企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2020/10/09

「中途採用実態調査(2020年)」を発表

株式会社マイナビ(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:中川信行)は、2020年1~7月に中途採用を行った企業の人事担当者を対象に実施した「中途採用実態調査(2020年)」の結果を発表しました。


WEB面接導入企業は、対面選考のみの企業よりも採用満足度が高い結果に

<調査概要>

新型コロナの影響により、2019年12月と比較した中途採用の実施計画は、「増やす」が計7.4%、「減らす(中止含む)」が計24.9%。一方で48.5%の企業が依然として人手不足を感じていると回答した。今後の中途採用意向としては、「積極的になる」が計23.3%、「以前と変わらない」が39.1%となり、62.4%が採用意欲は「高まる」もしくは「継続」としている。売り手市場が弱まる一方、依然として人手不足感は残るため、採用意欲が高い企業も存在している。

2019年12月以前は75.0%の企業が対面のみで面接を行っていたが、2020年5月には25.9%にまで減少した。6月以降は対面の割合がやや戻ってきているが、それでも7月時点で計43.3%がWEBでの面接を行っており、2019年12月以前(19.3%)の2倍以上の導入率となっている。
WEB面接に対して、「満足」「不満」がそれぞれ50%前後で拮抗し課題はあるものの、計87.3%の企業が「今後も利用する」としており、採用手法として定着が予想される。

WEB面接実施企業は、対面面接のみの企業に比べ、採用者に対して入社後にプラスのギャップを感じる割合が高かった。また、「内定者に質・量ともに満足」と回答した企業の60.0%はWEB面接を導入しており、採用満足度が高い企業ほどWEB面接の導入率が高い傾向だった。


【総評】
新型コロナの影響を受け中途採用を「減らす」「中止」と回答した企業が2割強あったものの、48.5%の企業が依然として人手不足を感じています。6割以上の企業が「従来通り」または「それ以上の採用を行う」予定で、依然として採用意欲の高い企業も存在する結果となりました。

また、コロナ禍で対面面接の割合が下がり、WEB面接が急速に普及したことも調査結果から明らかになりました。WEB面接には「求職者の人柄が分かりにくい」などの課題もあるものの、約9割の企業が今後も利用すると回答し、採用手法として定着していくことが予想されます。

さらに注目すべきは、WEB面接を導入している企業ほど、採用した人の入社後のギャップを「良いギャップ」と感じており、採用に満足している企業が多いことです。
これは、対面での面接が組みづらい他地域の人との面接が可能になったことや、WEB面接に対してポジティブな印象を持ちやすい若手求職者からの応募が増えていることから、今までにない人材に出会う機会が増え、採用の満足感につながったと推察しています。(『マイナビ転職』編集長 荻田 泰夫)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社マイナビ / 10月6日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 会社の法律Q&A 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


「働き方改革」実現を目指した “知の交流”<br />
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

「働き方改革」実現を目指した “知の交流”
「TOKYO働き方改革宣言企業」交流会

今や「働き方改革」は、企業にとって最も重要な課題の一つとなっている。多...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会