない「実践知」をベースにしたセミナーも多数開催。2021年より現職。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
9:30 -
10:20
特別講演[A-7] 受付終了

「企業内読書会」のススメ
~コミュニケーション改善に留めずイノベーションにまで繋げる3つのフェーズ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

優れたコミュニケーションとは何でしょうか。それは関係性構築に留まらず、互いの思考フレームを広げ、個人の能力を高め、企業に今までにない活動を生み出す大きな原動力です。私達は、その優れたコミュニケーションを誘発する触媒として「読書会」に注目。参加者の固定概念を解きほぐすアンラーニングのフェーズから、自己を再発見し、今までにないアウトプットを出すまでの仕掛けと創出メソッドをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

部門間コミュニケーションに悩みを抱えている


経営コンサルタント/作家/アルマ・クリエイション株式会社 代表取締役/NPO法人学修デザイナー協会 理事

神田 昌典氏

【神田 昌典氏プロフィール】
(かんだ まさのり)日本発創造的課題解決法「フューチャーマッピング」の開発者。世界最大級の読書会「リードフォーアクション」創設者として事業や組織の課題解決、「大阪・関西万博2025」共創パートナーとして探究学習の普及を推進。総合ビジネス誌で「日本のトップマーケッター」に選出。2018年「ECHO賞」の国際審査員に抜擢。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
10:30 -
11:30
基調講演[A] 受付終了

これからの時代に必要な「人材マネジメント」と「データ活用」とは?
――人事パーソンに求められる役割
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

技術革新や競争環境の変化を受け、日本企業の人材マネジメントが、職の標準化、人事の分権化、自律的なキャリア形成に向かって変化しつつあります。新しい枠組みの中で、人材育成や異動配置の在り方をどう変えるべきか、中間管理職に今求められるスキルは何か、市場が求める人的資本情報は何か、データ活用は変化をどうサポートできるか、人事の役割はどう変わるか、といった問題について経済学者の立場から解説します。(協賛/株式会社プラスアルファ・コンサルティング)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これからの時代、人事に求められる役割やスキルについて知りたい


早稲田大学政治経済学術院 教授

大湾 秀雄氏

【大湾 秀雄氏プロフィール】
(おおわん ひでお)スタンフォード大学 Ph.D.。ワシントン大学助教授、青山学院大学教授、東京大学教授等を経て現職。専門は人事経済学、組織経済学。早稲田大学組織経済実証研究所所長、(独)経済産業研究所ファカルティフェロー、ピープル・アナリティクス&HRテクノロジー協会理事、(株)東大エコノミックコンサルティングアドバイザー。
受付終了 関連資料
11/8(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-1] 受付終了

これからの企業の持続的成長を支える「セキュアベース・マネジメント」を徹底解説
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「セキュアベース・マネジメント」とは、マネジャーがメンバーの安全基地(セキュアベース)となることで、メンバーの可能性を開くというマネジメント論の一つです。心理的安全性やエンゲージメントとも関連しています。「セキュアベース・マネジメント」を実現するためには、人財の多様性の活用・挑戦を促す職場作り・自律的キャリア促進の3つが特に重要です。本講演では、実践事例を踏まえながらその手法についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

これからの時代に必要なマネジメントや能力開発を知りたい


株式会社ソシオテック研究所 常務取締役執行役員

西野 浩子氏

【西野 浩子氏プロフィール】
(にしの ひろこ)立正大学文学博士課程修了。民間のシンクタンクにて、マーケティングリサーチ業務に従事。1997年から株式会社ソシオテック研究所に参画。ソシオテック研究所ではアセスメント事業の責任者として、これまで評価した人数はのべ1万人を越え、的確な評価眼と受講者に刺さる鋭いフィードバックを強みとする。
11/8(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-2] 受付終了

成人発達理論を管理職・マネジャー育成にどう活かす?
~マネジメント力向上の鍵は「忙しさからの解放」~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

マネジャーは、マネジメント要素以外にもプレイヤーとしての多くの仕事を抱えています。マネジャーがついついやってしまう反応的な行動の多くは「忙しさ」が原因です。「忙しい」から部下の話にじっくり耳を傾けられない、「忙しい」から課題解決できない、と「忙しさ」にまみれて疲弊しています。マネジャー・管理職が忙しさから抜け出せない根本的な原因とマネジメント力向上のポイントを、成人発達理論の視点から解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジャーを忙しさから解放して、マネジメント力を向上させたい


株式会社グローセンパートナー 代表取締役

島森 俊央氏

【島森 俊央氏プロフィール】
(しまもり としひさ)2008年株式会社グローセンパートナーを設立 。人事制度導入や新入社員から役員/管理職クラスまでの教育研修を通して、クライアントの業績向上と社員活性化の実績を多く残している。加藤洋平氏から直接、成人発達理論を学び、自己変容の体験を進めており、一歩異なる視点でアドバイスができることが特徴である。
11/8(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-7] 受付終了

人的資本経営を継続的に実施するために
~人的資本経営に先進的な国から学ぶ日本企業の課題とは? ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

昨今注目を集める人的資本経営と情報開示。特に情報開示は海外でトレンドとなり、後追いする形で日本で話題となりました。ただ、日本では取り組みに対して課題が多いのが実情です。これらに先んじて取り組んでいる国から何が学べるのでしょうか? 本講演では、先進的な国と日本の現状を踏まえて「D&I推進」、「次世代リーダー育成」、「組織文化の開発」の観点から人的資本経営の実践についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人的資本における情報開示後のアクションを理解したい


EFコーポレートエデュケーション株式会社 営業ディレクター兼DEIBアンバサダー

Aila Marie Amoyo Reyes氏

【Aila Marie Amoyo Reyes氏プロフィール】
(アイラ・マリー・アモヨ・レイエス)フィリピン出身。関西学院大学卒業後、日系専門商社で海外新規開拓やグローバル戦略企画等に従事し、複数のビジネスモデルをゼロから確立。現職では営業ディレクターおよびDEIBアンバサダーを務め、年数回のウェビナー登壇や、社内外に対し採用・人財育成・組織開発における支援を行う。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
11:40 -
12:30
特別講演[B-8] 受付終了

人材データに基づいた科学的なタレントマネジメントとは~経営戦略と連動した人事戦略実現に向けて~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人的資本の時代に、持続的な成長を続けていくには、経営戦略と連動した人事戦略が肝となり、人材データに基づいた科学的なタレントマネジメントが求められています。ところが、データの整備や活用がうまくできず、本来の人事戦略の意思決定を高度化できていないことに悩みを抱えている企業が多くいます。本講演では、タレントマネジメントの役割と人材データ活用の実現法について、先進企業における事例を用いて解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

タレントマネジメントやデータ活用ができていない


株式会社プラスアルファ・コンサルティング 取締役 副社長

鈴村 賢治氏

【鈴村 賢治氏プロフィール】
(すずむら けんじ)中央大学卒業後、野村総合研究所に入社。テキストマイニング・データマイニングを専門とし、CRMシステムなどの開発やマーケティングデータ分析のコンサルティングを経験。2007年同社に入社。人事戦略にもマーケティング視点を取込み、科学的な人材活用、タレントマネジメントの啓蒙、日々全国を駆けめぐっている。
受付終了 関連資料
11/8(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-5] 受付終了

新入社員研修で考えたい「受け入れ先の職場の視点」。
配属先のマネジャーから喜ばれる新入社員研修とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新入社員の傾向も働く環境も変化している状況下では、新入社員の意志や価値観の尊重を前提に、研修を考えることが大切です。一方で、新入社員への尊重を意識しすぎた結果、「新人のマネジメントに躊躇してしまう」現場の上司や先輩社員も多いのではないでしょうか。本講演では、「配属先のマネジャーから喜ばれる新入社員研修とは?」という問いを設定し、本質的・構造的にポイントを抽出しながら、新人育成について考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

旧来型の新人研修を見直したい/俯瞰的に考えてみたい


株式会社ビヨンド 代表取締役社長

仁藤 和良氏

【仁藤 和良氏プロフィール】
(にとう かずよし)アクセンチュア、リクルートグループを経て「自分を生きる。そして幸せを共創する世界の実現を」をミッションとする人材・組織開発コンサルティングファーム「一皮むける研修のビヨンド」を創業。独自技術「SCT(セルフコンフィデンス・テクノロジー)」を活用し、多くの企業の健全化を支援している。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
13:50 -
14:40
特別講演[C-6] 受付終了

自律した社員を増やすための「対話の質」の高め方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社員に対して自律を求めるものの、人事として何を支援したらよいかわからないという声をよく伺います。メンバーの自律を促す肝は、上司との「対話」です。上司は日ごろから、メンバーと仕事の「接点」を見つけていくことが重要となりますが、苦戦されていることも多いです。そこに人事が支援できるポイントがあります。本講演では、「対話」の質の高め方にフォーカスを当て、長年リクルートGで培ったノウハウをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の自律を促進したいが、どのように検討するか悩んでいる


株式会社リクルートマネジメントソリューションズ 主任研究員/マネジャー

荒金 泰史氏

【荒金 泰史氏プロフィール】
(あらがね やすし)入社以来アセスメントサービスに従事し、企業の人事課題に対し、データ/ソフトの両面からソリューションを提供。実証研究を重ねる。入社者の早期離職、メンタルヘルス予防、エンゲージメント向上、組織開発に詳しい。現場マネジャーの対話力を向上させるHRテクノロジーサービス『INSIDES』の開発責任者を務める。
受付終了 関連資料
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-1] 受付終了

競争戦略としてのダイバーシティ&インクルージョンとは
〜必要なマインド・スキルと組織への浸透方法〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

経産省が推進している通り、D&Iは形式的な数合わせから「競争戦略としてのD&I(=D&I2.0)」へ転換が求められています。D&Iを競争力につなげるには、心理的安全性の確保や無意識バイアスの排除といったマインドと、発信力・傾聴力・ファシリテーション力などのスキルを磨くことが重要です。本講演では、成果につながるD&I推進のために必要なマインドとスキル、そしてどのように組織に浸透させるかをご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

D&Iを競争力につなげたい/職場の心理的安全性を高めたい


株式会社デルタスタジオ

渡慶次 道俊氏

【渡慶次 道俊氏プロフィール】
(とけいじ みちとし)東京大学工学部、東京大学大学院工学系研究科卒業後、ゴールドマン・サックス証券投資銀行部門に入社。主に製薬・半導体業界のM&Aアドバイザリー業務に従事。同社を退職後、デルタスタジオに参画。経営・人材育成コンサルティング、新入社員から経営陣まで幅広い層の研修プログラムの設計・開発に従事。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-2] 受付終了

なぜ、次世代の経営人材が育たないのか?
~視点や思考の変革ポイントを大手人事部長と事例からひもとく~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

VUCA時代やコロナ禍において環境が激しく変わる中、次世代の経営人材へ期待が高まっています。とはいえ、候補となる管理職や次世代リーダーが、能力を発揮できていないケースは多々あります。一番の理由は「視点や思考が変わりにくい」ことであり、解決のキーワードは「縦横を意識した育成デザイン」と「成人発達理論を踏まえた実践」です。本講演ではこれらを解説したのち、上場企業の人事部長に実例もお話しいただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職・次世代リーダーの育成で悩んでいる


イノベーションアソシエイツ株式会社 代表取締役

脇 經郎氏

【脇 經郎氏プロフィール】
(わき たてお)大学卒業後、大手ゼネコン会社入社。その後、ITベンチャーのスタートアップへの参画を経て、2003年にイノベーションアソシエイツ株式会社を設立、同社、共同代表取締役に就任。現在、自らも自己革新力を高めるチーム開発、リーダー シップ開発、経営品質向上プログラムを通した現場変革に取り組む。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-3] 受付終了

組織エンゲージメントを高める次の一手
日立システムズにおける、人材マネジメントへのデータ活用
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

企業では生産性やウェルビーイングの向上などの課題に取り組むため、「組織エンゲージメント」を数値化する取り組みが広く実施されています。一方で「組織エンゲージメント」を測っただけでは次の一手がわからないとの声が、担当部署や現場のマネージャーからも聞こえてきます。本講演では、日立システムズの渡辺氏を迎え、内発的動機づけの可視化とエンゲージメント数値の定点観測による組織活性化施策についてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データを活用した人材マネジメント施策に取り組みたい


株式会社日立システムズ ビジネスクラウドサービス事業グループ 主管技師長

渡辺 静香氏

【渡辺 静香氏プロフィール】
(わたなべ しずか)ITのワンストップサービスの強みの1つであるマネージドサービス_BPO事業を通して、お客さま業務への深い理解、最新のDXアプローチ手法を活用した業務効率化ソリューションを担当。自部署のメンバーのエンゲージメント向上を目的にAttunedを試行、一定の効果を実感。その事例を社内人事部門が開催する1on1セミナーにて紹介、社内で高評価を得る。

株式会社W-Insight 代表取締役

新谷 永海香氏

【新谷 永海香氏プロフィール】
(あらや えみか)内発的動機付けと非認知能力を融合した独自メソッドで、ひとりひとりが輝ける組織構築を支援する。Attunedパートナー。対話型マネジメント・共感力育成・主体性能力開発プログラムなどを提供。
行動心理士、京都大学こころの科学ユニット産学連携コンソーシアムメンバー。

EQIQ株式会社 Attuned 日本事業部長

飯田 蔵土氏

【飯田 蔵土氏プロフィール】
(いいだ くらんど)新卒で日本HPにSEとして入社し、その後米国本社経営企画部門へ異動。アーンスト&ヤング、アクセンチュア、デル事業部長、レッドハット本部長を務めた後、AIベンチャーへの参画を経て現職。一橋大学大学院修了(MBA in Finance)日本行動経済学会会員。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-5] 受付終了

200万人のデータとAIで紐解く英語スピーキング力向上方法
英語検定運営 iTEPジャパンとの考察
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

英語検定で高得点を獲得しても英語を話すことができない方が日本には多くいます。本講演では英語検定を運営しているiTEPジャパンとその実態をデータとともに示し、今まで見てきた日本人の陥りやすいミスからスピーキング力を伸ばすポイントをお伝えします。またそれをいかに企業の人材育成に適用していくべきかというポイントを過去100社以上の英語研修のお手伝いをしていきたポリグロッツが成功事例とともにお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の英語スピーキングスキル向上に困っている


株式会社ポリグロッツ 法人営業部 部長

山本 修久氏

【山本 修久氏プロフィール】
(やまもと のぶひさ)上智大学卒業後、輸入商社で8年働いた後、セールスマネージャーとして外資系企業に転職。新卒後、一貫して営業としてのキャリアを築いてきた。留学なし、社会人になってから英語を習得した経験を持ち、学習者目線での英語研修設計が得意。海外とのビジネス経験から、ビジネスで求められる英語力育成のためのご支援を行う。

iTEPジャパン事務局 セールス・ディレクター

片山 紀子氏

【片山 紀子氏プロフィール】
(かたやま のりこ)翻訳・通訳、留学カウンセラーを経て、現職に至る。高校3年生の時に、英語が全く聞き取れない/話せない状態で米国現地の高校に留学を決意。最終的にオハイオ州立大学へ進学・卒業。米国・日本で受けた英語教育の経験をもとに、現職で「英語でのアウトプット」の強化に注力した包括的なサービスのご提供を目指す。
受付終了 インタビュー
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-6] 受付終了

キャリア自律を推進するために組織としてすべきこと
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

キャリア自律の必要性が問われて久しいですが、明確な打ち手がなく、どのように組織として支援すべきか迷っている方も多く見受けられます。本講演では2,700社以上の企業を支援してきたオンライン研修サービス「Schoo for Business」が、旭化成株式会社で人財・組織開発に携わっている三木祐史様をゲストに迎え、キャリア自律の推進に組織としてすべきことを事例を混じえながら、お話しいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員が自分で学んでくれず、キャリア自律が進まない


旭化成株式会社 人事部 人財・組織開発室

三木 祐史氏

【三木 祐史氏プロフィール】
(みき ゆうじ)生命保険会社・人材サービス企業・メーカーを経て、2019年11月に旭化成株式会社に入社。人事部 人財・組織開発室に所属し、お互いの挑戦や成長を支援する企業文化の強化に向けて、全社の人財育成施策の企画推進や自律型学習プラットフォームの導入プロジェクトを仲間と一緒に鋭意推進中。

