ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2011/02/21

本格的な企業変革を支援するACWパートナーズが
『次世代リーダー育成支援サービス』をスタート

ACWパートナーズ(東京都千代田区、代表 大國 仁、電話03-5219-1443)は、経営課題の解決という実践の場を通じて、次世代を担うリーダーを育成するサービスを2011年3月から開始します。経営上重要な事業課題の解決を活動の主目的とすることによって、リーダーとしての資質や能力に優れた人材を見極め、チーム活動の中でその資質や能力に磨きをかけていきます。売上が100億円以上で従業員数が200~1,000名の企業を対象として、人材が特に不足している首都圏以外の企業への支援にも力を入れていきます。

また、本サービスは、弊社が支援する活動で得られる財務的な効果を一部補償する「成果にコミットシリーズ」(費用に見合った効果が得られない場合に費用の25%を返金する補償制度)の第1弾です。

■ 背景
世界的な不況の影響で企業の経営環境が非常に厳しい中、今後は少子化や団塊世代の退職の影響によって人材不足が深刻化していきます。中長期的な取り組みによって次世代を担うリーダーを育成することが、企業にとって緊急課題と言えます。

■ 本サービスの特長
1. 業課題の解決を主目的とすることで、適切な育成対象者を選ぶことができる
2. 部長から現場担当者までの幅広い層で、中核となるリーダーを育成できる
3. スピーディーかつ効果的に課題を解決する手法をチームとして習得できる
4. 経営陣は、課題解決やリーダー育成の進捗を把握して対応することができる

■ 支援の4つのステップ ※[  ]はリーダー育成の達成事項
Step1: ヒアリングによる主要事業の重要課題の特定   [育成候補者の抽出]
Step2: 関連する業務プロセスの可視化・見直しによる業務改善[育成対象者の決定]
Step3: 組織横断的なチーム活動による重要課題の解決  [育成対象者の能力開発]
Step4: 活動で得られる成果の確認[育成対象者の強みと強化ポイントの明確化]

■ 「成果にコミットシリーズ」とは
厳しい経営環境が続いていますが、短期的に利益を出しつつも、労働人口の減少などに対応するための中長期的な経営基盤の強化が緊急課題となっています。一方、人材育成をはじめとした経営基盤を強化するサービスについては、費用に見合った効果が得られるかどうか不明との理由から、企業として積極的に利用しにくい状況となっております。

そこで、サービスを利用するために必要な費用に見合った財務効果が得られない場合に、費用の25%を返金する制度を設けました。弊社は、事業上の課題解決によって財務効果を上げることで経営基盤を強化していく各種サービスをご用意しています。本制度を適用した新サービスを「成果にコミットシリーズ」として順次展開予定です。

(参考) 補償率25%の考え方
弊社の経験では費用と同等以上の効果は十分得られると考えていますが、最終目的は人材育成をはじめとする経営基盤の強化であり、過度に財務効果を求めてしまうことによる弊害を防ぐために補償率を25%に設定しています。弊社は、各種仕組みの整備といった直接的な財務効果の算定が難しい課題についても、全社的な経営の視点からその重要性を確認した上で、支援を行っていきます。

■ 株式会社ACWパートナーズのご紹介 ※ホームページ http://acwp.jp
ACWとは、Advanced Company Way の略。企業の永続的な成長をパートナーとして支援する経営コンサルティング会社。社員が自律的に動き、組織として成功体験を積みながら、自社独自のウェイを強めていくための各種サービスを提供する。製造業からサービス業まで幅広い業界における企業の変革活動への支援ノウハウを持つ。また、店舗など拠点をチェーン展開する企業への各種サービスも充実している。


株式会社ACWパートナーズ http://acwp.jp /同社プレスリリースより転載

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。