無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2022/08/25

【職場のコミュニケーションに関する意識調査】同僚とのコミュニケーションは「対面」が好ましいの回答が7割を超える

同僚とのコミュニケーションは「対面」が好ましいの回答が7割を超える
「反応が分かる」「アイディアが浮かびやすい」「相手の忙しさや状況に応じて、気遣うことができる」の声

株式会社学情(本社:東京都千代田区)は、20代の仕事観をひも解くために、アンケート調査を実施しました。今回は、「職場のコミュニケーション」に関して調査。上司とのコミュニケーションは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が62.0%に上りました。「報告や連絡はチャットや、オンラインでも対応できるものの、相談は対面のほうが良いと思う」「直接フィードバックをもらえると励みになる」などの声が上がりました。また、同僚とのコミュニケーションは、「対面」が好ましいと回答した20代が72.9%に上り、「対面」を希望する割合は「上司とのコミュニケーション」よりも10.9ポイント高くなりました。「直接話したほうが、アイディアが浮かびやすい」「対面のほうが相手の反応が分かる」「相手の忙しさや状況に応じて気遣うことができ、円滑にコミュニケーションが取れる」などの声が寄せられています。

【TOPICS】

  1. 上司とのコミュニケーションは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が6割を超える
  2. 同僚とのコミュニケーションは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が7割を超える
  3. 社内会議は「オンライン」が好ましいと回答した20代が半数に迫る。「対面」は25.9%に留まる結果に
  4. 商談・社外の関係者との打ち合わせは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が半数に迫る

【調査の背景】
コロナ禍で「リモート会議」や「オンライン商談」が普及し、ビジネスシーンにおいて欠かせないものになりました。実際のコミュニケーションにおいて、ビジネスパーソンは「オンライン」と「対面(オフライン)」どちらのコミュニケーションを、より重視しているのか。デジタルネイティブ世代と呼ばれ、「オンライン」でのコミュニケーションにも慣れている20代がどのように感じているのか、アンケートを実施しました。

(1) 上司とのコミュニケーションは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が6割を超える
上司とのコミュニケーションは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が62.0%に上りました。「直接のほうが微妙なニュアンスなどは分かりやすい」「報告や連絡は、チャットやオンラインでも対応できるものの、相談は対面のほうが良いと思う」「直接フィードバックをもらえると励みになる」などの声が上がりました。中には、「上司がオンラインツールを使いこなせていないので、対面のほうがスムーズにコミュニケーションを取れる」「上司がオンラインよりも対面を好んでいる」といった指摘もありました。

(2) 同僚とのコミュニケーションは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が7割を超える
同僚とのコミュニケーションは、「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が、72.9%に上りました。「オンライン」(16.2%)の4.5倍となっており、多くの20代が「対面」でのコミュニケーションを希望していることが分かります。また、「対面」を希望する割合は、「上司とのコミュニケーション」よりも10.9ポイント高くなりました。「直接話したほうが、アイディアが浮かびやすい」「対面のほうが相手の反応が分かる」「対面のほうが、忙しそうなときを避けて声をかけたり、状況に応じて相手を気遣う言葉をかけるなど、円滑なコミュニケーションが取れると思う」などの声が寄せられました。「どちらとも言えない」と回答した20代からは、「オンラインでも良いものと、対面で話したほうが良いことがある」「オンラインでもリアルでも、合意したことはチャットに残すなど仕事を進めるために工夫することは変わらないと思う」などの声があがりました。

(3) 社内会議は「オンライン」が好ましいと回答した20代が半数に迫る。「対面」は25.9%に留まる結果に
社内会議は「オンライン」が好ましいと回答した20代が49.4%に上りました。「対面(オフライン)」は25.9%に留まり。社内会議は「オンライン」のほうが好まれていることが分かります。「特に多くの人が集まる会議は、オンラインのほうが日程調整をしやすい」「オンラインのほうが脱線せず、生産性の高い仕事ができると思う」「ブレストは対面のほうが良いものの、連絡や共有がメインの打ち合わせはオンラインで対応可能だと思う」などの声が寄せられました。

(4) 商談・社外の関係者との打ち合わせは「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が半数に迫る
商談・社外の関係者との打ち合わせは、「対面(オフライン)」が好ましいと回答した20代が、約半数にあたる47.4%に上りました。「対面のほうが雑談をしやすく、相手のことを良く知れると思う」「対面のほうが印象に残り、覚えてもらいやすい」「営業する場合は対面のほうが誠意を伝えることができるし、逆に営業を受ける場合も、対面のほうが信頼してお任せできるかを判断できる」などの声が寄せられました。一方、「最初は対面で、関係性が築けたらオンラインでも対応可能だと思う」「サービスの紹介はオンラインで、提案は対面でなど、ケースに応じて適した方法を選びたい」などの声も上がっており、目的によって使い分けたいという意向もうかがえます。
 

■調査概要
・調査期間:2022年7月29日~2022年8月6日
・調査機関:株式会社学情
・調査対象:20代社会人(20代専門転職サイト「Re就活」のサイト来訪者)
・有効回答数:247名
・調査方法:インターネットでのアンケート調査
※各項目の数値は小数点第二位を四捨五入し小数点第一位までを表記しているため、択一式回答の合計が100.0%にならない場合あります。
 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(株式会社学情 / 8月17日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。