株式会社Schoo 法人CR部門 部門長

叶内 怜氏

【叶内 怜氏プロフィール】
(かなうち さとし)2003年にエン・ジャパン株式会社に入社。営業として様々な業界を担当し、チームマネジメントに従事。web業界に転身しアカウントプランナーやメディア事業の責任者として事業推進を実施。その後、コンサルティングファームを経て2021年1月にSchoo入社し、法人事業部のCR部門長として従事している。
受付終了 関連資料
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-7] 受付終了

「ガウディミーティング」クリエイティビティを発揮し新しい構想を生み出す会議から組織改革を推進する手法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

建築家ガウディは偉大なファシリテーターだった! 彼の芸術作品はビジョンと協力者とのミーティングがベースでした。また大自然から多くを学びサスティナブルな知恵もありました。この先見性を現在に活かすべく生まれたのがガウディミーティングです。ダイナミックケイパビリティ(自己変革力)が求められる今、事業構想力を高めた会議から企業全体の組織改革を推進する手法をガウディ研究者、事業構想のプロを交えお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

真の組織改革を実践導入推進したい/新規事業を構想したい


建築学博士/実測家/ガウディ研究者

田中 裕也氏

【田中 裕也氏プロフィール】
(たなか ひろや)ガウディの魅力に取りつかれバルセロナに移住し、ガウディの作品を実測することから研究を44年続けている。ガウディ研究の第一人者。スペインでその功績が高く評価され、バルセロナ日本総領事公官賞(2015 年)、ガウディ・グレソール賞(2016 年)著書に『ガウディコード』長崎出版。

事業構想大学院大学 特任教授/(株)新東通信スケッチ 代表取締役・クリエイティブディレクター

岩田 正一氏

【岩田 正一氏プロフィール】
(いわた しょういち)企業の事業構想、ブランディング、広告・販売促進計画に関するコンサルティング契約などを中心にコミュニケーションプランニング、クリエイティブを担当。名古屋造形大学グラフィックデザインコース非常勤講師、名古屋デザイン&テクノロジー専門学校 教育課程編成委員、宣伝会議コピーライター養成講座講師。

コンティニュウ株式会社 代表取締役社長/名古屋工業大学講師

大山 裕之氏

【大山 裕之氏プロフィール】
(おおやま ひろゆき)パイオニア、カシオ計算機、大前研一のコンサルティング会社を経て2009年に創業、人間の本質、心理学をベースとしたオリジナルでユニークな人材開発、組織開発手法を多数開発(CAF、ナラティブマネジメント、ガウディミーティング等)。解りやすく、納得感と熱意のある笑顔の講義には参加者から高い評価を得ている。
11/8(火)
16:00 -
16:50
特別講演[D-8] 受付終了

個人の自立的な成長を促す人的資本経営
~日本的雇用とのジレンマに立ち向かう人財育成と活用~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

変化の激しい今、経営戦略にあわせた人財への投資が重要であり、「人的資本経営」に注目が集まっています。一方で、一括採用・終身雇用が前提のいわゆる「メンバーシップ型雇用」など、 これまでの慣例や雇用を取り巻く種々の制約が人的資本経営を進める際の 障壁となる事もあります。本講演では日本的雇用のジレンマに対し、人的資本経営を実現する新たなる人材育成および人財活用について、弊社の最新事例を交えてご説明します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営課題や人事課題として、人的資本の価値拡大に興味がある


東芝デジタルソリューションズ株式会社 ICTソリューション事業部 HRMソリューション部 グループ長

冷水 明氏

【冷水 明氏プロフィール】
(ひやみず あきら)2003年東芝ITソリューション株式会社(現:東芝デジタルソリューションズ株式会社)に入社。入社以来20年にわたり、人財管理ソリューションGeneralistの製品開発に従事。人事給与を始め人材評価やワークフロー、マイナンバー管理など人財に関連する多岐にわたる製品開発や商品企画を行っている。
11/9(水)
11/9(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-1] 受付終了

受け身な姿勢からの脱却! オンラインを活用し、現場で活躍するデジタル時代の新人育成の仕掛けとは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

オンライン研修が当たり前になりましたが、「講師から教えてもらう」形式を継続していませんか? 受け身な姿勢を脱却させるためのポイントは「内定者時代からの意識づけ」と「意欲を高める姿勢づくり」です。本講演では、デジタル時代ならではの新人育成の仕掛けを解説します。また、実際にデジタルを活用しながら育成を行うゲスト企業様から、具体的な進め方や、入社前から作る「自学のマインド」といった工夫について伺います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

オンラインを活用し、新入社員を現場で活躍する人材にしたい


株式会社チェンジ Next Learning eXperience ユニット マネージャー

岡田 諭子氏

【岡田 諭子氏プロフィール】
(おかだ さとこ)大学卒業後、2002年にメーカー系シンクタンクに入社し、コンサルタントとして製造業向けの業務改革や情報化構想のプロジェクトに従事。ITコンサルティング会社にて新人・若手のコンサルタント育成に取り組んだ後、2016年に株式会社チェンジに入社。企業の研修プログラムの企画・設計、研修講師に取り組む。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 HR 人財開発部

田村 聡子氏

【田村 聡子氏プロフィール】
(たむら さとこ)大学卒業後、2003年前身のITフロンティアに入社し、金融業界向けアプリケーションエンジニアとしてシステム開発に従事。その後、HRにキャリアチェンジし、新卒採用業務を経て現在は人財開発部で新入社員育成、Expats向け日本語力強化等をリード。

日本タタ・コンサルタンシー・サービシズ株式会社 HR 人財開発部長

遠藤 拓哉氏

【遠藤 拓哉氏プロフィール】
(えんどう たくや)大学卒業後、NTTデータへ入社。2019年に日本TCSに入社し、2020年より人財開発部長として全社員のコンピテンシー開発、キャリア開発を所掌。現在はインド本社と連携してグローバルプログラムを日本に展開すると共に、日本固有の課題に対して独自施策を展開中。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-4] 受付終了

管理職の右腕・左腕となる、中堅社員の育成
~中堅社員のうちに磨くべき、最も大切な力とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

中堅社員のうちに磨くべき、最も大切な力、それはずばり【部下力】です。プレイングマネジャーが当たり前の時代。チームの成果責任、部下の指導・管理・育成・評価責任を抱え、さらに自らも日々現場で悪戦苦闘する職場の管理職。その負荷、ストレスは凄まじい。だからこそ今、職場の中堅社員がチームの中でどう在るかが重要テーマとして問われています。本講演では、管理職の右腕・左腕となる、中堅社員の育成のポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職の右腕・左腕となる中堅社員を育てたい


株式会社セルフトランセンデンス 代表取締役

徳橋 英治氏

【徳橋 英治氏プロフィール】
(とくはし えいじ)組織開発・人材開発を主事業とする株式会社セルフトランセンデンス代表。研修講師、コンサルタントとして、日々現場で悪戦苦闘している方々と向き合う。創業以来、組織の要である「中堅社員に火を付ける」をモットーに、組織開発・人材開発に取り組んでいる。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-6] 受付終了

従業員が主体的に学び、考え、行動する人材をいかに育成するか
~研究所の取組と、動画活用の観点から~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

主体的に学び、考え、行動する人材はどうすれば育成できるのでしょうか。当社では、「主体的学び研究所」を通して、主体的に学ぶための環境や仕組みに関する活動をしています。今日、反転授業やアクティブラーニングを経験した人材が企業に入社し、企業内研修も革新の時を迎えております。本講演では、在宅勤務やテレワーク需要に対応した主体的な学びを促す環境の構築について、動画活用事例を交えてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

学修の質を可視化したい/勤務での「学び合い」を考えたい


メディアサイト株式会社 常務取締役/主体的学び研究所 所長

重田 拓緒氏

【重田 拓緒氏プロフィール】
(しげた たくお)1997年に日本大学理工学部を卒業。同年4月に某映像音響システム インテグレート会社入社後、2010年にメディアサイト株式会社に入社。2016年から主体的学び研究所の所長に就任し、動画を活用した新たな教育モデルの研究に取り組む。2021年から、メディアサイト株式会社 常務取締役を務める。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
9:30 -
10:20
特別講演[E-8] 受付終了

間違いだらけのグローバル経営人材育成~海外事業を本気で成長させるリーダーを自社から輩出し続けるには~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの日本企業に必要なグローバル経営人材。今後、グローバルビジネスをドライブさせる人材を輩出し続けるには、語学力等のスキル研修や、海外経験を積ませる等の断片的な施策では間に合いません。本講演では、これまでの育成施策の問題点を整理し、国内の若手・中堅のリーダー人材発掘・育成から経営陣への登用までの各フェーズの育成手法と、海外ローカル社員の抜擢登用の仕掛けについて、事例を交えながら紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

グローバル事業を任せられる日本人社員・ローカル社員を育てたい


beyond global gloup President & CEO

森田 英一氏

【森田 英一氏プロフィール】
(もりた えいいち)大阪大学大学院卒業後、アクセンチュアにて人・組織のコンサルティングに従事。その後、シェイク社創業を経て、beyond globalグループ代表。グローバル人材育成事業等、様々な企業体質変革プロジェクトを統括。「HRアワード2013」の教育・研修部門で最優秀賞受賞。著作に『会社を変える組織開発』等多数。

beyond global Japan HRD Manager

高橋 督肇氏

【高橋 督肇氏プロフィール】
(たかはし まさとし)米国州立大学心理学科卒業後、外資系医療機器メーカー、構造解析コンサルティング会社にて技術者、また人事責任者として勤務。その後、大手組織・人事コンサルティング会社にて、人材、組織開発に従事。2022年春より現職。キャリアコンサルタント・産業カウンセラーとして、アセスメントをベースとしたコーチング実績も多数。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-3] 受付終了

LMSを職場学習、学ぶ文化醸成の社内インフラにするには~浸透のステップと継続活用の方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

事業環境の変化・価値観の多様化は、職場の教育ニーズ、教育施策の変化にも繋がり、LMS(学習管理システム)の役割も研修の受講管理や運営効率化から大きく広がっています。一方、その可能性と機能を最大限引き出せているケースはまだ多くありません。本講演では自律学習の促進、学び合い文化醸成のためのツールとして、LMSをいかに組織内へ浸透させ、活用サイクルを広げていくのか、事例を交えてお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

育成効果を高めたい/自律学習、学び合いの文化を醸成したい


アルー株式会社 執行役員 etudes事業管掌

高木 康平氏

【高木 康平氏プロフィール】
(たかぎ こうへい)慶応義塾大学経済学部卒。ベネッセコーポレーションを経て、アルーに入社。HRコンサルティング部のコンサルタント、部門責任者を経て現職。
受付終了
11/9(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-5] 受付終了

若手人材をどう定着させるか? エンゲージメント向上のための、寮・社宅戦略
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

福利厚生として寮・社宅制度を導入している法人さまは多いですが、一度制度を決めたままその後見直しをしていない、という話をよく伺います。ここ数年で一気に在宅勤務が定着し、社員がばらばらの場所で働くことが増え、関係性が希薄になり、エンゲージメント向上のための施策が重要になっています。本講演では、若手社員のコミュニティ作りのために寮・社宅をどう活用するか? そのヒントを他社事例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

寮・社宅制度の改善、若手社員のエンゲージメント向上に関心がある


スターツコーポレートサービス株式会社 不動産法人企画室 リーダー

辻 広大氏

【辻 広大氏プロフィール】
(つじ こうだい)早稲田大学卒業後、スターツグループに入社。新卒から大手企業の人事・総務部のコンサルティング業務を経験。2014年より経営企画として、評価制度の設計、営業組織の強化のためのセールスイネーブルメントなど、若手社員の育成に従事。現在は自社のブランディング戦略を担う。宅地建物取引士。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-6] 受付終了

財務データからビジネスにつなげる思考法 ~現場社員を「数字に強い」人財にするために~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

現場社員の危機意識が漠然としていてなかなか変われない、顧客情報を正確に把握できておらずビジネスチャンスを逃してしまう等の相談をよく受けます。これは数字の持つストーリーや重要性を、現場社員がよく理解できていないためです。本講演では、経営目線の感性とロジカルな思考展開で課題を明確にしたうえで、成果に繋げるための具体的な行動ができる「数字に強い」現場社員の育成ポイントを、事例を交えて紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

数字の裏付けを持った予測と仕掛けができる人財育成をしたい


株式会社リフレ 代表取締役

細矢 進氏

【細矢 進氏プロフィール】
(ほそや すすむ)日本生産性本部認定経営コンサルタント。株式会社富士銀行(現みずほ銀行)に20年間勤務。その後独立し株式会社リフレを設立。メガバンク・地方銀行・生命保険会社・損害保険会社・一般事業会社に、財務を中心とした社員研修のプログラム開発・講師、中堅中小業企業のコンサルティングを行っている。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
11:40 -
12:30
特別講演[F-7] 受付終了

今いる人材を「AIエンジニア」化しDXを推進
AIスキルとプロジェクトマネジメントスキルの身に付け方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DXを推進するべく、エンジニアを対象にスキルアップ研修を受けさせたものの、プロジェクトの進捗が低調という課題を伺います。その原因は、現場で求められる「AIスキル」とチームを巻き込む「マネジメントスキル」不足があります。本講演では、DX推進に資するエンジニア育成のあり方、具体論、そしてDX/AIの重要性が浸透している今だからこそ現場で本当に求められる人材の特徴について、事例を交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DX/AI人材育成への投資がなかなか成果に結びつかない


NABLAS株式会社 iLect事業部 教材責任者/R&D事業部 シニアリサーチャー

冨山 吉孝氏

【冨山 吉孝氏プロフィール】
(とみやま よしたか)NABLAS社では、機械システムの時系列異常検知プロジェクトを主導する傍ら、データサイエンス/機械学習/深層学習の教材作成の責任者を務める。2022年に3537チーム中5位の実績でKaggle 金メダルを取得。AtCoder最高レート1215の水コーダー。Twitter:@johannyjm1
受付終了 インタビュー
11/9(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-1] 受付終了

多様性を活かす「シェアド・リーダーシップ」とは
若手の強みに着目した新たなリーダーシップの考え方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

どのような組織であれば、メンバーがやりがいをもってイキイキと働き、かつ組織として成果を創出できるのか? 本講演では、今後注目されるであろうシェアドリーダーシップの紹介とともに、個人の強みを発揮し組織に貢献する人材を生かすためのリーダーシップ開発の展望について話します。また、立教大学石川淳教授とともに若手社員のリーダーシップ行動の可視化とリーダーシップ開発に関する研究結果も発表してまいります。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手社員の強みや主体性を引き出し、職場での活躍を後押ししたい


立教大学統括副総長 立教大学経営学部教授 立教学院常務理事

石川 淳氏

【石川 淳氏プロフィール】
(いしかわ じゅん)慶應義塾大学法学部卒。同大学院経営管理研究科修士・博士課程修了後、山梨学院大学、米国・オレゴン大学客員教授を経て現職。専門分野は組織行動論、リーダーシップ論。著書に『シェアド・リーダーシップ』など多数。2014年にはPan-Pacific Conference XXXIにてOutstanding Paper Awardを受賞。現在、日本の学術誌に加えて国際学術誌であるAsia Pacific Business Reviewにてeditorを務める。

株式会社シェイク ヒューマンリソースコンサルティング部門 マネジャー

三浦 悠介氏

【三浦 悠介氏プロフィール】
(みうら ゆうすけ)入社4年目で最年少マネジャー、入社8年目でトップセールスとなり、新規事業や支店の立ち上げを進める。現在は大手企業を中心にコンサルティング営業からプログラム開発、ファシリテーターを一貫して行い、若手社員向けの強み×リーダーシップを軸にした新商品開発を立教大学石川先生とともに推進している。
11/9(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-4] 受付終了

継続学習の風土作りは「音声学習」がカギ! 〜脳科学に基づく誰でも実践可能な自律学習を促進する方法とは〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リモートワークが一般化した現在、「eラーニングや1on1を取り入れたが効果が出ない」 というように社員教育の環境づくりに漠然と課題を感じてはいないでしょうか。企業価値を高めるためには、組織全体に継続学習の風土が不可欠です。本講演では、継続学習を仕組み化するための施策の一つとして、脳科学に基づく音声学習の活用術をお伝えします。併せて、「学習する組織」の作り方についても事例を踏まえてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員が自ら学ぶ組織、イノベーションを起こす組織を作りたい


