企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
企業人事部 雇用・採用
掲載日:2019/04/22

職種別の新卒採用でミスマッチを解消し、優秀人材を獲得

 

かつて新卒採用では総合職採用が主流だったが、近年は職種別採用が注目されている。

 

ゲーム事業を中心に展開するディー・エヌ・エーは、通年で職種別採用を実施。2019年卒採用では、7職種を募集していた。特に同社が力を入れるAI人材を獲得するために、2017年には「AIスペシャリストコース」を設置。選考過程を複数設け、応募者がESではなく研究成果やプロダクトを提出することも可能にした。その後は面接や技術試験など、応募者によって異なる選考を実施。選考で高い能力、ポテンシャルが認められた応募者には、基準額を上回る初任給を設定し、内定時に提示することで入社の判断材料にしてもらっている。(労政時報より)

 

自身のキャリアを明確にすることができるため、若手社員からも職種別採用を求める声が多いようだ。日本経済新聞社と就職情報大手のディスコは、2019年1月、大学生時代にディスコが運営する就活サイトに登録し、就職活動モニターをしていた入社1~3年目の社員を対象に共同調査を実施。就職活動を振り返ってもらった結果、「職種別採用」が望ましいとする割合は42.9%で、「職種を限定しない採用」が望ましいとする割合(23.3%)を上回っている。(日本経済新聞より)

 

職種別に選考課題を設定すれば、応募者が職務に求められるスキルやポテンシャルを備えているかどうかをより詳しく確認することができる。ミスマッチによる社員の早期退職を防ぐ手立てとしても有効だろう。戦略的に職種別採用を行うことで、自社の事業に適した人材を採用しようとする企業は今後も増えていくことが予想される。

 


(『日本の人事部』編集部)

 

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
雇用・採用(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


いま、見直される「セルフケア」

いま、見直される「セルフケア」

近年、働く環境が大きく様変わりし、職場におけるストレス要因が増加してき...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会