無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2015/03/27

ヴォーカーズ、「働きがい研究所」調査レポートvol.13
新卒5年目までの社会人による「プライベート安定型 会社ランキング」を発表
‐NTT関連企業6社、自動車メーカー5社、航空・運輸系企業5社がランクイン‐

就職・転職のための企業リサーチサイトVorkersを運営する株式会社ヴォーカーズ(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:増井 慎二郎)は、新卒入社で5年目までの若手社員による「プライベート安定型 会社ランキング」を発表しました。

今回のレポートでは、新卒入社で5年目までの社員による企業評価レポート(11,694件)から、「残業時間数(月間)」と「有休取得率」の2つの数値に基づいて「プライベート時間確保指数」を算出。調査対象企業平均値の指数を100とし、ランキングとしました。詳細は、以下をご確認ください。

 

【サマリー】

・空輸、運輸系企業が5社ランクイン
 └1位JALスカイ、9位ANA、12位ANA成田エアポートサービス、13位西日本旅客鉄道、22位東日本旅客鉄道

・NTT関連企業が6社ランクイン
 └6位NTT、15位NTTドコモ、17位NTT西日本、18位NTTコミュニケーションズ、19位NTTコムウェア、23位NTT東日本

・国内主要自動車メーカー5社がランクイン
 └2位本田技研工業、4位三菱自動車、8位マツダ、24位トヨタ自動車、27位日産自動車

 

■新卒5年目までの「プライベート安定型」会社ランキングトップは、株式会社JALスカイ

ランキングの1位を獲得したのはJALスカイ。同社のプライベート時間確保指数は169.44であり、全企業平均よりも約1.7倍となっており、仕事以外の時間を確保しやすい会社です。

同社は、成田空港、羽田空港における旅客カウンター・ラウンジ業務を行っているJALグループ企業です。年365日、ほぼ24時間(羽田空港の場合)営業している空港での業務であるため、基本的にスタッフは、4日働いて2日休むという「シフト制」で働いています。

若手社員のクチコミをみると「独身には予定が立てやすく、働きやすかったのではないか。有休もほぼ消化できていた」、「有給休暇が取りやすく、福利厚生を利用して海外によく行きました」というコメントがあり、JALグループならではのメリットを活かしてプライベートを楽しむ方もいるようです。ただ、早朝や夜間勤務もあるため、家族がある方は家族の理解が必要ですし、ゴールデンウィークや、お盆、年末年始は空港にとっては繁忙期であるため、そうした時期は休みづらいといった制約もあります。

 

■ランキング2位は、本田技研工業株式会社と株式会社オリエンタルランド

ホンダの若手社員のクチコミを見ると、「定時退社日は必ず定時で退社する。有休も簡単に取得できるのでプライベートを充実させることは十分に可能」というコメントがあります。労働組合がしっかりしていることもあり、過度な残業をしない、また有休をしっかり取得できる仕組みが確立しているようです。中には「有休消化ノルマに追われる」というコメントも見られます。ただし、管理職となると残業、休日出勤が当たり前となり、プライベート時間確保の維持が難しくなるケースもあるようです。

オリエンタルランドが運営するディズニーリゾートは、365日営業していることから、シフト制での勤務が基本です。きちんと業務をやれば時間通りに退社が可能。また、会社として残業を抑制しており、若手社員のクチコミを見ると「事情があって残業できない人間が肩身の狭い思いをしない空気があった」とプライベート時間を大切にする企業文化が根付いていることがうかがえます。また、ゴールデンウィーク、夏休み期間、年末年始といった繁忙期には休みづらい一方、「繁忙期でなければ長期休暇を取得することが奨励されている」とのことですから、有休取得も容易であることがわかります。

 

■ランキング4位は、三菱自動車工業株式会社

2位のホンダに続き、4位は三菱自動車工業株式会社と、労働組合が強い自動車メーカーがランクインしました。若手社員のクチコミには、「有休も非常に取りやすく年17日以上取るように組合から目標がでている」や、「サービス残業は一切ない」というクチコミが寄せられています。ただし、研究開発部門など、部署や上司の考え方次第では、多くの残業を余儀なくされるところもあるようです。

 

【データの集計について】
□データの収集方法
「Vorkers」の在籍企業評価レポートへの回答を通じてデータを収集しています。
在籍企業評価レポートの回答条件は下記の通りです。
・社員として1年以上在籍した企業の情報であること
・500文字以上の自由回答と、8つの評価項目に回答いただくこと
以下の2つのデータについても収集しています(任意回答)
・月間残業時間(実数)
・有休取得率(実数)
□対象データ
 2007年7月~2015年2月に、新卒5年目までの社員・元社員から投稿されたピックアップ企業に対するレポート回答(全11,694件)の8つの評価項目を対象データとしています。

※調査レポート詳細は、こちらをご参照ください。

 

【本件に関するお問合せ先】
・株式会社ヴォーカーズ
・担当者名:恵川、隈元
・Email:press@vorkers.com


◆本リリースの詳細はこちらをご覧ください。

株式会社ヴォーカーズ http://www.vorkers.com/ /3月26日発表・同社プレスリリースより転載

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。