株式会社オトバンク 代表取締役会長/日本オーディオブック協議会 常任理事/耳活アドバイザー

上田 渉氏

【上田 渉氏プロフィール】
(うえだ わたる)東京大学経済学部経営学科中退。複数NPO・IT企業の立ち上げ・運営を経て、2004年オトバンクを創業し、代表取締役に就任。出版業界の振興を目的に、オーディオブックを文化として浸透させるべく日々奔走している。2022年7月に10年ぶりに著書『超効率耳勉強法』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)を出版。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-6] 受付終了

データ分析から見る! 英語スピーキング研修の成功例と失敗例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「社員の英語スピーキング力を高める教育・研修は難しい」というご意見をよく伺います。英語スピーキング力を高めるために必要な要素とは一体何でしょうか? 本講演では、グローバル企業における実際の研修事例を分析し、成功と失敗のポイントについてご説明します。他社事例の具体的な説明はもちろん、それをどのように自社に応用・実践していけばよいか等、現場でも活かせるヒントも合わせてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の英語スピーキング力を高め、グローバル社会に対応したい


株式会社ナガセ 東進ビジネススクール 企業営業部 上級部長

鈴木 亮一氏

【鈴木 亮一氏プロフィール】
(すずき りょういち)2002年株式会社ナガセに中途入社。受験部門である東進ハイスクールで上級エリアマネージャーを6年経験したのち、2014年より現職。社会人教育部門である東進ビジネススクール企業営業部において、「プロフェッショナルコーチ」としての経験を生かし、数多くの大手企業を対象とした研修制度設計や企画を手掛ける。

一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 IP事業本部 法人普及チーム

髙津 誠氏

【髙津 誠氏プロフィール】
(たかつ まこと)旅行会社勤務を経て、一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)に入団。TOEIC Programを企業に普及するチーム責任者。
11/9(水)
13:50 -
14:40
特別講演[G-8] 受付終了

「マネジャーのコミュニケーション力」問題を解決する決定版! ~楠本和矢が捉える、現実的アプローチ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

マネジャーの多くが良かれと思って実施している部下への指導や助言、進言、ヒアリングなどが、マネジャーのスキル不足のために上手く伝わらなかったり、誤解を生むことがあります。長年同様の問題を抱えているにも関わらず根本解決できていない企業も多く見聞きします。本講演では「マネジャーのコミュニケーション力」のあり方と、育成方法について具体的なシチュエーションを交えながら、その考え方やヒントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

マネジャーのコミュニケーション力に課題を感じている


事業変革コンサルタント/プロファシリテーター

楠本 和矢氏

【楠本 和矢氏プロフィール】
(くすもと かずや)神戸大学卒。丸紅株式会社、外資系コンサル会社を経て現職。多くの企業支援案件の統括役を務める、某社のHR専門組織の代表に着任後、実践に基づくHRソリューションを開発提供。著書に『トリガー 人を動かす行動経済学』『パワーファシリテーション』『人と組織を効果的に動かす KPIマネジメント』など。
11/9(水)
14:50 -
15:50
基調講演[G] 受付終了

キャリア形成と学びをめぐる変化の本質とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

急速な環境変化により、リスキリングという言葉が注目されています。環境が変化するから必要能力が変化し、新たなスキルが必要とされる。しかし、この変化の本質はそう単純ではありません。まずはキャリア形成と学びに大きな影響を与えている変化の本質をどう理解するかが大事です。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

「キャリア形成」と「学び」に関する最新の情報を知りたい


慶應義塾大学 SFC研究所 上席所員

高橋 俊介氏

【高橋 俊介氏プロフィール】
(たかはし しゅんすけ)東京大学卒業、米国プリンストン大学修士課程修了。1993年にワイアット株式会社社長就任。1997年独立。2000年には慶應義塾大学大学院教授に就任、2011年より特任教授となる。2022年4月より現職。主な著書に『21世紀のキャリア論』(東洋経済新報社)、『キャリアをつくる独学力』(東洋経済新報社)などがある。
受付終了
11/9(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-2] 受付終了

ビジョンの策定からOKR導入まで~TBSグロウディアが実践する「未来志向とユーモア」の組織開発とは?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

事業内容も文化も違う7社が合併して設立されたTBSグロウディア。半年がかりで独自に取り組んだパーパス・ビジョン・バリューの策定と、その浸透プロセスの実態は? さらにビジョン実現のために導入したOKRのメリットや今後の課題、またバリューに謳う「未来志向とユーモア」の実践としての独自の組織開発の取り組みとその成果を、TBSホールディングスのグループ会社としての視点も交えながら、可能な限りお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員が自律的に提案し、組織の壁を越えてつながる組織を創りたい


株式会社TBSグロウディア 代表取締役社長

園田 憲氏

【園田 憲氏プロフィール】
(そのだ けん)早稲田大学在学時よりTBS1社だけを志望、就職浪人を経て1985年TBS入社。「8時だョ!全員集合」ADから8年間、土曜8時枠で修業。1994年から10年間「さんまのからくりTV」総合演出。「視聴率は稼ぐも番組にカネをかけすぎて」管理会計部門に異動。2016年TBS取締役。2019年より現職。

株式会社アジャイルHR 代表取締役社長

松丘 啓司氏

【松丘 啓司氏プロフィール】
(まつおか けいじ)『人事評価はもういらない』『1on1マネジメント』等の著者。アクセンチュア時代に人材・組織コンサルティング部門の立ち上げに参加してから、早いもので30年間、ヒトと組織をテーマに仕事をしている。2018年に株式会社アジャイルHRを設立と同時に現職。

株式会社アジャイルHR ファシリテーター

夛田 素子氏

【夛田 素子氏プロフィール】
(ただ もとこ)2018年より参画。これまでの経験から現場で "観たこと ・聴いたこと ・感じたこと ” の五感を大切にしたファシリテーターとなる。1on1、OKR、360度評価等組織開発の導入支援におけるファシリテーション・研修講師を担当。しなやかなコミュニケーションスキルを活かした暖かみのある研修が好評を得ている。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-3] 受付終了

イノベーションを生む組織の本質とは何か 
~今に至る変遷過程と目的に向けたマネジメントから再考する~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

かつてイノベーションを起こしていた日本企業が、それらを生み出せなくなった背景を正しく理解するには、高度成長期以降の社会と企業の変遷を考慮する必要があります。さらに今も働き方改革、法改正等、多くの取り組むべきテーマがある一方、これらは必ずしも組織の目的に連動していません。本講演では、過去50年を概観し、新しい価値を作る本質を捉えた上で、組織内にそれを生み出すマネジメントエッセンスをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

企業・組織のイノベーションを生み出したいと考えている


株式会社HRインスティテュート 取締役 シニアコンサルタント

稲垣 一郎氏

【稲垣 一郎氏プロフィール】
(いながき いちろう)アメリカ大学留学を経て関西学院大学卒業。アーサー・アンダーセンのコンサルティング部門に入社。会計監査クライアント企業へのコンサルティングに従事。内部監査士、Global Mindset認定コーチ。上場企業・グループ会社において、新規事業の立ち上げを経験後、HRインスティテュートに参画。
11/9(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-7] 受付終了

企業内キャリアコンサルティング入門~個人の気づきを促し組織を変える、企業内キャリア相談室の開設事例~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年の少子高齢化、グローバル化、AI化など急速で激しい変化で、社会に不安が広がっています。このような時流だからこそ、従業員にも組織にも寄り添うキャリア形成支援が求められています。本講演では『企業内キャリアコンサルティング入門』の著者である浅川氏をお招きし、キャリア形成支援導入の課題や必要な機能、効果等、最新のキャリア形成支援情報も交えながら、過去現在未来に向けてキャリア支援についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員のキャリアサポート施策に関して知見を深めたい


浅川キャリア研究所 所長

浅川 正健氏

【浅川 正健氏プロフィール】
(あさかわ まさたけ)伊藤忠商事人事部を経て、社内カンパニーで人事総務チーム長、キャリアカウンセリング室設立。退職後は、企業内キャリアコンサルティング普及に努め、厚生労働省の委員歴任。主な講演タイトル・「メンタルヘルスを重視したキャリアカウンセリング」・「企業内キャリアコンサルティングの現在と未来」。

ランゲート株式会社 キャリア形成サポートセンター(令和4年度 厚生労働省委 託事業)キャリアコンサルタント

五十嵐 進氏

【五十嵐 進氏プロフィール】
(いがらし すすむ)[Business Breakthrough] 経営者上級コース修了。産業カウンセラー・キャリアコンサルタント(国家資格)を取得。求職者支援機構において民間教育機関、キャリアコンサルティング支援。
受付終了
11/9(水)
16:00 -
16:50
特別講演[H-8] 受付終了

Z世代の特徴を活かした新入社員育成の4Step~エンゲージメントを段階的に高める育成とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新入社員の就社意識が大幅に低下している人材流動化時代において「自社に入って良かった」と思ってもらうためにはどのような育成デザインが必要でしょうか。Z世代の人材育成に向き合うことは「若手の離職低下」や「優秀人材の採用」などエンゲージメントの高い組織作りのポイントとなります。本講演は「入社後よりもエンゲージメントが高まっている状態」に到達するまでの育成プロセスを4Stepに分けて具体的にご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新入社員のエンゲージメントを段階的に高めていきたい


株式会社NEWONE マネジャー

阿部 真弥氏

【阿部 真弥氏プロフィール】
(あべ しんや)大学卒業後、株式会社NEWONEに創業メンバーとして参画。入社後、マーケティング部門で新商品開発に従事し、主に20代育成プログラムの開発責任者を担当。現在は、コンサルタントとして新入社員育成から管理職育成まで幅広く営業・プログラム開発に携わり、新人・若手を中心にファシリテーターとしても活躍している。
受付終了 インタビュー
11/9(水)
17:00 -
18:00
パネルセッション[H] 受付終了

越境学習は組織に何をもたらすのか その効果を最大限に高める方法を考える
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

日常とはまったく異なる環境で学ぶ 「越境学習」。職場だけでは習得できない知見や刺激を得られ、社会の変化に対応できる人材を育成できるため、導入する企業が増えています。では越境学習によって従業員が得た学びを、いかにして組織へ還元すればいいのでしょうか。どうすれば副業などに取り組む外部人材に、自社で力を発揮してもらえるのでしょうか。ロート製薬、キリンの事例を基に越境学習の効果をいかに高めるかを議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

越境学習の効果に興味があり、実際の企業事例を知りたい方


ロート製薬株式会社 取締役 CHRO

髙倉 千春氏

【髙倉 千春氏プロフィール】
(たかくら ちはる)1983年農林水産省入省後、米国Georgetown大学にてMBA取得。1993年コンサルティング会社にて、新規事業に伴う人材開発などに携わった後、外資系製薬・医療機器企業の人事部長を歴任。2014年より味の素(株)にて、グローバル戦略推進に向けた人事制度の構築をリード。2022年4月より現職。

キリンホールディングス株式会社 執行役員 人事総務部長

濱 利仁氏

【濱 利仁氏プロフィール】
(はま としひと)1991年キリンビール株式会社入社。物流・営業部門、人事部門を経験した後、2011年よりキリンホールディングス株式会社経営戦略部主査。14年人事企画グループリーダー、17年に台灣麒麟啤酒股份有限公司にて董事長兼総経理を歴任し、19年にキリンホールディングス人事総務部長に就任。21年より現職。

株式会社ビジネスリサーチラボ 代表取締役

伊達 洋駆氏

【伊達 洋駆氏プロフィール】
(だて ようく)神戸大学大学院経営学研究科博士前期課程修了。2011年に株式会社ビジネスリサーチラボを創業。組織・人事領域において調査・コンサルティング事業を展開。研究知と実践知を活用した組織サーベイや人事データ分析を提供。近著に『現場でよくある課題への処方箋 人と組織の行動科学』(すばる舎)など。
受付終了
11/10(木)
11/10(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-4] 受付終了

200社以上の企業が英語研修を完遂できた理由
~企業の課題に応じた英語研修設計の4つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

グローバル環境に対応するために多くの企業が英語研修を導入しています。一方で、社員の目標管理やモチベーション維持ができない、ビジネスの現場で英語を使える社員が増えないなどの課題をお持ちの企業は多いと思います。本講演では、明日から実践できる英語研修成功のポイントを「個人に合わせた課題の設定方法」や「社員・研修関係者の巻き込み方」、「社員のモチベーション向上施策」の観点から事例を交えてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

英語力のある社員様が増えず、英語研修の成果に伸び悩んでいる


株式会社プログリット 法人営業部マネージャー

吉田 達也氏

【吉田 達也氏プロフィール】
(よしだ たつや)新卒で株式会社 JTB に入社し、営業、企画、運営、地方創生、マイナースポーツ活性化を担当。その後、海外法人立ち上げ人材としてリクルートグループに参画。帰国後、コンサルティングファームにて中堅中小企業の経営支援や組織人事に従事。2019年2月より株式会社プログリットに入社、法人営業部マネージャーを担当。
11/10(木)
9:30 -
10:20
特別講演[I-7] 受付終了

OJT/メンター制度の有効活用~お互いの成長を支え合うパートナーを目指して~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークの推進、コロナ禍による業務外でのコミュニケーション不足等で、新入社員が職場に馴染めず、成長の鈍化やモチベーションの低下が発生しています。また、トレーナーとしてアサインされた社員も、後輩社員とどのように関わればいいのか、悩みの声が多く挙がっています。本講演では、OJT、メンター制度を通じて互いの成長を支え合えるパートナーとなるためのポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

OJT/メンター制度の活用、新入社員の定着に悩んでいる


株式会社セルフトランセンデンス 講師 兼 プロデューサー

蛭田 友朗氏

【蛭田 友朗氏プロフィール】
(ひるた ともろう)大学卒業後、株式会社星野リゾート・マネジメントに就職し、OJTトレーナーや社内講師として現場での社員教育に携わる。その後、組織開発・人材開発を主事業とする株式会社セルフトランセンデンスで研修講師、コンサルタントとして従事。若手社員の育成やOJT制度の活用支援等をメインテーマとして活動している。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
10:30 -
11:30
パネルセッション[I] 受付終了

カインズ、三井情報が実践! 従業員の「キャリア自律」を実現する「組織風土改革」
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が従業員のキャリア開発に注力していますが、人材の多様化が進む中、全ての従業員がキャリア自律に取り組むことは簡単ではありません。どうすれば主体的にキャリアを考える組織風土を醸成することができるのでしょうか。本セッションでは、人事制度や育成プログラムの改革などにより、自律型組織を実現しているカインズ、三井情報のCHROが登壇。両社の事例から、キャリア自律を実現する組織の在り方を考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

従業員がキャリア開発に主体的に取り組む風土を醸成したい


株式会社カインズ 執行役員 CHRO(最高人事責任者) 兼 人事戦略本部長 兼 CAINZアカデミア学長/株式会社ハンズ 取締役

西田 政之氏

【西田 政之氏プロフィール】
(にしだ まさゆき)1987年、金融分野からキャリアをスタート。2004年に人事コンサルティング会社マーサーへ転じ、人事・経営分野へキャリアを転換。2013年同社取締役COOに就任。2015年にライフネット生命保険へ移籍し、同社取締役副社長兼CHROに就任。2021年6月より現職。

三井情報株式会社 取締役 副社長執行役員CSO(経営企画統括本部担当)、CHRO(人事総務統括本部担当)

蒲原 務氏

【蒲原 務氏プロフィール】
(かもはら つとむ)1991年、三井物産株式会社入社。海外駐在などを経て、2017年、三井情報株式会社の人事総務担当役員補佐として、全社の人事・総務を担当。2020年、執行役員営業企画本部長として営業部門の企画・人事・総務を担当。2022年4月より現職。

法政大学 キャリアデザイン学部 教授

武石 恵美子氏

【武石 恵美子氏プロフィール】
(たけいし えみこ)専門は人的資源管理論、女性労働論。労働省(現 厚生労働省)、ニッセイ基礎研究所、東京大学社会科学研究所助教授などを経て、2006年4月より法政大学。博士(社会科学)。近著は『多様な人材のマネジメント』(共編著、中央経済社)、『キャリア開発論』(中央経済社)など多数。
受付終了
11/10(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-1] 受付終了

