企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2020/07/03

オンラインの採用面接で自社の魅力をアピールするための8つのポイント

外資系人材紹介会社ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社(本社:港区、マネージング・ディレクター:リチャード・アードリー、以下ヘイズ)はこの度、急増しているオンラインでの採用面接において、企業がどのようにすれば自社の魅力を求職者に伝えることができるか、自社の採用コンサルタントにヒアリングを実施し、その結果をまとめました。

従来の対面での面接では、実際にオフィスを見たり、社員と直接話をすることで、求職者は企業の雰囲気を把握することが可能でしたが、オンライン面接では、企業の雰囲気を知る事が困難になります。
この課題を克服するために企業が取れる対策とは。

世界で活躍するヘイズの採用コンサルタントへのヒアリングを以下にまとめました。


■オンライン面接で企業が自社の魅力を伝える8のポイント

1.企業が従業員へ提供できる価値を確認し、柔軟な働き方への取り組みを強化する
エンプロイヤーブランドを効果的に伝えるために、まず着手すべきことは、企業が従業員へ提供できる価値を評価し、今後、従業員のニーズに合わせてどのように変化すべきか明確にすることです。特に新型コロナウィルスのように大規模な危機が発生した後は、従業員の働き方や、モチベーションにも影響が現れるとみられます。セルフケアやウェルビーイング(心身ともに良好な状態)を重視する従業員も出てくると予想され、柔軟な働き方やワークライフバランスへの取り組みをさらに強化する必要があります。

2.バーチャルオフィスツアーを実施する
ビデオを通じて求職者に対面式の面接の疑似体験を提供するのもお勧めです。事前にオフィスの様子がわかる動画を作成して求職者に送信したり、室内の撮影が可能であれば、その動画を面接中にライブ配信しても良いでしょう。従業員の安全とウェルビーイングに配慮して職場の環境整備を行っていることを強調できる絶好の機会になるかもしれません。

3.会社紹介動画を作成する
採用担当者や面接担当者に対し、オンライン面接実施前に会社紹介のショートビデオを作成して送信するよう奨励しましょう。その中で、なぜ今回の人材募集を行うのか、また、そのポジションがどのように会社の目的達成に関わっているのか伝えることも重要です。バーチャル面接では伝えきれない親しみやすさを加えるのも良いでしょう。

4.上級管理職を動画や記事で紹介する
対面式の面接では、時として求職者に他の上級管理職と面談する機会が与えられることがありました。この代わりとして、上級管理職の動画や、紹介・特集記事が掲載されたページのリンクを送信することも可能です。

5.「バーチャルコーヒータイム」で部署のメンバーを紹介する
対面式の面接では、求職者は、将来一緒に仕事をするメンバーに会い、部署の雰囲気を理解したり、会社をより身近に感じることができました。オンライン面接でもこうした機会を確保することが大切です。面接が終わる頃に、部署のメンバーに参加してもらったり、『バーチャルコーヒータイム』を後日設定することもお勧めです。

6.面接中に積極的に「雑談」を取り入れる
オンライン面接を不安に感じたり、緊張して上手く自分を表現できないと感じる求職者にとって、今回の危機は非常に困難な課題を投じたと言えるのかもしれません。このような時期だからこそ、企業は雇用主として、求職者に配慮していることを示すことができます。面接の開始時に、求職者がどのように感じているのかを質問し、オンライン面接について不安がないかを確認してください。また、質問を促すなど、求職者がリラックスできるよう、可能な限り対応することが重要です。

7.従来とは異なるタイプの質問を
面接では従来と異なる質問も検討しましょう。例えば、ハイブリッドな働き方(オフィスワークとテレワークを併用する勤務体系)が普及すれば、『独立して仕事がしたいですか?それとも、チームの一員として働くことを希望しますか?』といった内容が適しているかもしれません。今後は、順応性やコミュニケーション能力などの資質も重要になります。こうしたソフトスキルを審査する質問をしてみることも有効です。

8.応募者にサンプル製品などを送る
面接前に、求職者にブランド製品の試供品やノベルティ商品を送付するのも良いでしょう。サービス業界の企業であれば、動画や顧客からの好意的なコメントを送付し、自社のビジネスを実感してもらうのも効果的です。


ヘイズ・ジャパンのマネージング・ディレクター、リチャード・アードリーは次にように述べています。「新型コロナウィルスの蔓延で、ビジネスの世界は大きな影響を受けました。この潮流に対処するためにも、企業は、その立ち位置や何を提供できるかについて、バーチャルやリモートで伝達していくことが一段と求められるようになります。革新的で共感を呼ぶ方法で伝達することに成功できれば、企業はエンプロイヤーブランドを高めるだけでなく、適切な人材を引き付け、新しい働き方が求められる時代で勝ち残っていくことができるでしょう。」

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ヘイズ・スペシャリスト・リクルートメント・ジャパン株式会社 / 7月2日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

無料ウェビナー8/25コーナーストーン主催

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


管理職1年生日記 (第3回)

管理職1年生日記 (第3回)

ほとんどの会社では、新任管理職を対象とした「管理職研修」を行っているこ...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会