企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[社会]

2018/07/06

テレワーク活用のきっかけに テレワーク・デイズ実施がせまる

総務省、厚生労働省、経済産業省などは、2020年東京オリンピックの開会式にあたる7月24日を「テレワーク・デイ」、その前後の7月23日~7月27日の期間を「テレワーク・デイズ」とし、テレワーク全国一斉実施を呼びかける。昨年は、NTTデータ(約7,600名が参加)、カルビ―(約270名)、全日本空輸(約300名)など、900団体以上、6万人超がテレワークを実施した(日本経済新聞より)。

 

近年、働き方改革への関心が高まる中で、テレワークには大きな注目が集まっている。一方で、まだ活用が進んでいないという企業も少なくないのが実情だ。エン・ジャパンが6月に発表した「テレワーク実態調査」によると、「これまで働いたことのある会社に、テレワークの制度があった」と答えた人は17%だったが、実際に経験したことがある人は4%にとどまったという。

 

テレワークを導入しても、なかなか従業員の利用が進んでいない企業は多い。「テレワーク・デイ」などをきっかけに、多くの従業員にテレワークを体験してもらうことは、活用促進へとつながるだろう。

 

 

(『日本の人事部』編集部)


ニュースジャンル一覧

行政・法律(社会)ジャンルのニュース

インターンシップを効果的に実施するポイントと 外部ソリューション活用のヒント

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

イクメン企業アワード2019エントリー募集中

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ


インターンシップを効果的に実施するポイントと外部ソリューション活用のヒント

インターンシップの効果的な実施について、種類や取り組み事例、外部サービス活用のヒントをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

3年目社員の「賢い」育て方 (第1回)

「若手社員の約3割が、入社から3年以内で退職している」といわれる。今や...


若手社員の定着率をアップさせるためには

若手社員の定着率をアップさせるためには

求人難が叫ばれる中で、若手社員の早期離職傾向がなかなか止まらない。少子...


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2019-春-」を5/9・14・15・16・17・23・24に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会