早期化・長期化する新卒採用を乗り切る
内定辞退・早期離職防止に有効な「エンゲージメント採用」とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

既に早期化・長期化が進む24卒採用。25卒採用はインターンシップからの採用解禁で更に激化が予想されます。学生との相互理解が不十分なまま早期に内定を出さざるを得ず、結果、内定辞退や早期離職に困っているというお声を伺います。本講演では、その防止策として有効的な「エンゲージメントを高める採用活動」をご紹介。考え方やケース・実際のやり方を伝えるとともに、具体的な活かし方や効果を皆様と一緒に考えていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

活躍人材を採用したい/内定辞退と早期離職を防止したい


株式会社リアセック 取締役/キャリア総合研究所 主幹研究員

平田 史昭氏

【平田 史昭氏プロフィール】
(ひらた ふみあき)リクルートにて顧客企業への人材採用、教育研修、人事コンサルティング、GCDFキャリアカウンセラー養成事業開発を担当。2006年株式会社リアセック設立。大学、企業内個人のキャリア開発支援事業を担当。著作『キャリアマネジメント支援論』『メンタリング入門』『新キャリア開発支援論』(共著)。

株式会社採用と育成研究社 取締役

鈴木 洋平氏

【鈴木 洋平氏プロフィール】
(すずき ようへい)日本IBMを経て、2008年に採用と育成研究社を設立、取締役に就任。新卒採用におけるインターンやグループワークのコンテンツ開発、育成における研修プログラム開発などを手掛け、同時に講師も担当している。特にオリジナルで開発したビジネスシミュレーションプログラムは企業から好評で多くのリピート実績がある。
11/10(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-4] 受付終了

「新規事業」と「イノベーター」を同時に育てた日産化学の軌跡
~人事が牽引した新規事業創出の新たな道〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

イノベーションの必要性は近年、多くの場所で語られています。しかし、歴史ある企業で既存の組織や慣習を超えてイノベーションを興すことは容易ではありません。本講演では、日産化学の人事部が新規事業創出という経営課題に向き合い、人材開発に留まらず、事業開発・組織変革まで牽引していった事例をお話しします。また、イノベーター育成とイノベーション創出を同時に実現するポイントを解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新規事業を起こせる人と組織を作りたい


日産化学株式会社 人事部 副課長

稲葉 正光氏

【稲葉 正光氏プロフィール】
(いなば まさみつ)入社後10年にわたって新規除草剤の創製研究に従事した経験を持つ研究開発職出身の人事。現在は、新卒・キャリア採用や若手社員の育成研修、イントラプレナーの育成を目的とするプログラムの企画・運営などを担当。人材・組織開発の視点から日産化学のモノづくりを推進している。

株式会社インディージャパン 取締役 組織開発・事業開発ディレクター

星野 雄一氏

【星野 雄一氏プロフィール】
(ほしの ゆういち)大手製造業に対するSCM/R&D分野の業務改革、組織開発コンサルティングを経験。ITスタートアップ企業の役員として組織開発を牽引した後、インディージャパンに参画。クリステンセン理論と経験学習を活用したアプローチによって、事業創出につながる人材育成と組織開発プロジェクトを数多く支援している。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-6] 受付終了

問題解決能力を高め、活用するための3つの観点
~「スキルベース」に到達させる学びの在り方とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「課題に応じた研修を実施しているはずなのに、実務でいかされていない。」というお悩みはないでしょうか。問題解決力を高め、実務で活用するためには、「問題解決時に考えるポイント」を押さえることが重要です。本講演では、問題解決が自然にできる状態(スキルベース)になるためのコツを、「4つの視点と武器」「 個人力を高める方法」「 組織力を高める方法」の3つの観点から解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

問題解決、戦略、ロジカルシンキング等の研修を検討している


株式会社スキルベース 代表取締役 

高松 康平氏

【高松 康平氏プロフィール】
(たかまつ こうへい)新卒でマッキンゼーに入社。その後、リクルート等を経てビジネス・ブレークスルーで執行役員に。10年間に渡り問題解決力トレーニング講座責任者を務めた。研修講師として、年間100日以上登壇しNo.1講師として活躍。現在は独立し「考える力」を中心に教育コンテンツの企画開発から提供まで幅広く携わっている。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-7] 受付終了

『実践』から学び続ける新人を育成する
~「この会社で頑張っていける自信」を持たせるアプローチ~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2020年以降、研修や学習方法は多様化し、各社において最適化が図られてきました。一方で新入社員育成においては、今どきの新人の特徴を踏まえ、新たに生じた課題への対応が急務となっています。本講演では、今どきの新入社員へのアプローチポイント3つ「学習」「選択」「実践」をそれぞれ解説します。そして、1年かけて努力すれば成長できる、この会社で頑張っていける、自信を育む育成方法について皆様と考えます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

今どきの新入社員に効果的な新入社員研修を検討している


株式会社シェイク マーケティング部門 部門長

飯島 智子氏

【飯島 智子氏プロフィール】
(いいじま ともこ)大学卒業後、心理テストや教育教材の出版社の研究開発部門で教材の開発に従事する。その後、シェイクに入社し、R&D領域を中心に研修企画、組織サーベイの企画・開発・データ分析を行う。現在はマーケティング部門の部門長を務め、新たな商品の企画、ブランディング、インサイドセールスの構築などを行っている。
11/10(木)
11:40 -
12:30
特別講演[J-8] 受付終了

「人的資本の最大化」を実現する最先端のプロティアンキャリア開発
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「人的資本の最大化」には組織と個人のより良き関係性の創出と社員のキャリア・グロースが欠かせません。本講演では「現代版プロティアン・キャリア」をキャリア自律の最新知見を広く伝えている法政大学田中教授に企業取り組み事例を解説いただき、みずほフィナンシャルグループの秋田夏実氏にはご自身のキャリア形成と企業経営にかかわってこられた経験をもとに、人的資本の最大化に向けた人事施策のディスカッションを展開します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

キャリア自律推進で組織変革したい、エンゲージメントを高めたい


みずほフィナンシャルグループグループ 執行役員(グループCPO)/みずほ銀行・信託銀行・証券 常務執行役員

秋田 夏実氏

【秋田 夏実氏プロフィール】
(あきた なつみ)<みずほ>のCPOとして、グループ全体の組織開発、人材育成、健康経営、多様な人材の活躍の推進等に取り組む。それ以前は、アドビ株式会社副社長、マスターカード日本地区副社長、シティバンク銀行デジタルソリューション部長等を歴任。情報経営イノベーション専門職大学(iU)客員教授NewsPicksプロピッカー。

法政大学 キャリアデザイン学部 教授/一般社団法人プロティアンキャリア協会 代表理事

田中 研之輔氏

【田中 研之輔氏プロフィール】
(たなか けんのすけ)UC. Berkeley元客員研究員 University of Melbourne元客員研究員 日本学術振興会特別研究員SPD 東京大学/博士:社会学。社外取締役・社外顧問を33社歴任。個人投資家。著書29冊。主著『プロティアン』。株式会社キャリアナレッジ代表取締役。

一般社団法人プロティアン・キャリア協会 代表理事/4designs株式会社 代表取締役社長 CEO

有山 徹氏

【有山 徹氏プロフィール】
(ありやま とおる)2000年早稲田大学卒業大手メーカーに就職後コンサルティング会社事業会社経営企画4社を経て2019年7月に経営コンサルティング、キャリア支援事業を行う4designs株式会社を設立。2020年3月一般社団法人プロティアン・キャリア協会を設立。早稲田大学大学院MBA著書『新しいキャリアの見つけ方』。
11/10(木)
12:40 -
13:40
パネルセッション[J] 受付終了

学び続ける組織
大日本印刷の事例から紐解く、個人の学びが組織に拡がるサイクル
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

働き方が多様化する中、企業の生産性・創造性の向上には、個の学びが縦横無尽に繋がるオープン・ネットワーク型組織への変化が必要です。本講演では大日本印刷の宮間氏をお招きし、「社員を大切にし、大切にした社員によって企業が成長し、その社員が社会をより豊かにしていく」ことを目指す組織風土醸成・人材育成施策を、組織学習の専門家である南山大学 安藤教授の解説を交えてご紹介します。(協賛/リ・カレント株式会社)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員の能力開発を現場実践・組織貢献行動につなげたい


大日本印刷株式会社 取締役

宮間 三奈子氏

【宮間 三奈子氏プロフィール】
(みやま みなこ)1986年、大日本印刷株式会社入社。研究開発部門、新規事業開発部門、本社の採用・人材育成部門と幅広い分野を経験。2021年取締役就任。2014年、人材開発部部長。2018年、執行役員。2021年、取締役に就任し、人財開発部・ダイバーシティ推進室を担当する。

南山大学経営学部 教授

安藤 史江氏

【安藤 史江氏プロフィール】
(あんどう ふみえ)東京大学大学院経済学研究科企業・市場専攻博士課程単位取得退学。博士(経済学)を東京大学より取得。南山大学経営学部専任講師、准教授を経て現職。専門は、組織学習論、組織変革論、経営組織論。主著に『組織学習と組織内地図』(2001,白桃書房)、『コア・テキスト組織学習』(2019,新世社)など。
受付終了
11/10(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-1] 受付終了

オンライン採用時代に必要な内定者・新人フォロー 
~最新フォロー事例とノウハウを公開~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

オンライン採用の普及によって増加してきたオンラインでの内定者フォロー。優秀な人材の採用が可能になっていますが、一方で内定後のフォローには課題が多く存在しています。内定者のフォローアップ、入社後のフォローアップのミスは内定辞退率の増加や早期離職の要因にもなります。本講演では、辞退・早期離職がなぜ起きているのかという視点から、解決策及びそのためのノウハウについてもご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

内定者フォロー、新入社員フォロー・教育に課題を持っている


バヅクリ株式会社 取締役 COO

下吉 倫太郎氏

【下吉 倫太郎氏プロフィール】
(しもよし りんたろう)バヅクリを運営するバヅクリ株式会社取締役COO。マーケティング・営業部門、サービス品質管理迄を担当する。
11/10(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-4] 受付終了

30歳代マネジメント育成の新常識 ~年上部下やZ世代部下を持つマネジャーのキャリア開発事例~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

役職定年を迎えた社員やZ世代と呼ばれる若手社員が入り混じる組織では、企業が成長し続けるために中堅クラスの30歳代マネジャーが組織のハブになる必要があります。そして年上部下や若手がお互いのナレッジを教え合い、組織が主体的に成長できるように促進していくマネジメントが求められます。本講演は組織開発やキャリア開発の実践知を踏まえ、30歳代マネジャー育成やキャリア開発の新しいあり方についてご案内いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

30歳代管理職の、年上・年下部下マネジメント問題を解決したい


株式会社ボディチューン・パートナーズ 執行役員 マネジメントディレクター

佐藤 美咲氏

【佐藤 美咲氏プロフィール】
(さとう みさき)日本航空(JAL)地上スタッフ、客室乗務員、経営破綻時は意識改革に携わり、人・会社の大きな変容に携わる。その後ベンチャー企業でソリューション開発、IPOまでのサポートを経験し、2018年より現職。組織開発、チームワーキング、BeiQ、対話型ファシリテーション、地方創生案件の企画リードに従事。

アンドア株式会社 代表取締役社長

堀井 悠氏

【堀井 悠氏プロフィール】
(ほりい ひさし)慶應義塾大学卒業。学生時にメディア事業を開発。その後、スターバックスコーヒー、学習塾、リクルート、リ・カレントを経歴し、アンドア株式会社を設立。自身が直面してきた組織づくりへの課題感から、コミュニティ型組織開発を推進。また、プロ野球選手のコーチ業と、若手主体の事業開発ファシリテーションに従事。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-7] 受付終了

「研修インストラクター」の存在意義を考える
~現場で活きる学びを生み出すために~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

オンデマンド型研修など学習手段が多様化する中、 “インストラクターが研修に介在する意味”が問われています。本講演では、本学で実施した調査データや各種理論にもとづき、研修インストラクションを今の時代にアップデートするための観点について、具体例を交えながら紹介していきます。「現場で活きる学びを生み出すインストラクションの実践」に向けて、皆様のお役に立てる時間になればと思います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内インストラクターの質に課題がある


学校法人産業能率大学 経営管理研究所 人事・マネジメント研究センター 主幹研究員

米井 隆氏

【米井 隆氏プロフィール】
(よねい たかし)経営幹部研修、管理職研修、各種ビジネススキル研修、インストラクター養成研修等を多数担いながら、同領域における新プログラム開発に携わる。

学校法人産業能率大学 総合研究所 研修管理部 講師管理課 プロジェクト・マネジャー

吉田 康太氏

【吉田 康太氏プロフィール】
(よしだ こうた)企業内人材育成の制度構築、研修企画・開発などに関わり、現在は研修インストラクターの養成に携わる。
11/10(木)
13:50 -
14:40
特別講演[K-8] 受付終了

心理的安全性醸成へ研修会社が取組んだ社内施策の考察:測り方・高め方と自社導入のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークとオフィスワークを組み合わせた「ハイブリッドワーク時代」を迎える今、様々な労働環境においても高い生産性を維持・強化するためには『心理的安全性の醸成』が欠かせません。本講演では企業の人材・組織開発を支援してきた当社自らの心理的安全性への取組施策を解説。マインド・スキル・仕組みへのアプローチ法や導入ポイントを組織論・現場論で語りながら、経験に基づいた知見・ノウハウをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

多様な職場環境の中で組織強化・今後の社員育成に悩んでいる


NTTラーニングシステムズ株式会社 営業本部 HRコンサルティング部門 担当部長

木山 稔氏

【木山 稔氏プロフィール】
(きやま みのる)NTT入社後、研究所にて教育システムの開発に従事。1999年NTT-X社において人材コンサルティング事業の立ち上げに参画。コンサルティング部門の責任者として、新たなトレーニング手法や組織変革手法の開発を指揮。現在、人材育成コンサルタントとして企業の経営課題を「人と組織」の側面から解決することを支援。

NTTラーニングシステムズ株式会社 営業本部 HRコンサルティング部門 営業課長

大門 麻子氏

【大門 麻子氏プロフィール】
(だいもん あさこ)大手精密機器メーカーの法人営業を経てNTTレゾナント入社。新規事業開発部門にて、オンラインとリアルを融合した、当時としては新しい学習手法の開発を担当。当社ではコンサルタントとしてお客様の営業力強化プロジェクトや組織風土変革を支援。2020年より営業チームマネージャ。若手・中堅8名と目標達成に挑戦中。

NTTラーニングシステムズ株式会社 営業本部 人材・組織開発商材開発ディレクター/エバンジェリスト

小蔵 久美子氏

【小蔵 久美子氏プロフィール】
(こくら くみこ)大学卒業後、企業経営と組織開発のコンサルタント・講師として従事。当社入社後、お客様の中期育成戦略や年間研修計画の策定支援・実行を担い、現在は市場課題に応じた育成コンテンツ開発・プロモーションを担当。特にD&Iや心理的安全性など組織における普遍テーマの解決へ、啓蒙と体系化や具体策の情報発信に勤しむ。
11/10(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-1] 受付終了

Z世代が“活躍しやすく辞めにくい”職場を作るには? 〜やればやるほど成果が出るオンボーディング施策〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

テレワークの普及や採用活動のオンライン化が進んだ一方で、新入社員の「早期離職・適応不振」に悩まれている企業も多いのではないでしょうか。本講演では、オンライン化のメリット/デメリットやZ世代の特徴を踏まえた“Z世代が活躍しやすく辞めにくい”職場の作り方についてお伝えいたします。セプテーニグループにおいて10年間、実証研究を続けて改善したオンボーディング施策についてもご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

早期離職を改善したい/新入社員の組織適応を支援したい


株式会社人的資産研究所(セプテーニグループ ) 代表取締役

進藤 竜也氏

【進藤 竜也氏プロフィール】
(しんどう たつや)2011年に早稲田大学創造理工学部を卒業後、株式会社セプテーニ・ホールディングスに新卒入社。採用・育成・配置の分野にアナリティクスの技術支援を行う。グループ内研究機関である人的資産研究所の所長を経て、2021年よりHRテクノロジー事業を開始。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-3] 受付終了

