企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2019/05/30

95.5%の従業員が、会社任せの研修だけではなく自分で学ぶことを決める「自発型学習」が必要と実感~『自発型学習についてのアンケート調査』:Schoo

大人たちがずっと学び続ける生放送コミュニティ「Schoo(スクー)」を運営する株式会社Schoo(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:森 健志郎、以下スクー)は、法人向けオンライン学習サービス「スクービジネスプラン」(以下ビジネスプラン)の利用者を対象に、会社から決められた研修ではなく、学ぶ内容を自分自身で決める自発型学習についてのアンケート調査を実施いたしました。

終身雇用制の継続が難しくなり多様な働き方が当たり前となった現在、自身の成長のために何を学ぶかは自分自身で決める「自発型学習」が重要となっています。

今回法人向けオンライン学習サービスを提供するスクーでは、ビジネスプラン利用者向けに自発型学習の実態調査を実施いたしました。その結果、『企業で働く社会人の95.5%が、自分自身で決めた学習=自発型学習を必要としている』との回答が得られました。


【調査概要】
調査テーマ:自発型学習の実態調査/自社の育成・研修に対する満足度調査
調査対象:ビジネスプラン利用企業に就業する社会人199名
調査方法:インターネット調査
調査期間:2018年11月15日~2019年2月20日
調査主体:株式会社Schoo


【調査サマリー】
●95.5%が、会社任せの研修だけではなく「自分自身で決めた学習(自発型学習)」が必要と実感
●自発型学習をする理由は、現在の仕事でより成果を出したい・スキルアップを図りたいため
●自発型学習を妨げる主な理由は「時間がない」「お金がない」


【調査結果】
■会社任せの研修から、自分で学ぶことを決める自発型学習の時代へ

会社から言われた研修だけではなく、何を学ぶか自分自身で決めた学習が必要との回答が95.5%と、大多数の方が自発型学習の必要性を実感しています(非常にそう思う・そう思うの合計)。理由としてはスキルアップ(33.3%)、成果を出すため(28.9%)といった今の仕事に直結する学習をするには自発型学習がよいという理由のほかに、内面の成長のため(23.4%)、将来の転職や独立のため(15.9%)など、人生100年時代を見据えた長期的な学び直しを視野に入れた回答も見られました。


【調査結果詳細】※抜粋
1.自分の仕事のためには、どちらの方が効果的ですか?
・会社に指示された研修・トレーニング 29.6%
・自分で決めた学習(自発型学習) 70.4%

2.会社から決められた研修や育成以外で、自分自身で決めた学習が必要だと思いますか?
・非常にそう思う 51.3%
・そう思う 44.2%
・どちらでもない 4.5%
・そう思わない 0.0%
・全くそう思わない 0.0%

3.(2で非常にそう思う、そう思うという人のみ)なぜ、自分自身で決めた学習が必要だと思いますか?※複数回答
・現在の仕事と職種でよりスキルアップを図るため 33.3%
・現在の仕事でより成果を出していくため 28.9%
・現在の会社での昇進・出世のため 9.2%
・将来の転職や独立などのキャリアにつなげるため 15.9%
・幅広い人材との交流のため 8.2%
・自分の内面の成長のため 23.4%
・自分が日常の満足感を持ち続けるため 14.5%

4.一週間の中でどれくらい自発型学習に時間をかけていますか?
・1時間未満、あまりかけていない 46.7%
・1時間以上、2時間未満 19.3%
・2時間以上、3時間未満 16.8%
・3時間以上、7時間未満 9.6%
・7時間以上、14時間未満 4.1%
・14時間以上 3.6%

5.自発型学習を実施していくにあたって、阻害する要因になるもの(なっているもの)は何ですか?
・時間がないこと 41.3%
・お金がないこと 19.5%
・目標がないこと 7.0%
・学習すべきことがわからないこと 8.7%
・学習する方法がわからないこと 7.6%
・他のやりたいことの方が強いこと 15.1%
・何が阻害しているのかが自分ではわからない 0.9%

6.今後育成において、会社からはどのような支援をしてもらいたいですか?
・自発型学習のための費用負担 14.1%
・好きな時に学べるオンライン動画研修の提供 17.1%
・就業中に学習することに関する職場理解の促進 12.9%
・自発型学習のための物理的環境の提供 8.0%
・外部の人とも関わって学べる集合研修の開催 6.6%
・社内でのナレッジの蓄積強化 10.5%
・社内での勉強会の開催 7.7%
・社内交流の促進 5.2%
・社外の人たちとの交流の機会の提供 5.2%
・座学での研修の増量 3.8%
・外部講師を招いたセミナーの開催 8.9%

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社Schoo http://corp.schoo.jp/ /5月30日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
人材育成・研修(人事サービス)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

大介護時代、到来!日本の“働き方”を変えるためにICTはここまで進化した

いわゆる団塊世代が75歳以上の後期高齢者になると、日本は「大介護時代」...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会