企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 
人事サービス雇用・採用2020/02/25

英語レベル「上級」では、年収1,000万円以上が約60% 英語レベルと年収の高さに相関関係

日本最大級のグローバル人材に特化した人材紹介・人材派遣会社のエンワールド・ジャパン株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:ヴィジェイ・ディオール)は、エンワールド・ジャパンのサービス登録者で、現在、正社員で働いている方(※1)を対象に「英語レベルと年収」についてアンケートを行い、1,928名から回答を得ました。 
※1 英語を母国語とする方を除く


【調査結果 概要】
■ 英語レベル「上級」では年収1,000万円以上が約60%。「初級」では約10%
■ 英語レベル「ビジネス」以上と「中級」以下で、英語を使う業務の幅に大きな差
  社内会議での英語使用は「ビジネス」で60%以上、「中級」では30%未満


【調査結果 詳細】
1.英語レベル「上級」では、年収1,000万円以上が約60%。「初級」では約10%

現在の年収を伺うと、英語レベル「上級」(流暢)では約60%が1,000万円以上と回答しました。一方、英語レベル「初級」(挨拶レベル)では約10%に留まり、約50ポイントの差となりました。英語レベルが上がるほど、年収の高い割合が大きくなる相関関係がみられました。

国税庁が令和元年9月に発表した「平成30年分 民間給与実態統計調査」では、年収1,000万円以上は給与所得者の5%でしたが、エンワールド・ジャパンが対象とするミドル~ハイクラスの英語レベルが「上級」のグローバル人材では、その約12倍の結果となりました。


2. 英語レベル「ビジネス」以上と「中級」以下で、英語を使う業務の幅に大きな差。社内会議での英語使用は「ビジネス」で60%以上、「中級」では30%未満。

「仕事のどの様なシーンで英語を使用しますか。」と伺うと、英語レベル「ビジネス」以上では、多数の方が「電話対応」、「社内会議」など人との対話が必要な業務を行っていました。一方、「中級」で過半数を上回ったのは、「Eメール」、「レポート・資料作成」となり、読み書きが中心であることが分かります。日常業務である「社内会議」での英語使用は「ビジネス」で約6割なのに対し、「中級」では3割未満にとどまりました。

英語が使えることで職務の範囲が広がり、その結果として給与水準や年収アップにつながっていることが推察されます。

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(エンワールド・ジャパン株式会社 / 2月25日発表・同社プレスリリースより転載)


記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!<br />
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

これまでのやり方では、VUCAの時代を乗り切れない!
いま日本企業に必要な人事マネジメントとは

VUCAの時代となり、あらゆる意味でこれまでの企業経営が見直されていま...


働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術<br />
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

働き方改革の時代に必要な勤務管理システム活用術
システム選定のポイントと導入までの道筋を解説!

2019年4月より大企業に対する適用がスタートした「働き方改革関連法」...


企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代<br />
働くひとのための「眠り方改革」とは

企業が社員の「睡眠改善」に取り組む時代
働くひとのための「眠り方改革」とは

睡眠改善への取り組みが今、注目を集めています。健康への影響にとどまらず...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-春-」を5/12~15、5/22、5/27~28に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会