企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

ニュース
社会 行政・法律
掲載日:2018/05/08

企業におけるボランティア休暇制度の導入を応援します~5月21日から助成金の受付を開始(東京都産業労働局)

東京都では、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会に向けて、働く世代のボランティア参加を促進するため、「ボランティア休暇制度」の整備を行う企業等に対して、助成金を支給します。

このたび、平成30年度の助成金受付を開始しますので、お知らせします。

 

本年の9月中旬には、東京2020大会におけるボランティア募集が開始される予定であり、働く世代の積極的な参加が期待されています。従業員の方々がボランティアに参加できるよう、制度整備に本助成金を是非ご活用ください。

 

<助成要件>

(1) ボランティア休暇制度導入に向けた検討
都内勤務の従業員(正社員)を1人以上含む2人以上で組織するプロジェクトチームを社内に設置し、制度内容及びボランティア活動推進に向けた独自の取組について検討すること。

(2) ボランティア休暇制度の整備
・ボランティア休暇として付与する休暇日数を、従業員一人あたり年間3日以上とすること
・ボランティア休暇の対象となる活動に、スポーツ大会におけるボランティアを含めること
・時限的な制度(期間を限定した制度)としないこと …など

(3) 社内周知
(2)で定めた休暇制度の対象者に対し、以下に示す全てについて周知し、従業員のボランティア休暇取得を推進すること。
1.(1) で検討した独自の取組の内容
2.(2) で定めた制度の内容
3.ボランティア活動に関する情報

 

<助成金額>
20万円/1社

 

<支給予定社数>
500社
※申請から受給までのスケジュールは別添(PDF:1,070KB)参照

 

<助成対象事業者>
・都内で事業を営む企業等
・常時雇用する労働者(都内勤務であること)を2名以上、かつ、6ヵ月以上継続雇用していること。
・就業規則を作成して労働基準監督署に届出を行っていること。
・就業規則やその他規程で、ボランティア休暇について明文化されていないこと。
・都ホームページへの企業名等の公表に同意すること。

その他詳細につきましては、産業労働局雇用就業部ホームページ「TOKYOはたらくネット」をご覧ください。

 

2020年に向けた実行プラン」事業
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「ダイバーシティ 政策の柱5 誰もが活躍できるまち 政策の柱6 誰もが優しさを感じられるまち」

 

<問い合わせ先>
産業労働局雇用就業部労働環境課
電話 03-5320-4649

 

◆ 発表資料の詳細はこちらをご覧ください。

(東京都産業労働局 http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/ / 4月25日発表・報道発表より転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です
ニュースジャンル一覧
行政・法律(社会)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

会社の法律Q&A 仕事と家庭(育児・介護)』の両立支援 「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2020-秋-」を11/17~20、11/25に開催。
<173講演ライブ配信>


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

日本を代表する大手企業の人事エグゼクティブによる、人事の未来を考える会