企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/09/06

旧姓使用を認めている企業は67.5%。セクハラ防止規程を定めている企業は69.3%~民間企業440社にみる『人事労務諸制度の実施状況』:労務行政研究所

民間調査機関の一般財団法人 労務行政研究所(理事長:猪股 宏 東京都品川区西五反田3-6-21)は、上場企業および上場企業に匹敵する非上場企業440社を対象に、人事労務諸制度の実施状況を調査した。

本調査は、企業における人事労務関連のさまざまな制度の実施状況を明らかにするため、1981年に初めて行って以来、定期的に実施しており、今回は2013年以来5年ぶり、15回目の調査となる。今回調査では、企業で広く取り入れられている18分野・191制度の実施率と10制度の改廃状況について調べている。

 

<調査結果のポイント>
1.セクハラ防止規程を定めている企業は増加傾向にあり、2018年では69.3%と7割近くに達し、2013年調査(49.5%)から約20ポイント増加。同様にパワハラ(モラハラ)防止規程についても、作成している割合は2007年以降急増しており、2018年では56.4%と半数を超えている。

2.61歳以上の定年制を実施している企業は12.7%で、2010年(6.3%)から倍増。61歳以上の定年年齢の内訳を見ると、65歳が73.1%で最も多く、62歳が11.5%と続く。

3.社員の旧姓使用を認めている企業は67.5%で、2001年の30.6%から2倍以上に増加している。

 

<調査・集計要領>
1.調査対象および集計対象
全国証券市場の上場企業(新興市場の上場企業も含む)3830社と、上場企業に匹敵する非上場企業(資本金5億円以上または従業員500人以上)3909社の合計7739社(ただし、持ち株会社の場合は主要子会社を対象としたところもある)。このうち、回答のあった440社を集計した。

2.調査時期
2018年1月15日~4月10日


【本プレスリリースに関するお問い合わせ先】
企業名:一般財団法人 労務行政研究所
担当者:五林(ごばやし)、上林(かんばやし)
TEL:03-3491-1242(直通)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(一般財団法人 労務行政研究所 https://www.rosei.or.jp/ /9月5日発表・同法人プレスリリースより転載)


ニュースジャンル一覧

教育・オピニオン(社会)ジャンルのニュース

新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

任期制自衛官の就職支援マンパワーグループ 成功報酬なし!攻めの採用

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


新年度に向けた情報収集に!注目のダウンロード特集

今『日本の人事部』が注目するサービス・調査データ・事例など、業務で役立つ資料をご紹介します。
貴社の課題解決のヒントに、ご活用ください!


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


エンゲージメントサーベイの選択眼を養う<br />
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

エンゲージメントサーベイの選択眼を養う
~押さえたい設計の基礎と判断軸~

従業員に長く活躍してもらうために、いかに組織の土台を作り上げていけばい...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-秋-」を11/13・14・15・16・20・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会