ニュース
人事サービス 人材育成・研修
掲載日:2018/05/09

40~50代活性化のための施策「役割創造」プログラムとして、「キャリアコンセプト開発研修」をリリース~「自分の新たな価値を考え実現する」きっかけ作りのための研修:ライフワークス

企業の研修プログラムを提供している株式会社ライフワークス(本社:東京都港区、代表取締役社⻑・梅本 郁子)は、大企業の40~50代の社員(「ミドル・シニア」層の社員 ※以下、ミドル・シニア社員と表記)向けプログラム「キャリアコンセプト開発研修」を5月8日にリリースします。

ミドル・シニア社員に対し、自分の有しているキャリア資産(価値観・強み・持ち味・知識等)を再確認させるだけでなく、その先の、どんな新たな分野の仕事や役割で今後活躍できるのかを考えさせ、社内外での貢献領域を拡大させるのがコンセプトです。ときに「伸び悩み」に苦しむこの世代の社員が活躍しきれぬまま仕事の一線を退くことを阻止し、本人のやりがいと会社の生産性の両方をアップさせます。

 

企業におけるミドル・シニア社員の割合は、急激に伸びています。採用の現場においても売り手市場が続き、大企業においても新卒社員や中途若手社員の獲得は容易でないのが実態です。そこで、特に豊富な知識や経験を持ち、人数も多いミドル・シニア社員の活用が急務になってきています。ただ一方で、終身雇用体制の中でひとつのスキルを磨くという価値観が社員一人一人に根強く残っており、柔軟なキャリアの創造・展開が難しくなっているのが現状です。

 

キャリアコンセプト開発研修は、40~50代の社員を多く擁する、主に社員数1000人以上程度の大企業を対象としたプログラムです。ミドル・シニア社員が、自ら役割や貢献できる仕事を考え、社内・社外で新たな貢献分野に挑戦できるきっかけを作ります。

従来のシニア層向けのキャリア研修では、社員が「やりたい事」・「できること」・「会社の期待」の重なる部分を見出し、「今後何ができるかについての気づき」を得るといった趣旨のものがほとんどでした。本研修ではその段階からさらに先に、ミドル・シニア社員が持っている「キャリア資産」を踏まえ、今後具体的にどんな新たなキャリアを歩めるのか、貢献領域を拡大させるための「実現計画」を自ら立案できるよう促します。

 

<研修日程:2日間>
◆1日目
受講者が自己理解を深め、自分の強み・持ち味である「キャリア資産」を捉えた上で、望むキャリアの方向性を描きます。

◆2日目
2日目には、自分が役割を果たしている姿をイメージした上で、自分の「軸」となるキャリアコンセプトを言語化します。そしてそれらを基に、描いたキャリアを実現するための計画立案に繋げます。

本研修は単体でも販売していきますが、将来的には、役割創造のための体系的な研修パッケージとしても打ち出していく予定です。研修の前後に諸施策を組み合わせる事で、役割創造(R)(新たな活躍の場で自分らしさを活かして周囲に役立っている状態)を目指します。

 

<本件に関するお問い合わせ>
広報担当:黄瀬 (きのせ )
Tel. 03-5777-1400 Fax. 03-5777-1401 mail: info@lifeworks.co.jp

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(株式会社ライフワークス https://www.lifeworks.co.jp/ /5月8日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。