無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
企業人事部 人事労務・管理
掲載日:2020/12/15

「仕事と病の両立」に関する実態調査を実施 ヤンセンファーマ

ヤンセンファーマによる「仕事と病の両立」実態調査
8割以上が「ワークシックバランス」の重要性に共感したことを発表
働く日本人の3人に1人が持病を抱えているとの推定も明らかに



ヤンセンファーマ株式会社は本日、全国の就労中の男女1000人を対象に
「仕事と病の両立」に関する実態調査を実施した結果、
8割以上が「ワークシックバランス」の重要性に共感しているものの、
実際のサポートや体制に関しては、何らかの疾患を抱えている人(375人)と
その周囲の人(625人)の間にコミュニケーションギャップがあることを発表しました。

=========================================
〈 調査結果 〉


1.「ワークシックバランス」という新しい考え方について
■ワークシックバランスへの共感
■仕事と病の両立に対する理解
■持病を抱える人のうち「ワークシックバランス」がとれていると回答したのは68%
■自身の会社が「ワークシックバランス」の実現を推進していると考える人は約半数

2.「仕事と病の両立」の実態
■働く人の約3人に1人が定期的な通院が必要な持病を抱えている事実が明らかに
■持病を抱えて働く人の半数以上が日常や仕事に影響があると回答
■持病がもたらす仕事への影響

3.「仕事と病の両立」が実現される世の中に向けて
■持病を持つ人の働き方
■周囲の意識

〈 調査概要 〉
調査方法  : インターネット調査
調査会社  : 楽天インサイト
調査対象者 : 性別  男女
       エリア 全国
       年代  29歳~69歳の就労中男女 
調査期間  : 2020年10月19日~10月23日
=========================================
 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。
(ヤンセンファーマ株式会社 / 12月14日発表・同社プレスリリースより転載)