ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2021/01/28

データ分析関連人材規模に関する調査を実施

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、国内データ分析関連人材規模を調査し、現況やデータ分析関連人材職種別の動向、および将来展望を明らかにした。


2020年度の国内データ分析関連人材規模は89,800人の見込、2023年度には141,900人に達すると予測
~データ・ドリブン経営の浸透に向けた動きを背景に関連人材規模は急拡大~

1.市場概況
各種センサーやスマートデバイス等の普及により膨大なデータを収集、分析することで、これまでにない知見を含めた課題解決方法への期待が高まっているなか、データをもとに意思決定を行い、経営に生かすデータ・ドリブン経営を打ち出す企業が増えてきている。こうしたなか、データ分析関連人材(分析コンサルタント、データサイエンティスト、分析アーキテクト、プロジェクトマネージャー)が注目されており、なかでもデータサイエンティストは最も重用される人材ともいわれる。

現下、データ分析関連人材を取り巻く環境整備が進んでいる。制度面では、営業機密などの産業データ、個人情報ともに法環境が整ってきている。また、教育面においては、内閣府の「AI戦略2019」を踏まえ、人材の輩出に向けて小中高の学習指導要領を改訂したほか、大学においてもデータサイエンス学部・大学院の設置やデータサイエンス教育の強化に向けた取組みが進むなど、短期・中長期的な教育環境の変革に取組んでいる。


企業の動向としては、現在、早急にデータ分析関連人材の体制を構築すべく、中途採用の動きが活発化しているものの、当該人材そのものは全般的に不足している。そのため社内のシステムエンジニアや理系人材を中心に、リカレント教育(※)を通じて人材育成する動きが活発化している。

※リカレント教育とは社内もしくは社外(大学や企業などの教育機関)において社会人向けに再教育の場を提供する制度


2.注目トピック

IT事業者は優秀な人材確保の仕組みづくりが、ユーザー企業ではデータ活用に向けた動きが加速

大手IT事業者を中心に、主に中途採用希望者や優秀な大学院生などを対象に、高額な年俸を提示する採用プログラムなども打ち出し、優秀な人材の確保を積極的に行っている。また、新卒採用者向けには社内向け研修としてデータ分析などに向くプログラミング言語であるPython(パイソン)研修をはじめ、さまざまな研修の整備、充実化を図っている。

一方、製造業や小売業をはじめとしたユーザー企業は、データ・ドリブン経営の浸透を図るべく、データサイエンティストをその指南役として位置づけ、データサイエンティストの育成と併せて、現場の従業員を対象にしたデータ分析関連の研修の整備にも力を入れる傾向にある。このほかデータ分析で先行する金融業界では、データサーエンティストを活用した分析支援サービスの提供を開始するなどの先行事例がある。このようにユーザー企業では、社内での業務効率化やデータを活用した製品の改善のほか、社外向けにはデータ分析を軸とした新規ソリューションを提供するなど、積極的なデータサイエンティストの活用に向けた動きが目立つ状況となってきている。

また、IT事業者やユーザー企業のデータサイエンティスト育成を支えるべく、教育事業者の動きも加速している。大学の子会社やデータ分析に強みを持つ事業者を中心に経済産業省の「第四次産業革命スキル習得講座認定制度(Reスキル講座)」を背景として、多くの教育プログラムが認定を受けており、データサイエンティストの育成を強力に後押ししている。


3.将来展望
2023年度の国内データ関連人材規模(人数ベース)は141,900人に達すると予測する。

データ関連人材について職種別(分析コンサルタント、データサイエンティスト、分析アーキテクト、プロジェクトマネージャー)にみると、AI やIoTなど分野を問わず、データ分析案件が増えていることから、いずれの職種も伸びていくと考える。

また、IT事業者、ユーザー企業ともにデータサイエンティストの人材採用、及び育成に向けて引き続き積極化していく点に加えて、データサイエンティスト支援ツールが多く登場することにより育成のハードルが下がる点や、モデルをシステムに落とし込むアーキテクチャが増加していく点などの理由から、今後データ関連人材規模は拡大していくものとみる。


■調査要綱
1.調査期間: 2020年10月~12月
2.調査対象: 国内におけるIT事業者、ユーザー企業および教育事業者等
3.調査方法: 当社専門研究員による直接面談、電話・e-mailによるヒアリング、ならびに文献調査併用

<データ分析関連人材規模とは>
本調査におけるデータ分析関連人材とは、データ分析プロジェクトに携わるチームを構成する、①分析コンサルタント(分析案件におけるデータ活用戦略などの策定に関与)、②データサイエンティスト(データ収集やプログラミング言語を用いた分析に基づくモデルの開発などに関与)、③分析アーキテクト(データサイエンティストが開発したモデルをシステムに実装するフェーズに関与)、④プロジェクトマネージャー(データ分析案件の統轄)という4人材を対象とし、その合計を人数ベースで算出している。

<市場に含まれる商品・サービス>
①分析コンサルタント、②データサイエンティスト、③分析アーキテクト、 ④プロジェクトマネージャー

 

■お問い合わせ先
部署:株式会社矢野経済研究所 マーケティング本部 広報チーム
住所:〒164-8620 東京都中野区本町2-46-2
電話番号:03-5371-6912
メールアドレス:press@yano.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社矢野経済研究所 / 1月27日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。