企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2020/09/30

【ミドル・シニア8,000人調査】5割以上が「定年後、働きたかった」と回答

ディップ株式会社(以下「当社」)のディップ総合研究所は、55〜79歳の男女8,000人(※1)を対象に「定年後の就業意向・就業実態調査」を実施しましたのでご報告致します。
※1 本リリースでは、調査対象者のうち、主に正社員として就業し定年退職をしたことがある(3,743サンプル)の結果を使用

■調査結果
1. 5割以上が「定年後、働きたかった」と回答、そのうち6割強が現在も就業している
2.60~64歳は「定年後、働きたくなかった」人も4割弱が就業中
3.今後の仕事探しについては、「仕事探しの可能性が高い」割合は1割強に留まる


■調査結果からわかる60~79歳定年後の就業実態
9月23日公開の55~64歳定年後の就業意向調査に続き、定年後(60~79歳)の就業実態が明らかになりました。
「定年後、働きたかった」人のうち、今も就業している人が6割以上、そのうち60~64歳は9割超と、この年代は継続して働くことが常並みになってくるでしょう。また、新たな仕事探しをする可能性が高いと回答したのは1割程度に留まっており、定年退職後は継続して就業する、もしくは1回の転職となる割合が多いことが想定されます。就業実態や今後の仕事探しの理由を知ることで、再雇用、雇用延長、新たな採用を検討するヒントになりそうです。

■調査概要
調査設計・分析:ディップ総合研究所 ディップレポート編集室 川上由加里
調査名:ディップ総合研究所 「60〜79歳定年後の就業実態調査」
調査手法:インターネット調査(楽天インサイト利用)
調査期間:2020年8月21日(金)~2020年8月24日(月)
調査対象者:47都道府県内の55〜79歳の男女(定年退職後:正社員として就業し定年退職をしたことがある47都道府県内の60~79歳の男女)
有効回収数:8,000サンプル(正社員として就業し定年退職経験者:3,743サンプル)

※当調査結果を引用・転載される際は、下記表記をお願いいたします。
出典:60〜79歳定年後の就業実態調査
※インターネットメディアへご掲載いただく場合は、ディップ総合研究所TOPページまたは、アンケート調査結果ページのURLを記載ください。
 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ディップ株式会社 / 9月28日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

新しいエクスペリエンスの時代へ- タレントデータの活用と働き方の未来 -

タレントデータの一元管理や活用はもとより、いま、企業人事にも、社員一人...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会