無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2019/10/29

「食べるマインドフルネス」、『暗闇ごはん』の研修サービスの提供を開始

株式会社ヒューマンブリッジ(本社:東京都中央区、代表取締役 社長執:佐々木拓哉、以下 ヒューマンブリッジ)は、「食べるマインドフルネス」と言われている『暗闇ごはん』の研修サービスの提供を開始します。

■食べるマインドフルネス、『暗闇ごはん』で得られる効果

1:マインドフルネス
情報の約90%を占めていると言われている視覚を遮断することにより、味覚、聴覚、触覚、嗅覚を大いに使い、目の前の食材に集中し食べることにより、マインドフルネス効果が得られます。
マインドフルネスはストレス低減から問題解決力の向上までビジネスにおいて有効な様々な効果が期待され、Googleをはじめ、インテル、Yahoo!、IBMなども社員のメンタル強化のためにマインドフルネスを数年前から導入しています。
また、何年も瞑想をしている僧たちは、左前頭葉前部皮質(幸福感を感じる部分)が、普通の人よりも発達している結果も出ています。

2:コミュニケーション力の向上
人間関係が上手くいかない人、コミュニケーションが苦手な人には「相手に意識が向いていない」と言う共通点があります。
『暗闇ごはん』では視覚情報が得られない分、相手の微細な声の変化、物音を敏感に感じるとることができ、相手の状況を想像する力が鍛えられます。

また、相手のことを呼ぶ際も動作や代名詞では伝わらないので、“名前”でしっかり呼ぶようになるので、親近感も生まれやすくなります。

アンコンシャス・バイアスの排除
視覚情報の90%から人は無意識に先入観を持って判断し、その習慣は思考力の低下、柔軟性の欠如を招くとも言われています。
また、アンコンシャス・バイアスは“偏見”とも言い、ダイバーシティが掲げられている昨今にとって偏見は企業成長の足かせとなりかねません。
暗闇での食事は視覚情報による先入観がない状態で食べることにより、今まで食べられなかった食材が食べられるようになった人もおり、その食材の美味しさに感動をしていました。

<体験者の声>
・暗やみの中は信頼の世界で、相手や周りを“信じる”と、言う感覚に気付かされた。
・いつもそばにある当たり前の存在に対して感動と感謝を感じられた
・自分の今いる境遇を改めてよく見つめ直すことができた


<担当講師>
青江覚峰(あおえ かくほう)

浄土真宗東本願寺派緑 泉寺住職。
カリフォルニア州立大学にて MBA取得。
料理僧として料理、食育に取り組む。
日本初・お寺発のブラインドレストラン「暗闇ごはん」代表。

最大の特徴として、瞑想(マインドフルネス)の修行を何年も行っている僧侶から学ぶことができます。
そして、古来より日本に伝わっている仏教の教えについても学ぶことが出来るので“日本人の心”を学び直せる機会も得ることが出来、体験者から大変好評を得ています。


<本件に関するお問合せ先>
株式会社ヒューマンブリッジ
鈴木友香子
〒104-0031東京都中央区京橋3-9-2宝国ビル4階
TEL:03-6264-4356  FAX:03-6264-4357

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ヒューマンブリッジ / 10月28日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

ニュースジャンル一覧

人材育成・研修(人事サービス)ジャンルのニュース