企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2019/01/23

所定労働時間内賃金は、全産業平均で380,459円、製造業平均で372,916円、非製造業平均で393,461円~『2018年6月度定期賃金調査結果』:日本経済団体連合会

一般社団法人 日本経済団体連合会は、経団連企業会員および東京経営者協会会員企業1,985社を対象とした『2018年6月度定期賃金調査結果』を発表しました。

 

<調査の基本事項>
調査目的:
従業員の定期給与(月例賃金)の実態と動向を把握し、今後の賃金対策の参考とするために、1953年より毎年実施(東京経営者協会との共同調査)
調査対象:経団連企業会員および東京経営者協会会員企業1,985社
調査時期:2018年8月1日~9月28日
回答状況:
集計企業数388社(有効回答率19.5%、製造業50.5%、非製造業49.5%、従業員500人以上78.1%)

 

<調査 結果の概要>

1.学歴別の標準者賃金
学歴別に標準者賃金をみると、いずれの学歴においても年齢・勤続年数が上がるにつれて基本的には上昇しているものの、大学卒総合職(管理・事務・技術労働者)は、役職定年などの影響によって55歳でピークを迎えている。

年齢ポイント間における変動幅をみると、大学卒総合職(管理・事務・技術労働者)では、役職登用時期に当たる35~40歳や40~45歳で増加額が大きくなっている。それ以外の学歴においては、25~30歳で増加額が最も大きくなっており、若年層や子育て層など特定層に対して重点的に月例賃金を引き上げていることがうかがえる。

 

2.平均賃金
(1)産業別の平均賃金
所定労働時間内賃金は、全産業平均が380,459円となり、非製造業平均(393,461円)の方が製造業平均(372,916円)より高くなっている。
所定労働時間外賃金を前年比較でみると、製造業平均が57,665円(前年比-218円)とほぼ横ばいであるのに対し、非製造業は59,150円(同+3,867円)と増加している。特に、土木建設業(同+11,776円)とサービス業(同+4,793円)のアップが目立っている。

(2)規模別の平均賃金
所定労働時間内賃金・所定労働時間外賃金ともに、従業員数が「3,000人以上」の規模が最も高く、「300~499人」が最も低くなっている。500人以上の企業では、規模が大きくなるにつれて金額も高くなる傾向があるものの、500人未満では、「100~299人未満」「100人未満」が「300~499人」を上回っている。

 

3.役職者賃金(実在者)
役職別に実際に支払われた所定労働時間内賃金をみると、部長(兼取締役)が1,020,614円(前年比-23,517円)、部長が697,216円(同+8,783円)、部次長が600,683円(同+3,113円)、課長が535,160円(同+2,184円)、係長が407,252円(同+676円)となっており、部長(兼取締役)を除いて前年より増加している。
部長の所定労働時間内賃金を100とした場合の役職間の賃金比率は、部長(取締役)が前年より若干減少したものの、それ以外の役職ではほぼ横ばいとなっている。平均年齢と平均勤続年数は、いずれの役職においても、前年と比べて大きな変化はみられない。

 

◆本調査の詳細は、こちら(PDF)をご覧ください。

(一般社団法人日本経済団体連合会 http://www.keidanren.or.jp/ /1月22日発表・同社プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


管理職のコミュニケーション能力を高める!ソリューション特集

今求められるコミュニケーション能力・マネジメント能力とは


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

非日常の体験型ワークショップでチームビルディングを実現!

『日本の人事部』では、魅力ある「体験型ワークショップ」をもっと多くの方...


いま、企業が行うべき研修とは?<br />
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

いま、企業が行うべき研修とは?
~育成の目的とメニューを明確にし、効果を最大限に高めていく

自律性を高め、社員一人ひとりのスキル・能力を高めていかなければ、これか...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会