無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2022/09/27

最低賃金の引き上げに関する実態調査

採用コンサルティング事業を行う株式会社プレシャスパートナーズ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 CEO:髙﨑誠司、以下:プレシャスパートナーズ)は、アルバイト・パート採用を行う企業を対象に「最低賃金の引き上げに関する実態調査」を実施し、236社から回答を得ました。結果は以下のとおりです。


【調査結果 詳細】
■最低賃金の引き上げには65.3%が「賛成」、34.7%が「反対」

最低賃金の引き上げについて賛成か反対かを尋ねたところ、65.3%が「賛成」、34.7%が「反対」と回答しました。

■約7割が物価高騰への対策に、最低賃金の引き上げは「必要だと思う」と回答
物価高騰への対策に、最低賃金の引き上げは必要だと思うかを尋ねたところ、約7割が「必要だと思う」と回答しました。昨年行なった調査では、最低賃金の引き上げについて「賛成」は33.8%でしたが、今年は65.3%が「賛成」と回答をしており、続く物価高騰への対策に最低賃金の引き上げが必要であるという認識が広がっているようです。

■最低賃金の引き上げは78.4%の企業の経営に影響
最低賃金の引き上げは経営に影響があるかどうかを尋ねたところ、「とても影響がある」と答えたのは34.8%、「影響がある」と答えたのは43.6%。回答を合算すると78.4%の企業が経営に影響があるということがわかります。

■最低賃金の引き上げの対応策の上位3つは「サービス価格の見直し、値上げをする」(75.7%)、「非正規の残業・シフトを削減する」(24.3%)、「正社員の残業時間を削減する」(16.2%)
最低賃金の引き上げは経営に影響があるかを尋ね、「とても影響がある」、「影響がある」と回答した企業を対象に、どのような対策を行うかを尋ねたところ、「サービス価格の見直し、値上げをする」(75.7%)が最多となりました。次いで「非正規の残業・シフトを削減する」(24.3%)、「正社員の残業時間を削減する」(16.2%)となりました。

■時給の引き上げを行う主な理由の上位3つは「モチベーション向上/人材の定着のため」(61.0%)、「人材を採用するため」(51.7%)、「人材への投資のため」(32.6%)
時給の引き上げを行う主な理由を尋ねたところ、「モチベーション向上/人材の定着のため」(61.0%)が最多となりました。次いで、「人材を採用するため」(51.7%)、「人材への投資のため」(32.6%)となっております。

■67.8%が「人手不足だと感じる」
採用難・人手不足だと感じるかを尋ねたところ、67.8%が「人手不足だと感じる」と回答しました。

■68.8%が人材を採用するために時給を引き上げないと採用できないと感じる
採用難・人手不足だと感じるかを尋ね、「人手不足だと感じる」と回答をした企業を対象に、現在の時給を引き上げないと人材が採用できないと感じるかを尋ねたところ、68.8%が「そう感じる」と回答しました。

■82.6%が年末に向けアルバイト・パート採用を行なう
2022年の年末の人員確保に向け、アルバイト・パート採用を行なうかを尋ねたところ、「行なう予定」(72.0%)と「もうすでに採用活動を終えた」(10.6%)の回答を合算すると82.6%が年末に向けアルバイト・パート採用を行なうということがわかりました。


<総評>
2022年の最低賃金の引き上げは、全国平均でも過去最高の31円となります。
最低賃金の引き上げについて、昨年行なった調査(※1)では、「賛成」と答えた企業は全体の33.8%のみでしたが、今回は「賛成」が65.3%に増加しました。一方で、物価高騰対策としての最低賃金引き上げの必要性については、69.5%が「必要だと思う」と回答しています。昨年から続く社会的な物品の値上げは、労働者の生活をますます圧迫しており、企業側も最低賃金引き上げの必要性を感じてきたという背景が、賛成意見の増加に影響しているようです。

また、企業の経営に最低賃金の引き上げが影響するかどうかについては、「とても影響がある」と答えた企業が34.8%、「影響がある」と答えた企業が43.6%で、合算すると78.4%の企業に影響があることがわかりました。最低賃金の引き上げの対応策としては「サービス価格の見直し、値上げをする」(75.7%)が最多となり、最低賃金の引き上げが経営に与えるダメージは大きいと言えます。今後、企業は雇用を守るため、サービス価格の見直しや値上げを進める動きが加速しそうです。


【調査概要】
調査名:最低賃金の引き上げに関する実態調査
調査期間:2022年7月19日~9月8日
調査機関:自社調査
調査方法:インターネット調査
調査対象:アルバイト・パート採用を行っている当社取引先および任意回答企業
有効回答数:236社

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社プレシャスパートナーズ / 9月20日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。