エンゲージメント×キャリア自律から考える、これからの管理職育成のあり方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

1on1、ダイバーシティ、心理的安全性など、企業の管理職に求められることは、ここ数年でさらに高度化しています。このような難しい環境におかれている管理職が本来あるべき行動を起こせるように、企業はどう支援していけばよいのでしょうか? 本講演では、管理職育成に取り組んでいる企業の実情を踏まえ、「エンゲージメント×キャリア自律」の観点からこれからの管理職育成についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

時代に合った管理職の認知転換と行動を促すポイントを知りたい


株式会社NEWONE 取締役

葛西 健一郎氏

【葛西 健一郎氏プロフィール】
(かさい けんいちろう)大学卒業後、大手広告会社へ入社。2008年株式会社シェイクに転職。営業部長に就任。2017年株式会社NEWONE取締役に就任。営業統括として各企業様へのご支援や、自身もファシリテーターとして主に大手企業様に新入社員から経営層まで研修登壇に従事。2022春HRカンファレンス満足度上位講演獲得。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-4] 受付終了

リーダーが育つ土壌を作る「理念型育成」とは
~組織風土づくりからはじめるエンゲージメントの高め方~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

超人手不足時代が迫っている今こそ、社員が「ここで働きたい!」と思う組織風土作りが重要です。一方で、一人ひとりが主体性を持って動く組織風土が作れず、社員の早期離職やエンゲージメント低下を経験している企業もいらっしゃるのではないでしょうか。本講演では、良い組織風土づくりに欠かせないポイントをお伝えしながら主体的な人財の育成手法をフレームワークや実際の成功事例を交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

離職率を低減したい/理念を共有したリーダーを育成したい


株式会社FiveVai 人財育成コンサルタント

池田 絵里氏

【池田 絵里氏プロフィール】
(いけだ えり)大学で臨床心理学を学び、製薬メーカーに入社。その後、人材紹介・派遣会社にて、社員研修、転職支援活動を行う。その後、独立。一貫して「人の成長・変化」に興味を持ち、支援し続けている。FiveVai人財開発事業に草創期から関わり、理念型育成®による組織開発・人財育成でトップクラスの経験と実績を有する。
受付終了 インタビュー
11/10(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-6] 受付終了

越境学習を活用した組織と個人の成長戦略とは
~可視化した越境前後のキャリア資産変化から考える
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

注目度の高い越境学習。最近では組織での有用性も認められ、単に『個人の学び』から『組織の人材育成』へと認識も変わりつつあります。一方で、具体的な効果がわからず、導入に踏み切れない企業さまも多いのではないでしょうか。本講演では事例を通じて、越境学習前後における社員の変化をご紹介。また越境学習を進める上での難所やポイントについて説明いたします。多くの企業さまが効果を実感する越境学習をお届けします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

越境学習など社外研修に関心がある/人事施策の効果検証が難しい


パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ワークスイッチ事業部 プロテア推進グループ 越境促進アドバイザー

宮崎 将氏

【宮崎 将氏プロフィール】
(みやざき まさる)本業では公共事業企画運営担当として『就業支援』『地方創生』『キャリア支援』『働き方改革』テーマの支援事業を歴任。複業ではNPO法人二枚目の名刺に所属し、社会人の社会活動参画を促すべく渉外・アライアンスを担当。パーソルグループのDI&Eコミュニティ『Co-door』にて社員の複業促進コミュニティを運営。
受付終了 関連資料
11/10(木)
16:00 -
16:50
特別講演[L-8] 受付終了

英語学習への意欲を劇的にアップさせる手法とは~脳科学と第二言語習得理論に学ぶ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

英語力の必要性を訴え、TOEICなどのテストを行い、通信講座やオンライン英会話を提供しても「取り組む社員が少ない」「学習継続ができない」「成果があまり出ていない」という相談が少なくありません。その問題の解決には、教育担当が科学的な知見から英語学習を捉えることが第一歩です。本講演では、脳科学と第二言語習得理論から生まれた「英語回路マップ」を紹介。既存の語学研修や教育にも活かせるヒントが獲得できます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自発的・自律的・科学的に英語学習に取り組む社員を育てたい


英語&スキルトレーング BizCom 代表

鹿野 晴夫氏

【鹿野 晴夫氏プロフィール】
(かの はるお)東京都立大学工学部卒。29才、初の海外出張を契機に、苦手だった英語の自己学習を開始。TOEIC L&Rテスト335点から、3年半で850点へ(現在990点)。経験を綴った本の執筆後、英語トレーニング指導のプロに。著書に『TOEICテストで高得点を取れる人と取れない人の習慣』(明日香出版)など70点。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
11/11(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-1] 受付終了

Z世代新入社員の心理的安全性を高める3つのポイントと実践方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

コロナ禍で、対面的コミュニケーションが減る中、新入社員に寄り添った育成ができていますか。本当に教えるべき内容を教えられていますか。 職場には今まで以上に心理的安全性が必要であり、上司や教育担当者にはその理解と環境整備が求められています。本講演では現場指導の経験豊富な講師が、高めるポイントを三つの観点に分け、押さえる勘所と実践方法をお伝えします。ぜひZ世代育成方法のヒントにお役立てください。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

新入社員の離職防止、エンゲージメント向上を模索している


株式会社日本コンサルタントグループ コンサルティング部 

今泉 真木子氏

【今泉 真木子氏プロフィール】
(いまいずみ まきこ)(株)京王プラザホテル札幌にて、フロント、コンシェルジュなどの実務経験を14年間積み、専門学校の講師を経て現職。幅広く人材育成に携わり、トレーナー認定制度、新卒採用選考制度づくり等を支援している。年間の担当日数100日以上。妥協しない厳しい接客訓練と情熱的な熱い指導スタイルが評価を得ている。
11/11(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-3] 受付終了

DX推進に求められる体系的リスキリング
~社員の学び直しを実現するために必要な7つのポイントとは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

これまでは、新しいスキルを習得する「スキリング」、既存スキルの向上をする「アップスキリング」が人材育成の主流でした。しかし、日本全体のDX人材が不足していることから、新たな環境で活躍ができるようスキルの学び直し「リスキリング」が重要視され始めています。本講演では、DX推進に求められるリスキリングを実現する7つのポイントを人材育成の観点も交えて体系的にお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

今後リスキリングに取り組みたい


KIYOラーニング株式会社 法人事業部

井手 賢治氏

【井手 賢治氏プロフィール】
(いで けんじ)約8年間外資系通信プロバイダにて、主にエンタープライズ営業に従事。2020年にKIYOラーニングに入社後、インサイドセールスの立上げに携わる。年間1,000名以上の人事・教育担当者と対話を行い、人材育成の課題解決をサポート。現在は企業のDX人材育成やリスキリングの支援も担当。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
9:30 -
10:20
特別講演[M-6] 受付終了

今、日本に必要なリーダーシップ
~ハーバード最新例から学ぶ、組織の能力を最大化するために必要な要素~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

優秀なプレーヤーや調整型の管理者は多くいるけれど、組織の変革を率いる次世代リーダーや経営人材の育成が進んでいないという企業は多いのではないでしょうか。組織の能力を最大化するリーダーには、①あるべき姿のメタ認知②リフレクション③多様な世界との対話が必要です。本講演では、ゲストの熊平美香氏とQ&Aセッションを行いながら、ハーバードの事例をもとにしたリーダーに必要な能力・育成方法について紐解きます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自社の次世代リーダー育成プログラムに課題を感じている


株式会社アビタス 法人営業部 シニアマネージャー

柳尾 彰大氏

【柳尾 彰大氏プロフィール】
(やなお あきひろ)大手法人向け人材教育企業で、6,000社超の人事コンサルティング・教育研修プロジェクトに携わった後、ベンチャー企業の経営職に従事。現在は、アビタスの法人事業の責任者として法人向け研修の企画・提案等を実施。ハーバード・ビジネス・スクール・オンライン Leadership Principles修了。

昭和女子大学 キャリアカレッジ学院長/21世紀学び研究所 代表理事

熊平 美香氏

【熊平 美香氏プロフィール】
(くまひら みか)ハーバード大学経営大学院でMBA取得。学習する組織論に基づくリーダーシップ、チームビルディング、組織開発を軸にコンサルティング活動に従事。経済産業省が2018年に改定した社会人基礎力の中に、リフレクションを盛り込む提案を行うなど、教育改革の促進、社会起業家の育成、教育格差是正など幅広い分野で活動。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-1] 受付終了

「人的資本経営」を可視化だけでなく成長につなげるポイント-「自律」を促す-
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が「人的資本経営」に取り組み始めています。その中で可視化項目の設定や運用に終始して、事業成長に活かしきれていないという企業も多いのではないでしょうか。現場に変化を起こし、人と組織を成長させて初めて「人的資本経営」が意味を持ちます。本講演では、「人的資本経営」を具体的に育成計画、組織開発につなげるポイント、その中でも「人的資本経営」を通じて従業員の「自律」を促す方法についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人的資本の重要性は理解しているが成果が出せるイメージがない


株式会社エナジード 取締役 COO

下永田 真人氏

【下永田 真人氏プロフィール】
(しもながた まさと)2006年株式会社リクルートに入社。 求人広告事業の事業企画、プロダクトマネジャーとして成長戦略、サービス開発を実施。2018年株式会社ミスミにてEC事業のDX推進をマーケティングから推進しエナジードに参画。 社長室として経営企画・全社マーケティングに携わり、2021年10月に取締役就任。
受付終了
11/11(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-2] 受付終了

急速に変化する社会情勢で求められる人財育成とは
~経験学習サイクルを回すための課題と解決のポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

近年、自律型人財やリスキリングなど従来と異なる人財育成が求められています。人事が1on1やOJTなどの仕組みを導入しても、実際現場ではうまく機能していない企業が多いのではないでしょうか。本講演では「経験学習」の考え方をベースに、人財の継続的な成長をどのように促進すべきか、経験学習やOJTに関わる課題を解消するためのポイントを、新しい仕組みの事例や松尾睦教授の知見を交えお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

職場で、OJTや1on1が機能しなくて困っている


北海道大学大学院 経済学研究院 教授

松尾 睦氏

【松尾 睦氏プロフィール】
(まつお まこと)小樽商科大学商学部卒業。北海道大学大学院文学研究科修士課程修了。東京工業大学大学院社会理工学研究科博士課程修了。英国Lancaster大学経営大学院博士課程修了。専門分野は、経験学習および組織学習であり、経験学習の第一人者。代表著書に『経験学習入門』があり、HRアワード書籍部門で最優秀賞を受賞。

凸版印刷株式会社 情報コミュニケーション事業本部所属 ED-TECH( OJT DX化)プロジェクトリーダー

石田 佳子氏

【石田 佳子氏プロフィール】
(いした よしこ)一部上場企業企画職を経て2006年に凸版印刷に入社。様々なクライアントのマーケティングやコミュニケーションデザイン領域に携わる中、OJTの重要性を痛感、2020年に人財育成やOJTのDX化を目指すPJTを立ち上げ新規ソリューションを開発。現在セキュア事業部セキュア企画本部に所属。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-3] 受付終了

16,000名以上の適性検査結果傾向から見るパワハラ行為者にありがちな6タイプと上司教育のアプローチ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

パワハラ予防意識を適性検査の客観的な数値で醸成する弊社のアプローチを簡単にお伝えし、検査結果からパワハラ行為者にありがちな傾向を6パターン(感情表出型/ストレス発散型/横柄・傲慢型/ネチネチ叱責型/仕事放り投げ型/自信補充型/職人型)ご紹介します。各行為者が出現しやすい環境や状況、注意喚起や傾向別の教育アプローチ、事例をお伝えします。また全社的にパワハラ撲滅に取り組む企業の活用事例をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

全管理職にパワハラ行為者となるリスクを自覚させ、予防したい


有限会社グローイング 代表取締役

平井 俊宏氏

【平井 俊宏氏プロフィール】
(ひらい としひろ)「一体感のある組織づくりで組織と個人の成長に貢献する」がミッション。管理職教育用Web適性検査「パワハラ傾向振り返りシート」を共同開発。164社16,000名以上(8月末時点)が活用。検査結果からパワハラ行為者となるリスクに振り返りを促す自分理解研修や個別のフィードバックを役員・管理職層に実施する。
11/11(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-5] 受付終了

10万回の1on1データから見えてきた、いま管理職が求められている対応とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

エンゲージメント、離職、育成、働き方変化に伴い難度や重要性が増す最前線のマネジメント支援として取り組みが進む1on1。本講演では、ピープルマネジメント支援クラウド「Kakeai」に日々蓄積し続けている10万回の1on1データから、1on1で会話されているトピックをはじめ、管理職が部下から求められている対応や、得意・苦手とするテーマや対応等を解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

上司部下コミュニケーション支援や改善のヒントを得たい


株式会社KAKEAI 代表取締役社長 兼 CEO

本田 英貴氏

【本田 英貴氏プロフィール】
(ほんだ ひでたか)2002年(株)リクルート入社。商品企画、新規事業開発、JV経営企画室長等を経て(株)リクルートHD人事部マネジャー。マネジメント改善施策や、Will,Can,Must・人材開発委員会・考課・配置のデジタル化を実施。2015年退職、スタートアップ数社の役員を経て2018年(株)KAKEAI創業。
受付終了 関連資料
11/11(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-6] 受付終了

国内売上9割超の企業が取り組む“グローバルで活躍する”人財育成事例~社員意識・組織風土改革への挑戦~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

2019年4月に当社は「今後10年間で海外売上比率を3倍に拡大する」という経営目標を掲げました。目標の達成に向けて、人事は「グローバルに活躍できる人財」の育成を強化することになります。社員の多くは実務で英語を使用する機会が限られている中で、いかに積極的な学びを促進し、相手の文化を理解・尊重しながら協働して価値を生み出す人財を育成できるか。トライアル&エラーを重ねながら取り組んだ事例をご紹介します。(協賛/株式会社EdulinX)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

日本を含むグローバルで通用するビジネスパーソンを育成したい


森永乳業株式会社 コーポレート戦略本部人財部 マネージャー

浦川 香奈子氏

【浦川 香奈子氏プロフィール】
(うらかわ かなこ)研究開発職と経営企画部内のプロジェクトチームを経て、2016年より人財開発・育成業務を担当。かつてアメリカ国籍上司の元で勤務した際に得た学びを活かしグローバル人財育成に奮闘、語学以外の切り口で新たに育成施策を導入。このほか、D&I推進・階層別研修・社内表彰等を担当。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
11:40 -
12:30
特別講演[N-8] 受付終了

ATDにみる次世代リーダーシップ開発
-マネージャー・リーダーの育成プログラムを考える方へー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材・組織開発をリードするアメリカのATDでは、ポストパンデミックの人材開発が主題となっており、今年のATD ICE22でセッション数が最も多かったトラックはリーダーシップでした。不確実性が高まる中、従来と同じ人材育成を繰り返すだけでは組織の停滞を招きかねません。本講演では、現代におけるリーダーシップのあり方や潮流を紹介します。その上で新しく人材育成・開発にどう落とし込むかのヒントをお届けします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リーダー層研修や新たな人材育成を検討したい


Clarityian 代表 人材開発コンサルタント&エビデンスベースドコーチ​

宇野 聡美氏

【宇野 聡美氏プロフィール】
(うの さとみ)大手銀行勤務を経て、15年以上にわたり人材開発コンサルタントとして、大企業のサクセッション・プラン、タレントマネジメントやプログラム設計に多く携わる。ATD(Association for Talent Development)の元日本代表理事、GALLUP社認定ストレングス・コーチ。

株式会社アントレプレナーファクトリー 代表取締役/立命館大学・大学院(MBAコース) 非常勤講師

嶋内 秀之氏

【嶋内 秀之氏プロフィール】
(しまうち ひでゆき)オリックス株式会社にてベンチャー投資に携わり、2009年にアントレプレナーファクトリー設立。ラーニングテクノロジーと動画を用いて、地域や時間を問わずに学習できる動画サービスを展開。3000を超える学習コンテンツを揃え、知性発達科学者加藤洋平氏を招いたコンテンツを制作し、成人発達理論の普及にも努める。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
12:40 -
13:40
パネルセッション[N] 受付終了

