ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2011/07/05

企業変革を支援するACWパートナーズが
スーパーバイザー向け『ストアコーチ実践トレーニング』をスタート

ACWパートナーズ(東京都千代田区、代表 大國 仁、電話03-5219-1443)は、店舗を管理するスーパーバイザーを対象に、店舗を支援・活性化し、業績を伸ばす力をつけるための実践的な研修サービスの提供を開始します。対象企業は、飲食店、自動車ディーラー、携帯電話ショップ、食品スーパーなど、店舗をチェーン展開する企業となっております。研修と店舗実習を交えながら、担当する店舗の中から強化店舗として2店舗を設定し、実際に強化支援を行います。本サービスは、弊社が支援する活動で得られる財務的な効果を一部補償する「成果にコミットシリーズ」(費用に見合った効果が得られない場合に費用の25%を返金する補償制度)の第2弾であり、強化店舗の実績が上がらなかった場合には研修費用の25%を返金いたします。

■ サービス提供の背景と目的
近年のように店舗の業績向上が容易ではない環境下では、複数店舗を管理するスーパーバイザーに重圧がかかっているケースが多くなっています。また市場が成熟したため、右肩上がりの時代には有効だった店舗を管理・監督・監視する方法では限界がきています。
このような時代背景を踏まえ、『ストアコーチ実践トレーニング』では、スーパーバイザーが店長や店舗のメンバーが自ら動いて、お客さま満足や収益を向上させていくような状態をつくり出すための支援方法を学び、担当エリアやチェーン全体の組織力強化に貢献するために必要な知識と経験を得る機会を提供しています。

■ 対象者
飲食店、自動車ディーラー、携帯電話ショップ、食品スーパーなど、店舗をチェーン展開する企業において、複数の店舗を管理するスーパーバイザーやエリアマネージャー

■ 本サービスの特長 ― 期待到達点
1)理論を体系的に学ぶ
 ・店舗収益を生み出すメカニズム、店舗経営に必要な4つの視点を理解できる
 ・店舗の実態をつかみ、その店舗に合った強化施策を導く方法を習得できる
  ・複数店舗を適切にマネジメントする方法を習得できる
2)店舗支援を実践する
 ・受講者1名あたり2店舗を強化店舗として設定して、実際に支援・強化する
 ・受講者2~3名の強化店舗の中から1店を選び、トレーナーが店長や中心メンバーとの改善策のすり合わせを実演することで、店舗とのコミュニケーションのポイントをつかむことができる
3)考えてから深く理解する
 ・トレーナーが一方的に進めるのではなく、個人ワークやグループ討議を行った上で理論や手法を紹介するため、効果的かつ効率的に理解を深めることができる

■ 受講人数、受講料
1クラス8~12名、1名あたり24万円(消費税別、自社で研修会場を準備する場合)

■ 研修の内容
半日の集合研修5回、店舗実習1回を2カ月で実施

■ 株式会社ACWパートナーズのご紹介 ※ホームページ
ACWとは、Advanced Company Way の略。企業の永続的な成長をパートナーとして支援する経営コンサルティング会社。社員が自律的に動き、組織として成功体験を積みながら、自社独自のウェイを強めていくための各種サービスを提供する。製造業からサービス業まで幅広い業界における企業の変革活動への支援ノウハウを持つ。また、店舗など拠点をチェーン展開する企業への各種サービスも充実している。

◆ 本リリースの詳細はこちらをご覧ください。


株式会社ACWパートナーズ http://acwp.jp /7月5日発表・同社プレスリリースより転載

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。