企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2020/06/09

「英語のスピーキングに関する実態と意識」調査結果

日本でTOEIC(R) Programを実施・運営する国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)は、「英語のスピーキングに関する実態と意識」について、学習方法は問わず、現在英語学習をしている全国の20代~50代のビジネスパーソン男女500名を対象に調査を実施いたしました。


【調査結果サマリー】

  • 英語で話すことが好きな人は85.2%、嫌いな人は14.8%。
    好きな理由は、1位「外国人と意思疎通ができるから」、2位「外国人と親しくなれるから」
    一方で、英語で話すことが得意な人は47.8%、苦手な人は52.2 %。
     
  • 英語の4技能において、スピーキングが一番難しいと回答した人は55.8%。
    また、一番伸ばしたいと思っているものにスピーキングと回答した人は66.6%。
     
  • 自身の英語の発音に自信がないと回答した人は55.6%
    また、自身の英語の発音に自信がないため、「英語で話したくない」と思ったことがある人は64.4%。
     
  • ネイティブのような発音で話せるようになりたいと思っている人は90.0%。
    ネイティブのような発音で話すことができるようになったら積極的に英語で外国人に話しかけたいと思っている人は89.2%。
     
  • 英語でのコミュニケーションにおいて、外国人と意思疎通をはかるために重要だと考えていることは、1位「伝えたいという気持ち(25.8%)」、2位「語彙力(23.4%)」、3位「発音(22.4%)」。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(一般財団法人 国際ビジネスコミュニケーション協会 / 6月8日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


顔と名前の一致”が組織を強くする<br />
 シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

顔と名前の一致”が組織を強くする
シンプルな仕掛けで人事・組織の課題を解決する「カオナビ」とは

企業は成長を目指すのが常ですが、成長するほど見えなくなってしまうものが...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。<全講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会