無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2022/06/21

2024年卒学生の職業意識とインターンシップ等に関する調査

株式会社ディスコ(本社:東京都文京区、代表取締役社長:新留正朗)は、キャリタス就活2024登録学生(2024年3月卒業予定者)を対象に、インターンシップの参加意向や就職に関する意識などを調査しました。また、コロナ禍の影響を大きく受けた大学生活についても併せて尋ねました。
(調査期間:2022年5月18日 ~5月25日、回答数:1,189人)
 

<主な内容>
1. インターンシップ等への参加意向
2. 参加したいプログラム(種類/形式/時期)
3.参加したい内容と期待する成果
4.インターンシップ等への参加方針
5.参加企業を探す手段
6.現時点で興味のある仕事・業界
7.興味を持ったきっかけ
8.コロナ禍での大学生活
9.望ましい就職活動の形式
10.就職戦線の見方


<調査概要>※一部抜粋

1. インターンシップ等への参加意向
大学 3 年生(修士 1 年生)の 5 月中旬時点での、インターンシップや仕事研究プログラム等への参加意向を尋ねた。「参加したい/参加する予定」が 9 割を超え(94.5%)、参加意欲の高さが顕著に表れている。 

2.参加したいプログラム(種類/形式/時期)
インターンシップ等に参加意向がある学生(全体の 94.5%)に、参加したいプログラムの種類を尋ねた。
「インターンシップ」「1Day 仕事研究プログラム」がともに 9 割近くに上り、就業体験を伴うプログラムを希望する学生が大半だ(それぞれ 89.9%、86.9%)。一方、就業体験を伴わない「業界研究・会社研究プログラム」は、半数未満(49.4%)。
続いて、参加したい形式を尋ねた。「対面とオンライン両方」への参加を希望する学生が 8 割近くに上る(77.2%)。「オンライン形式のみ」は 6.6%とわずかで、大半の学生が対面での参加機会を求めていることがうかがえる。
参加したい時期は、「8 月」(95.2%)、「9 月」(84.0%)に集中しているのが目立つ。現時点では、夏季休暇中の参加を目指している学生が圧倒的に多いことがわかる。 

3. 参加したい内容と期待する成果
具体的に参加したいプログラム内容としては、「業界や企業の概要を理解できるもの」が最も多く、8 割
強に上る(87.7%)。次いで「実際の職場を見ることができるもの」(82.1%)、「実践的な仕事を経験できるもの」(72.5%)が続く。インターンシップ等のプログラムを通じ、業界や仕事内容について理解を深め、就職先の志望を定めたいという学生の考えがうかがえる。
なお、理系は「自分の専攻分野と関連があるもの」が 53.8%で、文系に比べ 20 ポイント以上高い。 

5.参加企業を探す手段
参加企業を探す手段について、今後の予定も含めて尋ねたところ、「就職情報サイト」が突出して多かった(96.0%)。続く「インターンシップイベント(オンライン)」は 7 割が選んだ(70.8%)。一方で、「インターンシップイベント(会場型)」が 6 割近くに上り、対面での参加を希望する学生も少なくない。「学内(求人票・キャリアセンター)」も半数近くが選ぶなど、様々な手段を活用し、情報収集をしている様子がわかる。 

9.望ましい就職活動の形式
この先の、インターンシップをはじめとする就活準備や、セミナー・面接などの就職活動について、対面とオンラインのどちらの形式で進めたいかを尋ねた。「どちらかというと対面中心がよい」が最も多く、4 割を超える(43.1%)。「対面中心がよい」(18.7%)と合わせると 6 割超に上り(計 61.8%)。
対面の機会を求める学生が多いことがこのデータからも読み取れる。ただし、理系・院生では、「どちらかというとオンライン中心がよい」(48.9%)、「オンライン中心がよい」(6.0%)を合わせて 5 割強(計 54.9%)。研究と両立させるためにも、オンライン中心の活動を希望する学生が多いと見られる。 


【調査概要】
調査対象 : キャリタス就活2024会員(2024年3月卒業予定の全国の大学3年生・大学院修士課程1年生)
調査時期 : 2022年5月18日~5月25日
調査方法 : インターネット調査法
回答者数 : 1,189人(文系757人、理系・学部生 299人、理系・大学院生133人)
調査機関 : 株式会社ディスコ キャリタスリサーチ

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ディスコ/6月13日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。