ニュース
人事サービス 雇用・採用
掲載日:2018/03/14

日本の雇用意欲は、前四半期に引き続きこの10年で最も好調な値を記録~『マンパワーグループ雇用予測調査:2018年第2四半期(4-6月期)』結果発表:マンパワーグループ

総合人材サービスのマンパワーグループ株式会社(本社・神奈川県横浜市、代表取締役社長:池田 匡弥、以下マンパワーグループ)は、2018年第2四半期(4-6月期)における企業の雇用計画を尋ねた「マンパワーグループ雇用予測調査」の結果を3月13日付で発表します。調査結果は「2018年4-6月において、貴社または貴機関の雇用計画(契約社員、派遣社員等を含む)は今期(2018年1-3月)と比べてどのような変化がありますか?」という質問に基づいています。尚、本調査はマンパワーグループが四半期ごとに世界44ヵ国・地域で行っている世界で最も広範囲にわたる事前調査です。

今回行った調査では、東京・大阪・名古屋の企業1,101社から回答を得ました。その結果、季節調整後の純雇用予測は24%、前四半期比、前年同期比いずれにおいても、企業の雇用活動は安定して推移しています。また、マンパワーグループ雇用予測調査は、地域別(東京、大阪、名古屋)で調査を行うと共に、業種別(7業種*)での調査も行っております。地域別の純雇用予測は、名古屋+22%と前四半期比でマイナス6ポイント、前年同期比ではマイナス7ポイントと変化がありましたが、大阪・東京は、ともに+23%で、前四半期比では安定推移しています。

 

業種別で見ると、7業種全てにおいて来四半期に向け増員を予定していることがわかります。前四半期比では3業種で増加、前年同期比では4業種で増加しています。雇用意欲が最も高い「鉱工業・建設」の純雇用予測は+36%となっています。「運輸・公益」+35%「サービス」の純雇用予測は+26%「製造」+23%「卸・小売」+22%「金融・保険・不動産」の純雇用予測は+17%「公共・教育」の純雇用予測は+8%で、前四半期同様、最も慎重な値となっています。

*純雇用予測: 調査結果のうち「増員する」と回答した企業数の割合(%)から「減員する」と回答した企業数の割合(%)を引いた値。
*季節調整値: 月々の変動の癖(季節的要因)を除去したことを推計した値で、調査開始から3年以上経っている国で適用しています。日本では2006年第3四半期から適用しており、全て季節調整値をもとにした分析値を指標にしています。
*7業種:「金融・保険・不動産」「製造」「鉱工業・建設」「公共・教育」「サービス」「運輸・公益」「卸・小売」

 

【調査結果】2018年第2四半期(2018年4-6月期)

純雇用予測は24%と、前四半期比・前年同期比のいずれにおいても安定推移
2018年第2四半期
の純雇用予測(季節調整後)は、前四半期比同ポイント・前年同期比1ポイント増の24%となりました。全体の内訳は、1,101社からの回答のうち従業員を「増員する」と回答した企業が33%、「減員する」との回答は、3%、「変化なし」が36%でした。全体的な雇用意欲は引き続き高止まり傾向であることがわかります。

 

地域別では東京・大阪・名古屋、3地域ともに増員を予定
地域別の純雇用予測(季節調整後)は、3地域全てにおいてプラスの値となりました。東京・大阪の純雇用予測は+23%名古屋+22%です。

 

業種別では7業種全てにおいて来四半期に向け増員傾向
業種別
の純雇用予測(季節調整後)は、7業種全てにおいてプラスの値となっています。雇用意欲が最も高いのは「鉱工業・建設」+36%、続けて「運輸・公益」+35%とそれぞれ好調な値となっています。「サービス」+26%で健全な雇用の増加が見込まれています。「製造」+23%「卸・小売」では+22%となりました。「金融・保険・不動産」では+17%と安定した雇用が見込まれます。雇用意欲が最も低いのは前四半期同様「公共・教育」で、純雇用予測は+8%となりました。

 

【調査概要】
調査時期:2018年1月17日~1月31日
調査対象:東京・大阪・名古屋の次の7業種における企業の人事部門長
(1))金融・保険・不動産 (2)製造 (3) 鉱工業・建設
(4) 公共・教育(役所、学校関係) (5) サービス(情報処理、ソフトウェア、娯楽など)
(6) 運輸・公益 (7) 卸・小売
質問内容:「2018年4-6月において、貴社または貴機関の雇用計画(契約社員、派遣社員などを含む)は今期(2017年10-12月)と比べてどのような変化がありますか?」
調査方法:次のいずれかの方法で回答を収集。
(1)電話による聞き取り (2) 電子メールによるアンケート
有効回答数:日本国内1,101社、世界44ヵ国・地域では約59,000の公的機関・民間企業
誤差の範囲:調査国、地域、及び世界レベルでのデータ全体に関して、誤差の範囲は±3.9%以内です。
調査の歴史:50年以上の歴史をもつ当調査は、世界で最も信頼されている雇用予測調査の一つです。1962年に米国およびカナダで開始し、2003年には、日本を含む世界13ヵ国・地域が調査に参加することとなりました。その後も、参加国は増え続け、現在では44ヵ国・地域で調査が行われています。

調査結果詳細(PDF)

※次回のマンパワーグループ雇用予測調査(2018年第3四半期)の結果発表は、2018年6月の予定です。

 

<報道関係の方からの本件に関するお問合せ先 >
マンパワーグループ株式会社 広報室 
TEL:03-6860-6037(FAX:03-3436-6052) kouhou@manpowergroup.jp
〒105-6119 東京都港区浜松町2-4-1
世界貿易センタービルディング 19F

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(マンパワーグループ株式会社 http://www.manpowergroup.jp/ /3月13日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

(情報未登録)さんのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。