企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2019/02/19

同一労働同一賃金への対応 自社に合った制度を見直すきっかけに

2020年4月から、企業には同一労働同一賃金が順次適用される。厚生労働省は社内の制度を見直す際の指針を公表しており、施行前に対策を取る企業が増えている。

 

日本通運は今年4月から、同じ条件で働く正社員と非正規社員の待遇格差をなくす。具体的には、都道府県などの単位で置く支店にフルタイムで勤務している非正規社員の賃金形態を、同じ支店に勤める正社員と同じものにする。(日本経済新聞より)

 

 

阪急バスは、これまで契約社員期間を経て正社員に登用していたバス運転士を、今年4月以降、はじめから正社員として採用する。現在、契約社員として勤務する運転士約140人は、4月1日付で正社員に登用する。人手不足が深刻化する中、継続的に人材を確保する狙いもある。

 

 

帝国データバンクが昨年10月に全国2万3076社を対象に実施した「人手不足に対する企業の動向調査」によると、正社員が不足している企業は52.5%に上る。人材の囲い込みも視野に入れた同一労働同一賃金への対策は、今後も法律施行に先立って進みそうだ。

 

 

同一労働同一賃金が適用されるまで残り1年あまり。企業は場当たり的に対応するのではなく、社員が力を発揮できる雇用や賃金形態を考える機会と捉え、納得が得られる改革を行うことが求められるだろう。

 


(『日本の人事部』編集部)


ニュースジャンル一覧

行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


採用の進化を担う リクルートのRPO<br />
経営戦略に貢献する採用活動を実現

採用の進化を担う リクルートのRPO
経営戦略に貢献する採用活動を実現

リクルートキャリアでは、2011年から新しい価値――「採用の最適化」を...


グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

グローバル時代を勝ち抜くために必要な“人材育成とマネジメント”

日本企業はグローバル化を進めるにあたり、長年解決できない課題を持ち続け...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会