ミドルシニアが活躍する企業は何が違うのか?
NTTコミュニケーションズ、日本マクドナルドのアプローチ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材不足や少子高齢化に伴い、ミドルシニア社員に長く活躍してほしいと考える企業が増えています。しかし、定年延長や再雇用の制度を整えても、社員側の意欲が低い例も見られます。社員とどう向き合い、どのように支援すれば、ミドルシニア社員が意欲的に働き、活躍できる環境をつくることができるのでしょうか。キャリア開発に注力するNTTコミュニケーションズ、シニアアルバイトが多く働く日本マクドナルドの事例を基に議論します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ミドルシニア層を活性化したい


NTTコミュニケーションズ株式会社 ヒューマンリソース部 キャリアコンサルティング・ディレクター

浅井 公一氏

【浅井 公一氏プロフィール】
(あさい こういち)企業内キャリアコンサルタントとして2000人を超えるシニアのキャリア開発に携わり、面談手法を指導したマネージャーも800人を超える。圧倒的面談量を基に築き上げた独自のキャリア開発スタイルにより75%の社員が行動変容を起こす。2021年、人事・キャリア支援者のための実践塾「浅井塾」(HRラボ社)を開講。

日本マクドナルド株式会社 人事本部 タレントマネジメント部 マネージャー

宮沢 泰成氏

【宮沢 泰成氏プロフィール】
(みやざわ やすなり)1994年、日本マクドナルド株式会社入社。営業・マーケティングを経て2015年8月より人事本部。マーケティング本部では、既存商品のマーケティング戦略だけでなく、新ブランドの投入も数多く経験。人事本部ではマーケティングプロセスでの人事領域の課題解決に向け、従業員のブランディング戦略や中長期的なブランド成長戦略を策定。

明治大学専門職大学院 グローバル・ビジネス研究科 教授

野田 稔氏

【野田 稔氏プロフィール】
(のだ みのる)野村総合研究所、リクルート新規事業担当フェロー、多摩大学教授を経て現職に至る。専門は組織論、組織開発論、人事・人材育成論、経営戦略論、ミーティングマネジメント。大学で学生の指導に当たる一方、企業に向けて組織・人事領域を中心に、幅広いテーマで実践的なコンサルティング活動も行う。
受付終了
11/11(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-5] 受付終了

データドリブンな経営を実現するリスキリング施策の描き方~現場がデータを基に動く、施策設計2つのポイントとは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DXやリスキリングに取り組むお客様から、「DXはゴールが見えづらく現場から歓迎されない」「e-learningも現場で活用されず思ったように進まない」というご相談をいただきます。DXで成果を創出している企業の共通点は、DXの先にある「目指す像の明確化」と「変革を起こす施策設計」です。本講演では目指す姿となる「データドリブンな経営」を踏まえ、スキル向上と風土作り実現の施策設計方法をお伝えいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

DXやリスキリングにおいて、何から取り組むべきか悩んでいる


株式会社リンクアカデミー リテラシートレーニングカンパニー カンパニー長

渡辺 隼太氏

【渡辺 隼太氏プロフィール】
(わたなべ はやた)2009 年株式会社リンクアンドモチベーション入社。大手企業向け採用コンサルティング部隊配属後、社長室に異動し、自社の採用担当・採用責任者として従事。2017 年に株式会社リンク・アイの代表取締役社長に就任。2021 年に株式会社リンクアカデミーに異動し、現在の役職に至る。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-6] 受付終了

"リアリティギャップ調査"から紐解く、Z世代向け新人育成の最適解
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新卒の就社意識が薄れる昨今、"リアリティギャップ" による早期離職等の課題が散見されるようになりました。弊社は中小〜大手企業9社の協力を得て、"リアリティギャップ調査"を実施。打ち手を研究して新卒一括採用にフィットする"日本型のキャリア開発"を推進してきました。本講演では、調査結果とそこから導き出した新人育成のヒントについて、事例を交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手の早期離職に困っている/新人の自律力を磨きたい


Original Point株式会社 代表/東京経済大学 キャリアデザイン研究所 客員研究員

高橋 政成氏

【高橋 政成氏プロフィール】
(たかはし まさなり)新卒で人事コンサルティング会社に入社。研修開発、コンサルティング営業として、100社以上の人材育成に携わる。その後、大学・採用・育成の領域から、新たな価値を創るためにOriginal Point(株)を設立。キャリアデザイン研究所では、新卒のキャリア観や日本型のキャリア開発の研究を推進している。
受付終了 インタビュー
11/11(金)
13:50 -
14:40
特別講演[O-7] 受付終了

中高年社員のキャリア自律に向けた課題と、損保ジャパンでの具体的取組事例
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

本講演では、70歳就業時代が迫る中、定年後研究所が今年実施した「大企業会社員のキャリア自律アンケート調査」と「大企業人事担当者への取組ヒアリング」のポイントをお伝えします。その上で、大手企業での具体事例として、損保ジャパンでの「中高年社員キャリア自律」の取組プロセスや課題認識を、経験豊富なキャリア支援担当者から紹介していただきます。(協賛/株式会社星和ビジネスリンク)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

中高年社員の活性化やキャリア自律促進に課題意識がある


一般社団法人定年後研究所 理事/所長

池口 武志氏

【池口 武志氏プロフィール】
(いけぐち たけし)大手生保にて長年にわたって管理職を務め、50年代半ばで出向。定年後研究所設立後は「中高年社員の活性化」の調査・発信・研修プログラム開発に従事。昨年4月より桜美林大学大学院老年学研究科でジェロントロジーを学び直しながら、「高齢期期就労の質的向上、中年期からの準備行動」を研究中。

損害保険ジャパン株式会社 人事部 人材開発グループ 主査

立花 一元氏

【立花 一元氏プロフィール】
(たちばな かずもと)32年間損保の現場経験を経て、55歳で人事部へ異動。以来、60歳定年・65歳再雇用満了・70歳までの再雇用延長に至るまで、中高年社員のキャリア研修の企画・運営や相談業務および社外転進制度の推進などを担当(人事部通算15年目)。社外の副業では、研修会社の顧問や講師、厚労省等の研究会委員を務めている。
11/11(金)
14:50 -
15:50
パネルセッション[O] 受付終了

「今どきの若手は……」と言わせない! 自律的成長を促す若手社員育成“虎の巻”
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

労働力が不足する中、多くの企業が若手社員の早期戦力化に取り組んでいます。一方で、“最近の若手”に成長意欲がないように感じ、育成方法に悩む企業は少なくありません。どうすれば若手の成長を促す環境をつくることができるのでしょうか。若手の自律的成長を促す研修を実現しているビームス、20代で管理職になれる制度などに取り組むテルモの事例を基に、「今どきの若者は」とは言わせない若手育成の秘訣を議論します。(協賛/株式会社ラーニングエージェンシー)

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手社員のモチベーションを上げ、主体性を育てたいと考えている方


株式会社ビームス 人事室 人材開発部

石切山 哲也氏

【石切山 哲也氏プロフィール】
(いしきりやま てつや)2003年、株式会社ビームスに新卒入社。店舗販売員を経て、2010年より店長職として店舗運営、メンバーの育成に従事。2016年より人事本部人材開発部。入社3年目までの基礎教育を主管する年次研修チームの責任者として、企画設計や講師を担当。2019年より人材開発部の責任者に就任。

テルモ株式会社 人財開発室 室長

朝日 章吾氏

【朝日 章吾氏プロフィール】
(あさひ しょうご)1991年富士銀行(現:みずほ銀行)入社。西日本エリアの採用ヘッド、シンガポール拠点企画課長の後、みずほFG人事部次長時には、就職人気ランキングTOP10入り。2014年から横浜・新宿など大企業営業部長。21年テルモ入社。人財開発室長として新卒採用・キャリア採用・教育研修を統轄。

東京大学社会科学研究所附属 社会調査・データアーカイブ研究センター 助教

池田 めぐみ氏

【池田 めぐみ氏プロフィール】
(いけだ めぐみ)2019年に東京大学大学院学際情報学府博士課程満期退学。博士(学際情報学)。2020年より現職。主な研究テーマは、職場のレジリエンス、若年労働者の職場での成長。著書(分担執筆)に『活躍する若手社員をどう育てるか:研究データからみる職場学習の未来 』(慶應義塾大学出版会)。
受付終了 関連資料
11/11(金)
16:00 -
16:50
特別講演[P-1] 受付終了

改めて考えたい、キャリア自律 ~基幹人材のキャリア自律施策で必要な要素とは?~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

基幹人材のキャリア形成支援策として、「キャリア研修」を実施している企業は多いと思います。その大半が単発研修で完結し、具体的な行動(新たな挑戦・継続的な学習・人脈形成など)につながらないという声をよく聞きます。本講演では、改めてキャリア自律に必要な要素について考え、具体的な行動につながるポイントと具体的なキャリア自律支援プログラムについてお話しいたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

キャリア研修を実施しているが、具体的な行動につながっていない


株式会社日本能率協会マネジメントセンター 組織・人材開発事業本部 マネジメント&キャリア開発部長

山口 太平氏

【山口 太平氏プロフィール】
(やまぐち たへい)2001年より、株式会社日本能率協会マネジメントセンターで、企業向け社員教育・研修・コンサルティングの営業を担当。2015年より、マネジメント&キャリア開発部長に就任、現在に至る。
受付終了
11/15(火)
11/15(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-1] 受付終了

1対1面談を組織に導入・定着させるために人事が行うべき4ステップ
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

社員の人材育成や、離職率の低減、経営理念の浸透などに欠かせない施策として、1対1面談を導入する企業が増えています。しかし、導入に踏み切ったものの中々定着しないという課題をお持ちの方も多いのではないでしょうか。そのような事態を防ぐ解決策として、本講演では、1対1面談を導入・定着させるための進め方・ポイントについて、4段階に分けて1対1面談の基礎からご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

1対1面談の導入・定着させるための進め方・ポイントが知りたい


TOMAコンサルタンツグループ株式会社 取締役 人材開発コンサルタント

市丸 純子氏

【市丸 純子氏プロフィール】
(いちまる じゅんこ)2013年TOMAコンサルタンツグループ入社。2019年からグループ内の長期ビジョン実現に向けた特別プロジェクトのマネージャーを務め、自社内の組織開発・人材開発に携わる。また、現在ではその経験を活かし、「100年企業を創る」をモットーに、多くの中小企業に向けて人材開発コンサルティングを提供している。
受付終了 インタビュー
11/15(火)
9:30 -
10:20
特別講演[Q-7] 受付終了

なぜ自律人材の育成に「心理的安全性」が重要なのか?
~心理学者が考える人狼ゲームの意外な活用方法~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「生産性が高いチームは心理的安全性が高い」というGoogleの研究により、自律人材育成のために「心理的安全性」を高める取り組みを行う企業が増えています。本講演では、なぜ自律人材育成に「心理的安全性」が重要なのかを、心理学者の知見からご説明いたします。また、自己開示ができ、相互理解を深めるきっかけとなる「人狼ゲーム」を活用した実証実験の事例もご紹介いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内の心理的安全性を高め自律人材を育成したい


WizWe総研 主任研究員 心理学専攻Ph.D.

丹野 宏昭氏

【丹野 宏昭氏プロフィール】
(たんの ひろあき)筑波大学大学院 人間総合科学研究科 心理学専攻(博士)社会調査士。博士号取得後、東京福祉大学にて講義および研究に従事。社会人を対象とした「ゲームを用いたコミュニケーショントレーニング講座」も担当。著書は『人狼ゲームで学ぶコミュニケーションの心理学-嘘と説得、コミュニケーショントレーニング』。
11/15(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-1] 受付終了

社員のデータリテラシーを向上させる
DX推進に必要な数字の使い方・捉え方・考え方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業でDXの推進が叫ばれており専門人材の育成に注目が集まっています。もちろん高度な知識を有した専門人材も必要ですが果たしてそれだけでDXの推進は進むのでしょうか? そもそも多くのビジネスパーソンは数字が苦手……組織全体でDXを推進するためには専門人材の育成だけでなく組織全体の底上げも必要です。本講演ではDX推進に向けた組織全体の数字リテラシーを底上げするためのポイントをご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社員のデータリテラシーを向上しDXの推進に役立てたい


オルデナール・コンサルティング合同会社 代表社員/日本数学検定協会認定 ビジネス数学トレーナー

長谷川 正恒氏

【長谷川 正恒氏プロフィール】
(はせがわ まさのぶ)20代に外資系サービス業で営業に従事し世界3位の実績を残す。2006年より上場企業にて経営企画、管理業務に従事。30代で上場企業役員就任。M&A実務は事業会社責任者として、国内外で合わせて10件以上のクロージング実績がある。豊富な実務経験から「実務に即した人材育成」が信条。
11/15(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-4] 受付終了

「デザイン思考力」を持つ人材を採用する秘訣
~優秀人材の発掘手法・共感から動機付けまでの要諦とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

根本的な課題を見つけ、新たな価値を生み出すデザイン思考力を持った優秀な人材の確保は、企業にとって喫緊の課題と言えます。特にビジネス経験のない新卒の採用活動においてどのような素養をもった方が対象で、どのように動機づけすればよいのか苦慮されている採用担当の方も多いのではないでしょうか。本講演では優秀な学生を見極め、惹きつけ、グリップし、採用に導く要諦についてテクノロジー活用の観点も交えてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

形成した母集団の魅力づけを行いたい。優秀な人材を採用したい


VISITS Technologies株式会社 エグゼクティブ ディレクター

永井 翔吾氏

【永井 翔吾氏プロフィール】
(ながい しょうご)2012年ロースクールを修了し、司法試験と国家公務員総合職試験に合格。2013年経済産業省に入省。その後、ボストン コンサルティング グループに入社。2016年、VISITS Technologies株式会社にジョイン。延べ200社以上の採用支援に従事し、現在はデザイン思考テスト事業責任者。
受付終了 インタビュー
11/15(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-5] 受付終了

階層・役割別でみるデジタル人材育成~経営層、管理職、現場社員に求めるDXスキル~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業がDXを戦略に掲げる中、具体的な取り組みが加速しているのが、DXの担い手であるデジタル人材の育成です。一方で、誰をどう育成すればよいのか、どうやって取り組めばいいのかお悩みの企業も多いのではないでしょうか。本講演では、複数社のデジタル人材育成支援の事例から、階層・役割別にどのようなDXスキル学習に取り組むべきかを整理してお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

どのようなDXスキル学習に取り組むべきか悩んでいる


パーソルプロセス&テクノロジー株式会社 ワークスイッチ事業部 デジタル開発部 部長

成瀬 岳人氏

【成瀬 岳人氏プロフィール】
(なるせ たけひと)業務コンサルタントとしてワークスタイル変革コンサルティングサービスを立ち上げ、複数社の働き方改革を支援。2020年以降は、新規事業開発部門の責任者としてキャリア自律支援サービス『プロテア』、デジタル人材育成事業の立ち上げを指揮。著書に『組織力を高める テレワーク時代の新マネジメント』(日経BP)など。
11/15(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-6] 受付終了

「英語が話せる」社員がグローバルで活躍できない理由とは?
事例から見る、育成計画のポイントと解決方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

語学研修の後、なぜ実際の海外のビジネス環境では英語が使えないのでしょうか? その原因は、研修のゴールが間違っているからです。英語が話せることと、ビジネスで通じる英語が話せることは別物ですが、計画段階では区別できていないケースがよくあります。本講演では、海外ビジネスを考えている企業様に向けて「最適なゴール設定」「必要な時間や始める時期」「効果検証」などの観点から、成果を出すエッセンスをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

海外事業展開に向けて、社内に英語が話せる人材を育成したい


ビズメイツ株式会社 共同創業者 取締役

伊藤 日加氏

【伊藤 日加氏プロフィール】
(いとう ひか)カナダで生まれ育ち、1996年、英語講師として、ベルリッツ・ジャパンに入社。教師の採用マネジメント、品質管理を担当。後、商品開発マネージャーとして、ビジネス、企業向け教材の開発を行う、また、企業向けのセミナー講師を担当。同社を退社後、2012年7月にビズメイツ株式会社を設立、現取締役。
11/15(火)
11:40 -
12:30
特別講演[R-7] 受付終了

