ニュース
人事サービス その他人事サービス
掲載日:2021/03/26

「コロナ禍の仕事場所」アンケート調査

全国35拠点でバーチャルオフィス「ワンストップビジネスセンター」を展開し起業支援を行う、株式会社ワンストップビジネスセンター(代表取締役:土本真也、本社:東京都港区 以下「当社」)は、このたび、起業家・フリーランサーなどの508名に対し調査を行いました。
2020年3月13日の「新型コロナウイルス対策の為の特別措置法」成立から約1年が経過しました。この1年間で働き方はもちろん、働く場所にも大きな変化が生じています。
そこで今回、バーチャルオフィスを運営する「ワンストップビジネスセンター」では、起業家508名を対象に、『コロナ禍での働く場所についての調査』を実施しました。

※調査対象:20代以上のバーチャルオフィスユーザー(起業家・フリーランサー・副業家など)
調査期間:2021/2/22~3/4


■自宅で仕事をしている人が85%!
『主にどこで仕事をしていますか?』という質問に対し、自宅と答えた人が85%と一番多く、次いで『会社(または個人)の事務所』『カフェ』『シェアオフィスやコワーキングスペース』が多い事が分かりました。
新型コロナウイルスの影響もあり、人との接触を減らすためにも、自宅で仕事を行う人が多いという結果になりました。


■働く場所が変わった人が約45%!
『コロナ禍で仕事をする場所が変わりましたか?』という質問に対し、45%が変わったと回答。
起業家の多くは、コロナ禍以前から自宅で仕事を行う傾向にありましたが、コロナ禍ではさらに自宅で仕事をする人が多くなった事がわかりました。


■90%以上が自宅での仕事時間が増えたと回答!
コロナ禍で仕事をする場所が変わったと答えた226人は『どのような変化がありましたか?』という質問に対し、210人が自宅での仕事時間が増えたと回答。その一方で、29人がシェアオフィスを解約したと回答。26人が新たにシェアオフィスなどを契約しており、シェアオフィスを使っている人の入れ替わりがあったことが分かります。


■60%以上の人が集中したいときの仕事場所に自宅を選択!
『集中したいとき、どこで仕事をしたいと思いますか?(複数回答可)』という質問に対し、約60%の人が自宅で仕事をしたいと回答。次いで、『会社(または個人)の事務所』、『カフェ』で仕事をしたい人が多いという結果になりました。
仕事を自宅で行っている人が多いのは、集中できる場所が自宅だからという事が分かりました。


■集中して仕事を行うポイントは静かさ!
『集中して仕事ができるための条件(アクセス・利便性、雰囲気、設備など)を教えてください。』という質問に対し、約30%(147人)が静かな場所が集中出来ると回答。反面、適度な雑音があるといいと答えた方も15人。「音」は集中するために重要な要素だということがわかりました。その他に、Wi-Fi環境が整っているなど、昨今オンラインでの会議などが増加した為、インフラの環境を重視する声も多くありました。

その他、新型コロナウイルスの影響もあり、自宅から近い場所や公共交通機関を使わなくて良い場所、車で行ける場所など、人との接触を出来る限り少なくしたい人の声も多数ありました。

今回のアンケート調査にて、起業家の多くは自宅で仕事を行っており、事務所などの自宅とは別の仕事場所を必要とする人が少なくなってきているという結果になりました。
また、自宅であれば、インターネット環境を自ら整える事も出来、静かな環境も作りやすい事から、自宅で仕事を行う人が多いことが分かりました。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ワンストップビジネスセンター / 3月17日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。