ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2019/07/03

4社に1社が「自社研修はスマホで受講可能」~企業研修におけるスマートフォン活用についてのアンケート調査:デジタル・ナレッジ

導入実績1500超を誇るeラーニング専門ソリューション企業、株式会社デジタル・ナレッジ(本社:東京都台東区、代表取締役社長:はが弘明)が運営するeラーニング戦略研究所は、企業の人事教育担当者100名を対象に、企業研修におけるスマートフォン活用についてのアンケート調査を実施し、その結果をまとめた報告書を2019年6月28日に公開致しました。

<本調査結果に見るポイント>
・4社に1社が「自社研修はスマホで受講可能」、小売・建設業などで顕著
・「継続学習に効果」「研修機会増」「受講率アップ」でスマホ活用は拡大基調か
・「PCなしでも受講」「繰り返し学習に」「すきま受講」「現場教育・OJTに生かせる」多くのメリットと2つの課題か
・スマホと親和性の高い「eXラーニング」「マイクロラーニング」へ高まる期待


アンケートの結果、全体の27%が「自社の研修はスマホでも受講できる」と回答し、およそ4社に1社でスマホ活用が進んでいることが明らかとなりました。スマホ活用後の変化としては「効果が出ている(卸売・小売)」「研修機会の大幅な拡大(製造)」「受講率アップ(宿泊・飲食)」などポジティブなものが多く、これまで研修を受けることが難しかった社員・環境でもスマホを使うことで教育が行き届くようになり、スマホならではの教育の在り方が浸透するなど、企業全体の人材育成に影響を与えている様子がうかがえます。

また、スマホ受講できる研修は、社会人マナーやコンプライアンスといった座学内容から語学まで多岐にわたっていますが、注目すべきは「マニュアルや作業手順」「店舗の接客・調理」が含まれている点です。従来のeラーニングはホワイトカラー向けの“知識伝達”が主でしたが、近年では小売や飲食、建設や製造業などの現場スタッフを対象とした“経験学習”――いわゆる「eXラーニング」とよばれる領域にまで広がりつつあるといわれています。今回のアンケート結果はこうした動向を裏付けるものであり、「より実践的な現場教育やOJTに適用可能」なスマホ活用に対する期待値の高さが読み取れます。

一方、研修におけるスマホ活用の課題は「スマホに適したコンテンツ開発」51.9%が最多となりました。一例として、従来PCで受講していた長時間のコンテンツはスマホ受講では敬遠され、数分程度に細分化されたコンテンツが求められる傾向にあります。このように5分程度のコンテンツを短時間で効率的・効果的に学ぶ手法は「マイクロラーニング」とよばれ、eXラーニングと共に注目されている分野です。今後はスマホと親和性の高いこれらの手法が、スマホ活用の本格化と共にますます存在感を増す可能性も考えられます。

すでにスマホ活用を進めている企業の多くが、その範囲をさらに拡大し内容も充実させたいという意図を明らかにした今回のアンケート。調査報告書では、研修におけるスマホ活用の詳細や今後の展望なども明らかとなっており、目まぐるしい環境変化に対応できる新時代の企業研修の在り方を考えるうえで興味深い内容となっています。


▼業種別、従業員数別クロス分析も!詳しいアンケート結果はこちらから
 

【アンケート調査概要】
調査目的:企業研修におけるスマートフォン活用の現状と最新のトレンド、課題を調査する
調査期間:2019年5月9日(木)~5月14日(火)
調査方法:Webアンケート方式
調査地区:全国
調査対象:企業研修にeラーニングを導入している企業の人事教育担当者100名

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社デジタル・ナレッジ https://www.digital-knowledge.co.jp/ /6月28日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。