~自律学習について考える前に~
受講者の学習モチベーションはなぜ高まらないのか?
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

自律学習という言葉が多く聞かれる中、そもそも根幹となる「学習意欲」についてどう向き合うべきなのでしょうか? 本講演では企業の研修やeラーニングにおいて「学習意欲が必要な理由」「学習意欲の阻害要因」「意欲向上のために育成担当者が考えるべきこと」について、数々の企業で教材開発・講師養成などの育成支援の実績を持つ講師が、効果的な実例を交えながらお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

受講者のモチベーション問題に真剣に向き合いたいと考えている


株式会社プレセナ・ストラテジック・パートナーズ 専務取締役

荻野 裕規氏

【荻野 裕規氏プロフィール】
(おぎの ゆうき)マッキンゼー・アンド・カンパニー  コンサルタントを経て、その後プレセナ・ストラテジック・パートナーズに参画。多くの企業の人材育成課題に対し、その解決策としてのビジネススキル研修をご提案するとともに、自らも講師として登壇。教材開発や社内講師育成などの研修内製化支援の実績も多数。
受付終了
11/15(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-1] 受付終了

NLP心理学に基づいた
心理的安全性の高い組織を作るコミュニケーションのやり方とは
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

管理職にはメンバーの多様性を理解し、モチベーション向上やパフォーマンス発揮できる環境を整えることが求められます。そのためには、それぞれの組織において生産性の高い環境づくり・心理的安全性の確保など、職場のコミュニケーションの仕組みづくりが重要です。本講演では、組織を活性化するために必要な心理的安全性の高い組織づくりに欠かせない職場コミュニケーション方法をNLP心理学の観点から解説いたします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

多様性あるメンバーと効果的に関わりモチベーションを高めたい


一般社団法人 日本NLP能力開発協会 代表理事

二階堂 忠春氏

【二階堂 忠春氏プロフィール】
(にかいどう ただはる)仙台市生まれ。東北大学法学部卒業、南カリフォルニア大学MBA。東北電力、PwCコンサルティングを経て現職。2009年米誌「ニューヨーク・タイムズ」にコミュニケーションの専門家として紹介される。NLP心理学に基づく、コーチング・交渉・プレゼン等のスキルをテーマに研修を実施。大手企業の階層別研修に従事。
11/15(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-6] 受付終了

ラーニングエクスペリエンスデザインで学習効果を高める
学んだことを現場で実践する研修の企画設計方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材開発担当の悩みの1つは、研修における社員の“研修参加のモチベーションの低さ”、“研修転移のむずかしさ”です。丹精込めて企画した研修もこれらの問題が解消できず徒労に終わることもあります。今回は、LXD(ラーニングエクスペリエンスデザイン)の手法を用いて、社員自らが主体となり、学んだことを現場実践する研修の企画設計の方法について、事例を交えてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修効果をさらに高めたい


株式会社ソフィア ワークショップデザイナー/キャリアコンサルタント

幾田 一輝氏

【幾田 一輝氏プロフィール】
(いくた かずき)NPO 法人理事を経て(株)ソフィアに所属。前職では、地域コミュニティ、NPO 組織の相談支援、市町村にてNPO講座講師を担当。現職にて、大手 IT 企業、 化学メーカー、不動産グループなどの社員意識調査及びインターナルブランディング戦略策定、ワークショップ、研修企画等を担当。
受付終了
11/15(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-7] 受付終了

グローバルでも事業を牽引するリーダー人材をどう育てるか
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

事業のグローバル展開を担うリーダー育成は、人的資本投資の重要課題の一つです。一方で、グローバル志向の若手が減っているという調査結果もあり、世界でも通用する人材を育てるためには、母集団形成からリーダー育成のあり方まで全体を見直すことが必要です。本講演では、育成対象者の母集団形成の方法、海外駐在員やグローバル幹部候補育成のトレンド変化などを紹介し、世界で戦えるリーダー育成のポイントをお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

グローバル人材育成を見直したい/最新トレンドを知りたい


アルー株式会社 デジタルマーケティング部 部長 兼グローバルHRコンサルティング部 マネジャー

羽鳥 丈太氏

【羽鳥 丈太氏プロフィール】
(はとり じょうた)シンガポールに6年半駐在。法人立ち上げから、現地企業向けに人事制度構築、理念浸透、駐在員やナショナルスタッフ育成、新規事業企画など幅広いプロジェクトを経験。 帰任後、上場企業のグローバル人材育成体系構築から、グローバルプール、海外駐在員、グローバルリーダー育成専門の部署立ち上げとマネジメントを担う。
受付終了
11/15(火)
13:50 -
14:40
特別講演[S-8] 受付終了

人的資本経営の実現に必要なリスキリング
~全社員のデジタル人材育成を推進する2つのポイント~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人材を資本と捉えて企業価値の向上につなげる人的資本経営が注目されるようになってきました。その中でもデジタル人材の不足により、リスキリングは取り組むべき重要な課題でありますが、正しく取り組めている企業は限られています。本講演では、全社員に必要なDX人材育成を効果的に実施するための研修設計やリスキリングに必要な実行施策の成功事例を交えて、研修プラットフォームを活用したKPIの達成方法をお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

効果的なDX人材育成、人的資本経営のリスキリングを知りたい


株式会社ネットラーニング 代表取締役社長

岸田 努氏

【岸田 努氏プロフィール】
(きしだ つとむ)外資系情報サービス企業で大手企業中心に情報システムを導入。2003年ネットラーニング入社。eラーニング市場作りと開拓を行い大手企業中心に販売。数々の研修を成功に導いた。2021年、代表取締役社長に就任。一般社団法人日本オープンオンライン教育推進協議会、NPO法人日本eラーニングコンソーシアムの理事。
受付終了 インタビュー
11/15(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-1] 受付終了

ビジネスでこそ活きる“笑い”
ー若手が持つべき「可愛がられる力」と上司が持つべき「叱る力」とはー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

若手社員との直接の関わりや育成機会が減少している昨今、多くの企業様から若手に対し「主体的に関わりに来てくれない」「急な離職が続いている」といった相談をいただきます。また管理職の方々からも「管理職側の心理的安全性がなくなっている」といったお悩みを聞くことが増えてきました。本講演では“笑い”のメカニズムを活用した若手育成のポイントと管理職の若手への接し方について、具体的事例を交えてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

若手が楽しみ主体的に行動するための新しい方法を知りたい


株式会社俺 代表取締役社長

中北 朋宏氏

【中北 朋宏氏プロフィール】
(なかきた ともひろ)浅井企画で芸人として活動後、人事系コンサル会社に就職。営業MVPなど数々の賞を受賞。2018年2月に株式会社俺を設立。お笑い芸人からの転職支援「芸人ネクスト」、笑いの力で組織を変える「コメディケーション」の事業を展開。導入企業は約250社以上。『「ウケる」は最強のビジネススキルである。』等2冊出版中。
受付終了 インタビュー
11/15(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-4] 受付終了

人事が1から始めるDX人材育成
~好事例から学ぶ最適な導入デザイン、社内の巻き込み方とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「DX人材育成の必要性は理解しているが、どこから始めるべきか分からない」という悩みはないでしょうか。DX人材育成を成功させるためには、人材の要件整理やリソース計画・教育プラン策定に関わる人事部が推進の主体となることが不可欠です。本講演では実際の事例をもとに、DX人材育成の対象者やコンテンツをどうデザインするか、経営層も含め社内をどう巻き込み推進力を高めるべきか、についてお伝えします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

社内を巻き込み、イノベーションに繋がるDX人材育成を行いたい


ライフイズテック株式会社 営業統括部長

外岡 裕規氏

【外岡 裕規氏プロフィール】
(そとおか ひろき)株式会社リクルートに新卒入社。セールスマネージャー、プロデューサー、新規事業立ち上げ等に従事。その後、Jリーグクラブへ出向。DX推進を担い、黒字化へ。組織が生き残流ための「変革」を起こしてきた当事者として、さらに多くの企業の「組織変革」を支援をすべく、ライフイズテックDX事業部へジョイン。
受付終了 インタビュー
11/15(火)
16:00 -
16:50
特別講演[T-5] 受付終了

なぜ今、越境学習が注目されるのか? ~VUCA時代に欠かせない人材育成手法がもたらす具体的効果と事例~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

COVID-19をきっかけに日本における出向の活用が、大きく見直されています。大手企業を中心にVUCA時代の新たな人材育成手法として、在籍型出向等を活用した「越境学習」が取り入れられ始めています。本講演では、「越境学習」とは何かを紐解いていきます。注目されている背景やこれまでの育成手法との違いを整理をするとともに、具体的な効果などを事例を交えながらお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

より効果のある実践的な人材育成手法を探している


アデコ株式会社 コンサルティング事業本部 キャリアブリッジ推進部 シニアコンサルタント

三池 慎司氏

【三池 慎司氏プロフィール】
(みいけ しんじ)新卒で証券会社の営業職に従事し、2003年にアデコへ入社。法人営業を経験後、関西の支社長を歴任。2016年より新規事業開発を担当し、全社プロジェクトのPMなどを経て、2021年より越境支援サービスCAREER BRIDGEのコンサルタント職に従事。
11/16(水)
11/16(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-3] 受付終了

選考辞退が起きない会社の共通点とは――今すぐ実践できる! 学生の入社意欲を高める採用設計のポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

学生からの「NO」――。選考辞退や内定辞退が起こる最大の原因は、選考プロセスで学生を魅了しきれていないことです。辞退を起こさない会社は、学生の心の変化を敏感に察知し、誰が、いつ、どうやって関わるかまでを効果的に設計しています。本講演では、これから本格的なシーズンに突入する24卒の採用を中心に、学生の心を惹きつける関わり方から、現場任せにならない採用設計の全体像まで、具体的な事例とともにご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

内定辞退や選考辞退にお悩みがある


株式会社Legaseed 代表取締役

近藤 悦康氏

【近藤 悦康氏プロフィール】
(こんどう よしやす)「はたらくを、しあわせに」を理念に新卒採用を切り口とした人事コンサルティング会社Legaseedを創業。年間17,000人超の学生が応募する人気企業に。昨年度の楽天みん就調べ人気インターンランキングではコンサルティング業界で1位を獲得。過去450社以上の組織変革を行ってきた人事コンサルタントのプロ。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-5] 受付終了

【人事初心者向け】 管理職研修の最新トレンドと階層別研修の組み立て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

経営陣などの上層部から「管理職向け研修や階層別研修を実施したい」「自社の中間層のレベルを上げたい」など依頼を受けた後「どう動けばいいかわからない」と途方に暮れたことはありませんか? 本講演ではそんな人事の方に向けて管理職研修や階層別研修の「基礎」をお伝えします。年間500人以上の人事の方とお会いする中で見えてきた研修企画ノウハウを実例も交えお伝えします!

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職研修を企画したい、階層別研修を企画したい


株式会社情熱 研修事業部 部長

石井 直哉氏

【石井 直哉氏プロフィール】
(いしい なおや)株式会社情熱にて最年少で統括リーダーに昇格、その後シニアコンサルタントとして100社以上の企業研修、人事コンサルティングに従事。一番の強みである「どんな企業規模、業種もカバーできる」豊富な経験を活かし、コンサルタントはもちろん講師としても累計150登壇以上の実績を持つ。
11/16(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-7] 受付終了

「次代の経営人材の選抜と育成の具体策」〜能力の正しい見極め方と効果的な育成〜
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

次代の経営を担う人材を選抜し、育成するうえで課題を抱える企業は数多く存在します。しかし、その課題を解決するための明確な方法論を持っておらず、多くの経営者や人事を悩ませています。次代の経営人材の選抜と育成にはいわゆる「定石」が存在します。本講演では、選抜する場合の基準や対象者に必要なスキルの見極めとテーマ設定の方法、効果を上げるための具体的なプログラムについて、事例をもとにご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

経営人材の育成を課題としており、育成の効果をより高めたい


株式会社トランストラクチャ コンサルティング部門 シニアマネージャー

大峯 竜次氏

【大峯 竜次氏プロフィール】
(おおみね りゅうじ)大学卒業後、ソフトウェア開発会社の人事責任者を経て組織人事コンサルティング会社に入社。組織風土改革や人材育成コンサルティングを主たるテーマとして、現場の付加価値や生産性向上に寄与するコンサルティング活動を実施。その後当社に入社。人材開発部門で早期選抜育成や経営層候補人材育成に従事。
11/16(水)
9:30 -
10:20
特別講演[U-8] 受付終了

360度フィードバックはなぜ機能しないのか!?
~バンダイナムコ・紀伊産業から学ぶ真の多面観察とは~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が導入する360度フィードバック(多面観察)はビジョン浸透を進めるのに非常に有効です。一方、「心理的抵抗感」や「社内風土の未醸成」等の理由で真価を発揮できていない企業も多いと聞きます。本講演では「顧客ファン化/従業員ファン化」を目指すバンダイナムコアミューズメントと「隣人愛」を経営理念とする100年企業の紀伊産業の事例から、パーパスドリブンな多面観察の浸透方法についてお話しします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

多面観察の実施に心理的抵抗感がある/サーベイ飽きを感じている


株式会社バンダイナムコアミューズメント オペレーションサポート部 もっとファン課 マネージャー

甲斐 啓介氏

【甲斐 啓介氏プロフィール】
(かい けいすけ)1996年株式会社ナムコ入社。アミューズメント施設の店長、エリアマネージャー職を経て現在は所属する施設運営ディビジョンの重点戦略である「顧客のファン化」「従業員のファン化」の実現に向け、人材育成や従業員のマインド醸成に繋がる施策の研究開発に従事。

紀伊産業株式会社 総務人事部 副部長(人事グループ長)

村尾 淳一氏

【村尾 淳一氏プロフィール】
(むらお じゅんいち)財閥系電子部品商社営業~大手情報会社営業~独立系・メーカー系人材紹介コンサルタント~現職。創業100年間近の会社を再生させるべく、理念を体現できる人づくりに注力することをライフワークとしている。好きな言葉は「井の中の蛙 大海を知らず されど天の高さを知る」。皆と一緒に天まで昇る所存。49歳。

タレンタ株式会社 代表取締役社長兼COO

田中 義紀氏

【田中 義紀氏プロフィール】
(たなか よしのり)外資系IT企業複数社を経てタレンタ株式会社に参画。2010年よりHR領域に特化し、業務効率化や高度化を狙った最先端HRテクノロジーの発掘や心理学の知見を活用した適用手法を開発しサービスとして展開している。慶應義塾大学院理工学研究科管理工学専攻修了。1994年東京箱根間往復大学駅伝競走メンバー。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
10:30 -
11:30
パネルセッション[U] 受付終了

Hondaが挑む、変革のカルチャー推進と学びへの文化醸成
~企業文化の掘り起こしと自律的キャリア形成~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「第二の創業期」と言われる変革期を迎えている本田技研工業。伝統あるグローバル企業において企業と社員が両輪となってどのように変革に向けたカルチャーを進められているのか、人事・コーポレートガバナンス統括部 人事部長の大野様をお迎えし、文化醸成の取組みを伺います。さらに、自律的キャリア形成に重要となる学びについて、どのように主体的に楽しく取組みを進めることができるのかについても考えていきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

自律型人材育成の手法と、社内文化醸成についてのヒントを得たい


本田技研工業株式会社 人事・コーポレートガバナンス統括部 人事部長

大野 慎一氏

【大野 慎一氏プロフィール】
(おおの しんいち)1998年、京セラ株式会社にて人事業務従事後、2003 年Honda 入社。人事制度企画や労使交渉、カナダ駐在等を経た後、2017 年より採用や人材育成、HRDX 推進、人事中期戦略等をリード 。2021年より現職にて、「自分のために働く」を高次元で実現できる組織づくりに向け、人事制度変革を推進中。

株式会社ベネッセコーポレーション 社会人教育事業部 部長(Udemy事業責任者)

飯田 智紀氏

【飯田 智紀氏プロフィール】
(いいだ とものり)ソフトバンクモバイル株式会社(現ソフトバンク株式会社)とソフトバンクグループ株式会社で経営企画、事業再生・国内外投資業務などに従事。2015年9月よりベネッセホールディングスに参画。現在はベネッセコーポレーションでUdemyを中心に社会人教育事業(自律型・DX人材育成、リスキリングなど)を推進中。
受付終了
11/16(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-1] 受付終了

