企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

印刷する印刷する 

[企業人事部]

2017/12/02

営業時間を見直して休みを取りやすく 働き方改革の取り組み進む

働き方改革の広がりに伴い、店舗などの営業時間を見直す企業が増えている

 

大和ハウス工業は、2018年から、業界で慣例化している「正月三が日(1月1日、2日、3日)」の住宅展示場・分譲地での営業活動を全て取り止め、一斉休業とすることを発表した。また、NTTドコモでは、年中無休だった携帯販売店の体制を改め、休業日の設定や閉店時間の繰り上げを実施している(日本経済新聞より)。

 

「休日の多さ」や「休みの取りやすさ」が、企業を選択する上で重要な要素だと考える人も増えている。三菱UFJリサーチ&コンサルティングが実施した「2017年度 新入社員意識調査アンケート」によると、会社に望むこととして、調査開始以降初めて「残業がない・休日が増える」が「給料が増える」という回答を上回った。

 

採用売り手市場が続く中で、従業員が休みやすい環境をいかに整えられるかが、人材獲得のカギとなる。これまでは定期的な休みがとりづらいとされていた業界が、どのような改革に取り組んでいくのか、今後の動向が注目される。

 


(『日本の人事部』編集部)


ニュースジャンル一覧

その他(企業人事部)ジャンルのニュース

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

ニュースアクセスランキング

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


プレスリリース掲載に関して

プレスリリース掲載に関して

弊社媒体向けニュースリリースにつきましては、受付フォームをご用意しております。
プレスリリース受付フォーム


『日本の人事部』 主催イベント

日本の人事部「HRカンファレンス」

日本最大のHRイベント

日本の人事部「HRカンファレンス2018-春-」を5/9・15・16・17・18・21・22に開催。


日本の人事リーダー会

日本の人事リーダー会

第12回会合として、人事リーダーによる座談会を2/2(金)に開催。