無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2015/07/21

Campus for H、日本初、「瞑想習慣がある人ほど仕事のパフォーマンスが高いと自覚している」ことを実証
~瞑想頻度の高さは、ワーク・エンゲイジメントと関連があることが明らかに~

・瞑想頻度の高さは、ワーク・エンゲイジメント*1と関連があることが科学的に明らかに
・瞑想習慣のある人のほうが、やせていて、社会経済的状況が良い

*1…働く人がどれだけ活き活きと働けているかを測定する概念

 

企業、組織の健康づくり・生産性向上に関する調査研究、サービスの開発を行う株式会社Campus for H(本社:東京都渋谷区、代表取締役:米倉章夫、以下キャンパスフォーエイチ)の西本真寛、石川善樹らの共同研究グループ*² は、日本で初めて、瞑想習慣のある人ほど仕事のパフォーマンスが高いことを実証いたしました。本研究は、米国科学誌「PLOS ONE」5月29日付にも掲載されています。

 

近年、改正労働安全衛生法によるストレスチェック導入の義務化の流れの中で、企業でも、働く人の健康、特に“メンタルヘルス”に注目が集まっています。また、メンタルヘルス研究の分野では、ポジティブメンタルヘルス(個人や組織の精神的コンディションを最高の状態に保つための取り組み)が注目を浴び、働く人のパフォーマンスの向上について、これまで以上に関心が高まっています。

 

いっぽう、仕事のパフォーマンスを向上する要素のひとつとして、瞑想(マインドフルネストレーニング)も注目を集めていますが、これまでの学術研究の多くは、瞑想とストレスや、気分の落ち込みとの関係について論じており、瞑想と仕事のパフォーマンスの関係について調査したものはあまりありませんでした。また、日本で瞑想を行う人の割合とその特性についてもまだほとんど明らかになっていません。

そこで今回の調査では、日本で初めて、ビジネスパーソンを対象に瞑想を行う習慣のある人の割合やその特徴を調べ、瞑想習慣のある人の特性と、瞑想と仕事のパフォーマンスの関連性について調査しました。

 

当調査結果について、 グローバル企業にてマインドフルネスとリーダーシップの研修プログラムを実施するなど、世界各地で評価の高いマインドフルネスプログラムを展開しているSIYLI(Search Inside Yourself Leadership Institute)のCEO、マーク・レッサーは以下のように述べています。

「この研究は瞑想を行う人々と、その人々が自分の仕事のパフォーマンスをどう評価しているかについての関連性を調べており、価値のあるものだと思います。この研究は重要な分野であり、今後ももっと注目を集めることを期待しています。」

また、キャンパスフォーエイチのイノベーション・ディレクターである石川善樹は、「今回の調査では、瞑想を日常的に行う人がどのような属性を持っているのかを明らかにしましたが、瞑想による効果はまだ検証できていません。今後は、瞑想を行うことでどういった変化が起きるのかも探っていきたいと考えています」と語っています。

今回の調査結果のおもな内容は以下の通りです。

 

■瞑想習慣のある人の属性
日本で瞑想習慣のある人は3.9%。瞑想習慣のない人たちに比べて、若く、女性が多かった。、また、高い教育水準を持ち、世帯収入も高い傾向であった。

 

■瞑想習慣のある人と仕事のパフォーマンスとの関係
瞑想習慣のある人はない人に比べて、「ワーク・エンゲイジメント(働く人がどれだけ活き活きとしているかを測定する概念)」、「自分で自覚する仕事のパフォーマンス」、「仕事の満足度」が高かった。しかも、「ワーク・エンゲイジメント」「仕事のパフォーマンス」については、「睡眠時間」や「睡眠満足度」よりも関連度が高かった。 

「ワーク・エンゲイジメント」と「瞑想の頻度」は、「ワーク・エンゲイジメント」と「睡眠時間」そして「睡眠満足度」よりも正の関連性が高かった。つまり、瞑想の頻度が高い人は、ワーク・エンゲイジメントも高い傾向だった。

棒グラフの横の数値は、関連度を示し、その値が大きいほど、関連性が強いことを表しています。ここで気を付けなければいけないのが、例えば、「睡眠時間」の結果と「睡眠満足度」の結果を比べる場合です。関連度の数値を比べると、「睡眠時間」の関連度の値の方が大きく、「睡眠満足度」よりも「睡眠時間」の方が、関連が大きいように見えます。しかし、これら2つの項目は共に有意性を示す*がひとつもありません。したがって、「睡眠時間」と「睡眠満足度」は共に、ワーク・エンゲイジメントと有意な関連を有さなかった、ということが読み取れます。

「仕事のパフォーマンス」と「瞑想の頻度」は、「仕事のパフォーマンス」と「仕事時間の身体活動」・「睡眠満足度」よりも正の関連性が高かった。つまり、瞑想の頻度が高い人は、仕事のパフォーマンスが高いと自認している傾向であった。なお、「仕事のパフォーマンス」と「睡眠時間(の長さ)」の間には、睡眠時間が短いほど本人の自覚するパフォーマンスが高くなるという負の関連性の傾向があった。

*2 共同研究グループについて
共同第一著者

芝孝一郎: 東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻 保健社会行動学/健康教育・健康社会学分野 修士課程
西本真寛:株式会社Campus for H 

共著者
杉本南: 東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻 社会予防疫学分野 修士課程
石川善樹: 株式会社Campus for H ,東京大学大学院 医学系研究科 公共健康医学専攻 保健社会行動学/健康教育・健康社会学分野 客員研究員

 

【株式会社Campus for Hについて】
Campus for Hは、公衆衛生や医学のプロフェッショナルとビジネスの専門家が、企業、組織の健康づくり・生産性向上に関する調査研究や、サービスの開発を行う会社です。 「休む」「食べる」「動く」という3分野で、最先端の知見にもとづいた企業研修やアプリなどのサービスを提供し、社会人の生活習慣を根本から変えることを目指します。

 

◆ 本調査の図表・詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社Campus for H http://campus-h.com/ /7月14日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。