「スキル習得→行動変容→職場での成果」に繋げる研修設計のコツと、効果最大化を実現する3つのポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

研修を受講させても成果に繋がっているかわからない、というお困りの声をよく伺います。研修効果を高めるためには内容もさることながら、事前の「研修設計」が非常に重要なポイントになります。本講演では、スキル習得から行動変容、職場での成果を実現させた成功事例を基に研修設計のポイントをお伝えいたします。まだ、オンラインでは難しい「集中力の維持・向上」方法など、今すぐに使える3つのテクニックもご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修効果を高めたい/研修の理解から職場での行動変容に繋げたい


IDEA DEVELOPMENT株式会社 代表取締役

ジェイソン ダーキー氏

【ジェイソン ダーキー氏プロフィール】
(ジェイソン ダーキー)1972年米国シアトル生まれ。1992年に来日し上智大学卒業。在学中より研修企画会社に勤務。2003年 企業向け教育研修会社 IDEA DEVELOPMENTを設立。代表取締役に就任。能力開発のコンサルタント・インストラクターとして上場企業および外資系企業などに対して人材育成サービスを提供する。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-3] 受付終了

リーダーに自己変革を促す育成法
成果につながる具体的行動を360度評価で明らかにする
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

「人的資本経営」の観点からもリーダーのスキルやコンピテンシーのデータ化は、喫緊の課題です。成果につながる具体的行動と8つのコンピテンシーを360度評価で明らかにし、客観的なデータを用いた育成をすることで、受講した7割のリーダーの行動が変わります。リーダー本人が見えていない振る舞いや弱点のフィードバックを受け止めて、自ら変革に取り組むことで成長を促します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

データや指標を活用したリーダー育成に取り組みたい


G-ソリューション株式会社 代表取締役/人事・組織開発・人材開発コンサルタント

三宅 潤一氏

【三宅 潤一氏プロフィール】
(みやけ じゅんいち)1971年京都市生まれ。大学卒業後、研修会社やコンサルティング会社を経て、2004年に独立。以来毎年120日以上の研修とコンサルティングを実施。これまでの顧客は大手企業を中心に240社、研修の受講者は5万人を超える。誠実さと着実をモットーに成果を積み上げ、経営者の方々からも大きな信頼を得ている。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
11:40 -
12:30
特別講演[V-4] 受付終了

イノベーティブな組織と個人を生み出す越境2.0とは
―鍵は段階的な越境と社内波及施策にありー
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

新たな人材育成の方法として注目を集める「越境学習」。リーダー開発やキャリア自律など、近年ではその目的や手法も多様化しており、組織戦略やキャリア戦略と密接に紐づけられて越境施策を進行する企業や部署も増えてきています。本講演では、社外越境に取り組む企業の事例を複数取り上げながら、組織やキャリアのイノベーション促進手段としての越境学習の価値とその活かし方についてご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

越境学習による組織変革に興味がある


エッセンス株式会社 越境研修事業部 部長/One HR共同代表

島崎 由真氏

【島崎 由真氏プロフィール】
(しまさき ゆうま)2015年にエッセンス(株)に入社。企業の経営課題に対して、専門スキルを持ったフリーランス人材をマッチングするエージェントとして活動。新規事業として、大企業の社員がソーシャルベンチャーやNPOで放課後活動を行うプロボノプログラム事業を立ち上げ。2021年より現職。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
12:40 -
13:40
パネルセッション[V] 受付終了

いかに人事がDX推進に関わるか
味の素社のデジタル変革に学ぶ、「ビジネスDX人財」の育て方
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

DX(デジタル・トランスフォーメーション)を経営イシューとする企業が増えています。一方、どのように人事が関わるか、どのような人財育成をすべきかなど、悩まれていることも多いのではないでしょうか。本講演では、食と健康の課題解決企業として社会変革に挑戦する味の素社の施策責任者をお迎えし、DX推進の基礎となる「ビジネスDX人財」の育て方について、デジタルを活用した学びの設計手法を交えてお話を伺います。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ビジネスDX人財育成の進め方と人事の関わり方に悩んでいる


味の素株式会社 DX推進部 ITガバナンスグループ長

永島 学氏

【永島 学氏プロフィール】
(ながしま まなぶ)味の素(株)へ入社後、油脂事業(マーケティング)・人事(採用/教育)・外食デリカ事業(事業採算/SCM)・原料購買(食品原料総括)・海外事業(経営企画)など、グループの主要なバリューチェーンで活躍。2021年よりDX推進部に所属、全社員のITリテラシー向上に向けた育成プログラムの推進役として従事。

株式会社グロービス グロービス・デジタル・プラットフォーム マネジング・ディレクター

井上 陽介氏

【井上 陽介氏プロフィール】
(いのうえ ようすけ)消費財メーカーに従事後、グロービスにて企業向け人材コンサルティング、名古屋オフィス新規開設リーダー、法人部門マネジング・ディレクターを経て、デジタル・テクノロジーで人材育成にイノベーションを興すことを目的としたグロービス・デジタル・プラットフォーム部門を立ち上げ責任者として組織をリードする。
受付終了 関連資料
11/16(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-1] 受付終了

研修効果測定から見えた、確実に成長を促す研修の仕組みと仕掛け
~一人ひとりの成長の可視化を目指して~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

研修を受講してもらうだけで終わってしまい、その後の“研修効果”の可視化や実際の“行動変容”まで追えているケースは少ないのではないでしょうか。本講演では、研修の効果測定や、受講者の行動変容を数年前から記録しているデータとその考察から、効果が上がるであろう研修、及びその仕組み/仕掛けをお伝えします。あわせて、本スキームで実施したクライアントの実例での変化も解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

受講者が本当に成長しているのか、漠然とした不安を抱えている


株式会社スタンス 代表取締役

古田 聡氏

【古田 聡氏プロフィール】
(ふるた さとし)フューチャーアーキテクト(株)、(株)リンクアンドモチベーションを経て2011年に独立。2022年株式会社スタンス設立。【曖昧な成長を科学する】コンセプトに、研修の効果測定やテクノロジーを活用した人材育成コンサルティングを実施。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-4] 受付終了

企業としてのあり方(パーパス)を従業員にも浸透させるには~唯一無二の企業価値を持つ組織作りに向けて~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人的資源から人的資本の考え方に移行している昨今、経営陣や人事部としては成果を上げ続ける組織を作るために「あるべき姿」を見直す企業が増えています。ところが、現場にまで浸透していないという相談が増えてきました。本講演では、「あるべき姿」の構築に向け組織力強化・育成のポイントをお話しします。具体的に実践すべき「あるべき姿」の構築により従業員に浸透させる方法について産学共同研究をもとに解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

研修を綿密に計画しているのに競合との差別化が難しくなっている


ソフトブレーン・サービス株式会社 シニアコンサルタント

宮田 純氏

【宮田 純氏プロフィール】
(みやた じゅん)人材サービス会社に入社後、事業化を推進。3年間で110名の事業本部となる。その後、医療に特化した人材サービス会社へ転職。営業部門の事業部長。72名のマネジメントを行い、業績向上、入社1年2ヶ月後のマザーズ上場に貢献。経験を活かし、ソフトブレーン・サービスに入社。現在に至る。
11/16(水)
13:50 -
14:40
特別講演[W-5] 受付終了

【失敗&成功事例から学ぶ】グローバルビジネスを成功に導く6つの人材要件と育成方法
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業で海外展開が進んでいるものの、海外売上の未達や駐在員の早期帰任/固定化、現地社員のマネジメント不良など、様々な課題が浮き彫りになっています。本講演では、キーエンスで海外事業を牽引してきた藤田氏をゲストにお招きし、キーエンスのケーススタディを交えながら『グローバルビジネスを成功に導く人材』の6要件と効果的な育成方法について解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

海外駐在員が固定化している/グローバル人材の要件定義が曖昧


元 株式会社キーエンス 海外事業部長

藤田 孝氏

【藤田 孝氏プロフィール】
(ふじた たかし)(株)キーエンスの海外事業部長として海外事業をゼロから立ち上げ、海外売上2000億円・海外売上比率50%までの成長を牽引。また、19現地法人/150海外拠点を管轄指導し100名超の駐在員を選抜/育成指導。現在は、多種多様な企業への経営/組織運営強化/海外進出支援の他、インサイトアカデミーの顧問を務める。

インサイトアカデミー株式会社 取締役COO アカデミー長 共同創業者

金 珍燮氏

【金 珍燮氏プロフィール】
(きむ じんそぷ)ミスミ・PwCコンサルティング・ミクシィにて国内外ビジネスの戦略・マネジメントPJを推進。国内各社のグローバル人材・育成ツール不足に課題を感じ当社を創業。2020年に国内初グローバル人材育成特化型EラーニングサービスINSIGHT ACADEMYをローンチ。100社以上のグローバル人材育成を支援。
11/16(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-1] 受付終了

サイボウズ流ハイブリッドワークでの「見えるマネジメント」~柔軟な働き方とチーム活性化を両立するには~
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ハイブリッドワークが主流の今、柔軟な働き方をしながらどのようにチームを活性化させていけばよいのでしょうか。そのポイントは、管理職依存のマネジメントをアップデートさせることだと言えます。本講演では、ハイブリッドワークを本格的に進めたい、あるいは働き方を見直したい企業の皆様に向けて、情報共有やコミュニケーションのノウハウを中心に、ハイブリッドワークにおけるサイボウズ流マネジメント術をご紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

ハイブリッドワークを進めながら、チームの活性化も両立したい


サイボウズ株式会社 チームワーク総研 コンサルタント

鬼頭 久美子氏

【鬼頭 久美子氏プロフィール】
(きとう くみこ)大学卒業後、株式会社三井住友銀行に新卒入行。人事での研修・ダイバーシティ推進に従事した後、組織開発の取り組みに目覚め、サイボウズ株式会社へキャリア入社。人事部門での育成企画担当を経て、現在はチームワーク総研コンサルタントとして活動。国家資格キャリアコンサルタント。
11/16(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-4] 受付終了

「自分のスキルをアップデートし続ける リスキリング」の著者が語る、離職防止に効くリスキリング
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

リスキリングを推進すると従業員の市場価値が高まり、離職のリスクを招くと懸念されている方がいます。離職を助長している要因は、リスキリングに伴った制度設計や人事評価体制の見直しがされていないことが要因です。これらを包括することで離職のリスクは減少可能です。本講演では、「自分のスキルをアップデートし続ける リスキリング」の著者をお招きし、本質的なリスキリング推進がもたらす効果についてお話しいただきます。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

リスキリングが経営に離職のリスクを招くと懸念され説明できない


一般社団法人ジャパン・リスキリング・イニシアチブ 代表理事

後藤 宗明氏

【後藤 宗明氏プロフィール】
(ごとう むねあき)銀行、研修事業、社会起業家支援を経て40歳で自らのリスキリングを開始。フィンテック、通信、外資コンサルを経て、ABEJAにて米国事業、AI研修企画を担当。リクルートワークス研究所にて『リスキリングする組織』を共同執筆。2021年現職。2022年、SkyHive Technologies日本代表に就任

株式会社Schoo CCO(Chief Content Officer)

滝川 麻衣子氏

【滝川 麻衣子氏プロフィール】
(たきがわ まいこ)大学卒業後、産経新聞社に入社し、経済担当記者としてキャリアを積む。2017年からBusiness Insider Japanの立ち上げに参画し、働き方や生き方をテーマに多くの企業を取材し「これからの働き方の課題は社会人の学びになる 」と確信。Schooに入社後はコンテンツ部門責任者として制作に従事。
受付終了 関連資料
11/16(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-6] 受付終了

イノベーションの芽を成長させ続ける企業はやっている! 課題発見・解決に挑む人材と組織づくりのポイント
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

多くの企業が、業務改革・事業開発を通じイノベーションに挑んでいます。そこでは、顧客起点での課題発見、解決が必須となり、デザイン思考等の課題発見、解決力強化の取組が拡がっています。BtoB事業、受託型事業を展開する企業等では、中核人材が、顧客起点で課題発見、解決を図り、周りを巻き込む人材へと成長できるかが鍵となっています。本講演では、上記のような提案型人材育成と組織創りのポイントを紹介します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

顧客起点で課題発見、解決が考えられる提案型人材の育成をしたい


株式会社CURIO SCHOOL 取締役 Co-Founder

若松 誉典氏

【若松 誉典氏プロフィール】
(わかまつ たかのり)大学卒業後、東京海上火災保険を経てメンタルヘルスケア系ベンチャー企業へ転職し、大企業とのオープンイノベーションによる事業開発およびIPO準備メンバーとして活躍。その後外資系コンサルファーム等を経て、株式会社CURIO SCHOOLを立ち上げ。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
16:00 -
16:50
特別講演[X-8] 受付終了

人事部門は管理職のマネジメント改革をいかに支援出来るのか
~現場と共に歩む人事への変化
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

ジョブ型雇用やリモートワーク化の流れの中で、管理職のマネジメントも変革を迫られています。本講演では、今後必要となるマネジメントの在り方や手法を明らかにした上で、人事部として、その移行や定着支援における留意点をお伝えします。また、ラインの変革を支援する立場にある人事部自身が、どのようにケイパビリティを高めていくのか、現場と共に歩む人事パーソンとしての方向性も解説します。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

管理職育成に課題を感じている/人事としての能力向上を図りたい


マーサージャパン株式会社 組織・人事変革コンサルティング シニアプリンシパル 人材開発プラクティス プラクティスリーダー

前川 尚大氏

【前川 尚大氏プロフィール】
(まえかわ たかひろ)海外に事業展開する日系多国籍企業に対し、グローバル人事戦略・タレントマネジメント構築、人事制度構築等の幅広いコンサルティングに従事。日本・欧米以外に新興国含め20か国50拠点都市以上に渡るプロジェクト経験。事業会社人事部、欧米系コンサルティング会社、マーサー上海の代表を経て2012年より現職。
受付終了 インタビュー
11/16(水)
17:00 -
18:00
パネルセッション[X] 受付終了

人事パーソンはどう働き、どんなキャリア戦略を考えているのか?
「シン・人事の大研究」調査結果報告 第2弾
※本講演は申込多数のため、受付を終了いたしました。

人事部門で働く一人ひとりにスポットライトをあて、その実態を調査する一大プロジェクト「シン・人事の大研究」。2022年5月の「HRカンファレンス」に続いて、調査結果の第2弾を発表します。今回のテーマは、人事パーソンの「働き方」と「キャリア戦略」。人事以外のビジネスパーソンと人事パーソンを比較したデータも公開しながら、立教大学 田中氏、中原氏が人事パーソンの実態を解き明かします。

【こんな課題をお持ちの方にオススメ】

人事パーソンの「学び」や「キャリア観」の実情を知りたい


立教大学 経営学部 助教

田中 聡氏

【田中 聡氏プロフィール】
(たなか さとし)1983年 山口県生まれ。東京大学大学院学際情報学府博士課程 修了。博士(学際情報学)。2018年より現職。働く人とチームの学習を研究している。著書に『経営人材育成論』(単著:東京大学出版会)『チームワーキング』(共著:日本能率協会マネジメントセンター)、『事業を創る人の大研究』(共著:クロスメディア・パブリッシング)など。

立教大学 経営学部 教授

中原 淳氏

【中原 淳氏プロフィール】
(なかはら じゅん)立教大学経営学部ビジネスリーダーシッププログラム(BLP)主査、立教大学経営学部リーダーシップ研究所 副所長などを兼任。博士(人間科学)。2018年より現職。「大人の学びを科学する」をテーマに、企業・組織における人材開発・組織開発について研究している。専門は人的資源開発論・経営学習論。『職場学習論』など、共編著多数。
受付終了

※講演は予告なく内容などを変更することがございますので、予めご了承ください。

選択中の講演数

  • 11/8:0
  • 11/9:0
  • 11/10:0
  • 11/11:0
  • 11/15:0
  • 11/16:0
クリップから申込む

「日本の人事部」「HRカンファレンス」「HRアワード」は、すべて株式会社HRビジョンの登録商標です。
当社はプライバシーマーク取得事業者です。類似のサービスやイベントとの混同にご注意ください。

pagetop