無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
人事サービス 人事労務・管理
掲載日:2018/08/10

人材情報の「並べやすい・見つけやすい・読みやすい」を叶え、より精度の高い“使える化”を実現~社員の人事情報を“使える化”する「JOBXフォーマット」を開発、『人材データプラットフォーム構想』を発表:カオナビ

株式会社カオナビ(本社 東京都港区、代表取締役社長 柳橋 仁機、以下「当社」)は、HRテクノロジークラウド市場のリーディングカンパニーとして、人事情報のデータを“使える化”する「JOBX(ジョブエックス)フォーマット」を開発し、HRテクノロジーサービスのプラットフォームとなる「人材データプラットフォーム構想」を発表します。

このたび発表する「人材データプラットフォーム構想」は、散在する社員のデータを集約し、人事マスターデータとして“使える化”するためのプラットフォームが必要であるという考えから誕生しました。
本構想の実現に向けた第一弾の取り組みとして提供する「JOBXフォーマット」は、これまでの1,000社を超える導入実績から得たデータ分析をもとに、必要な項目を厳選し”使える化“を実現したフォーマットです。

 

■社会背景:HRテクノロジーサービスの土台となる人事マスターデータの整備・運用が急務に。
働き方改革関連法に向けた市場の流れや、採用難・転職市場の活性化などの変化を受け、HRテクノロジー市場は毎年140%以上の成長を続け(※)、それに伴い、HRテクノロジーサービスが続々と登場しています。それらを利用する各社は、給与計算や勤怠管理などの各機能に特化したサービスを導入し、それらのサービスを効率的に活用するために、人事マスターデータのルールの統一、およびその整備・運用が急務となっています。

※ミック経済研究所「HR Techクラウド市場の実態と展望 2017年度版」

 

■人材データプラットフォーム構想のコアとなる「JOBXフォーマット」と“使える化”に向けた取り組み
「JOBXフォーマット」は各項目を選択式で入力する仕組みのため、表記の揺らぎもなく、人材情報の「並べやすい・見つけやすい・読みやすい」を叶え、より精度の高い“使える化”を実現します。また、「JOBXフォーマット」を利用したデータの蓄積により、自社で簡単に集計・分析が可能になる上、統計上と比較した分析も可能となります。
人材データプラットフォーム構想の実現にあたり、2018年度内に以下の3つの機能の追加を予定しています。

1.入社手続き・社員情報変更のワークフローシステム
入社者自ら、入社手続きに必要な情報を直接入力し、社会保険関係の手続きを自動で行うことができるワークフローシステムです。加えて、在職者のデータメンテナンスにも対応し、結婚・出産といったライフステージの変更によって生じる社員情報の更新も容易に可能となります。常に最新のデータを保つことができるため、人事・総務部の業務をより効率化することができます。

2.履歴・職歴登録アプリ
個人が自身の履歴や職歴をスマホ上で簡単に登録・管理できるアプリです。このアプリにより、企業側はアプリ上で取得したデータを『カオナビ』に自動で反映させることができるようになります。これまで紙で管理していた履歴書や経歴書をデータで管理できることで、業務効率化はもちろんのこと、入社前の時点で、個人のスキルや経歴を把握し、一部の管理職間で共有することができます。また個人は、アプリで自身の情報を管理できるため、常に最新のデータを維持することが可能です。

3.退職者コミュニケーションツール
『カオナビ』に退職者の履歴を保管することで、アルムナイ(同窓会)ネットワークの構築が可能です。例えば、退職者に対してイベント招待やアンケートなどを送り、コミュニケーションを継続的にとることで、優秀な退職者を再雇用するなど、人材獲得の機会を創出することができます。さらに、「JOBXフォーマット」により正規化されたデータで管理することで、募集要項に合った退職者を選定し、アプローチすることも可能となります。

 

■人材データプラットフォーム構想に向けた展望
本構想は、当社が人材管理システム市場シェアNo.1の実績をもっていることに加え、『カオナビ』が、タレントマネジメントシステムであり、なおかつ入社前の社員から在職者・退職者まで、全社員の人事情報が登録可能であるからこそ実現できる構想であると考えています。今後は、給与や勤怠といった労務管理を中心としたサービスや、求人サービスとのAPI連携を進めることで、人材データプラットフォーム構想の可能性を広げていきます。


<報道機関からのお問い合わせ>
株式会社カオナビ 広報担当:松下・宮地
TEL: 03-5775-3823 FAX:03-5775-3824
Mail: pr@kaonavi.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社カオナビ https://corp.kaonavi.jp/ /8月6日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。