無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2022/01/27

インターンシップに関するアンケート調査

年間1,500回以上の就職マッチングイベントを行う株式会社DYM(読み:ディーワイエム、本社:東京都品川区、代表取締役社長:水谷佑毅)は、都内で開催した新卒紹介イベント『Meets Company(ミーツカンパニー)』に参加した就職活動中の学生を対象に行った、インターンシップに関するアンケート調査の集計結果を本日、2022年1月20日(木)に発表いたします。

2021年9月14日(火)~12月30日(月)に行った621名への調査では学生が希望するインターンに最適な期間は「3日」、実際の参加回数は「5回」がトップになり、短期集中で複数のインターンを経験して企業研究や業界研究をする結果となりました。


■「インターンの最適な期間」は3日が46%でトップ、1日も21%
「インターンに参加する場合、最適だと思う期間?」という質問に対して、「3日」が46%でトップ、2位が「1週間」、「1日」で21%でした。1か月以上の長期については合計しても全体11%と短期のインターンシップを希望している結果となりました。

参加回数については「5回」が36%でトップ、逆に「0回(参加していない)」が20%で2位となるなど「インターンシップへの参加意欲が学生によって差がでる結果となりました。

■希望は「社員との交流」と「実際の業務体験」。「社会人としてのマナーの講義」の要望も
「インターンシップに求める内容は?」という質問に対して、「社員との交流」が26%で1位、「実際の業務体験」が24%で2位となりました。「プレゼンや企画立案などのグループワーク」が18%で3位、「選考で有利になる事」が14%で4位という結果となりました。
また、「社会人としてのマナーなど講義やレクチャー」を希望する声(7%)もあり、社会に出る前の「社会人としてのふるまい」の勉強の場としてのインターンを考えている学生もいました。

インターンシップに求める内容については参加理由についての質問を反映した結果となりました。「インターンシップに参加しようと思った理由は?」の質問では「企業研究のため」が23%でトップ、2位以下は「業界研究のため」19%、「志望企業の雰囲気が知りたかったため」17%と、就職先企業・業界研究がインターンの目的の多数を占める結果となり、半数以上の学生がインターン先を「就職候補・業界」としての企業選択のための情報収集と選択の場と考えている結果となりました。
よって、「インターンシップに求める内容も「参加しようと思った理由」の「目的達成のため」に「社員からの直接情報収集、関係構築」と「自分のアピールの場」の設定がアンケート結果の上位になりました。

■インターンは「企業イメージ向上」の場
「満足なインターンを経験できた場合、その企業への志望度はあがりますか?」の質問では「はい」が95%を占め、インターンの満足度が「企業イメージの向上」につながる結果となりました。

ただし、「いままで参加したインターンシップで意味がなかったと感じた事がある」の質問では24%が「はい」と回答しており、インターンシップの対応ではマイナスのイメージになる可能性もある結果となりました。

希望の参加形式では「リアル(対面で参加)」が49%でトップ、「オンラインとリアル(対面)でのハイブリット型が24%と、73%が「何らかの形での対面」を希望しています。リモートワークが進む中でもインターンは「対面要素」を入れる事で学生の満足度が向上します。2021年10月14日発表の「就職活動に関するアンケート結果」で面接も対面(オフライン)での希望が多いのと同様の結果です。

インターンシップに参加する最適な時期は「大学3年生」で全体の77%を占めます。
時期は「6~8月」が51%と最も多く、次いで「9~11月」の17%ですが、回数をこなし、複数のインターンを経験したい学生にとっては「受け入れ期間」の設定も満足度向上の要素となります。


■人材事業部責任者コメント「インターンシップは企業・学生の相互の選考の場になりえる」(株式会社DYM 人材事業部 常務取締役 沖之城雅弘)
年間延べ4,000人以上の学生の就職をサポートしている、当社人材事業部責任者の沖之城は、以下のように分析します。

「インターンシップは学生にとっても企業にとっても選考の場になっています。企業側の負担も多いと思いますが、「学生から選ばれる企業」になるには、インターン学生の満足度を高める必要があります。特に複数回インターンを経験する学生にとっては「自分の目で見て、体験をした上での企業選択」をするので、採用に苦労されている企業のとってはインターンシップの充実を検討されてはいかがでしょうか」

※本プレスリリース内容の転載にあたりましては、「新卒紹介事業を行うDYM調べ」もしくは 「DYM調べ」とご記載くださいますよう、お願い申し上げます。


【調査概要】
タイトル: インターンシップに関するアンケート調査
対 象 : 『Meets Company』に参加した就職活動中の学生(22卒・23卒)
期 間 : 2021年9月14日(火)~2021年12月30日(月)
方 法 : アンケート用紙による調査
地 域 : 東京都内
提出数 : 有効回答 621件
実施機関: 株式会社DYM


◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社 DYM/1月20日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。