企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[書籍]

2019/07/10

「治療と職業生活の両立支援」と「健康経営」のために~『プレゼンティーイズム――その意義と研究のすすめ』(武藤孝司:著)星和書店より刊行

株式会社星和書店は、武藤孝司:著『プレゼンティーイズム――その意義と研究のすすめ』を刊行しました。


■内容紹介

近年、わが国でも病気を持つ労働者の増加によりプレゼンティーイズム(狭義は「健康問題に関連した労働生産性損失」)への関心が高まってきている。今後、高齢者の増加、がん等の治療の進歩による辞職しない人の増加、うつ病・適応障害・発達障害などの増加により、さらなる増加が予想される。本書は、プレゼンティーイズムを「健康問題を持ちながら出勤している状態」と広く捉え、この状態が労働者個人やその家族、企業、社会にとってどのような意義を有するのか、という広い視点からみることを提唱する。そして、これまでの主に欧米の研究をわかりやすく紹介しながら、プレゼンティーイズムの意義とわが国での研究の必要性を具体的に説く。プレゼンティーイズムに関心をもつすべての人に。


■本書の概要
プレゼンティーイズム――その意義と研究のすすめ
著者:武藤孝司
価格:本体2,600円+税
発売日:2019年6月18日
ISBN:ISBN978-4-7911-1018-6
ページ数:148頁
判型:A5判 上製


■目次(一部抜粋)
第1章   プレゼンティーイズム研究の歴史
第2章   プレゼンティーイズムの定義
第3章   プレゼンティーイズムの測定方法
第4章   健康問題を持ちながら出勤する理由
第5章   健康問題を持ちながらの出勤の影響
第6章   疾患とプレゼンティーイズムとの関連
第7章   生活習慣とプレゼンティーイズムとの関連
第8章   プレゼンティーイズムへの対応策
第9章   疾患ごとのプレゼンティーイズム対策
第10章 プレゼンティーイズム研究の課題
第11章 プレゼンティーイズム研究のすすめ


■著者紹介
武藤孝司(むとう たかし)
獨協医科大学名誉教授、栃木産業保健総合支援センター所長。新潟大学医学部卒業。医師、医学博士。日本産業衛生学会指導医。慶應義塾大学医学部講師、順天堂大学医学部助教授、獨協医科大学医学部教授を経て現職。専門は公衆衛生学、産業保健。

 

◆書籍の詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社 星和書店 http://www.seiwa-pb.co.jp/index.html / 6月発表)


ニュースジャンル一覧

その他(書籍)ジャンルのニュース

次世代リーダー育成特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

研修費ゼロの人材育成 POSITIVE最新版にAI搭載

注目コンテンツ


次世代リーダー育成特集

さまざまな取り組み方がある「リーダーシップ育成」について手法や外部ソリューションをご紹介します。
コンテンツトップバナー


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


仕事の悩みを抱える社員は90%以上<br />
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

仕事の悩みを抱える社員は90%以上
企業は社員のキャリアをどう支援していくのか

日本社会の少子高齢化、経済のグローバル化の背景の中、M&Aやリストラク...


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-秋-」を11/7・12・13・14・15・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会