無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース 掲載日:2017/02/02

給与水準は最大25%増。人材獲得競争がより顕著に~最新雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた『給与調査2017』を発行:ロバート・ウォルターズ・ジャパン

バイリンガル人材紹介会社ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社(東京オフィス:東京都渋谷区、代表取締役社長:デイビッド・スワン)は2017年1月30日、日本の最新雇用動向と職種・業種別の給与水準をまとめた「給与調査2017」を発行しました。同レポートでは、2016年の各国の産業・職種別給与水準に加え、2017年の雇用動向見通しなどを記載しています。

調査結果をまとめた冊子(日本語・英語)を発行し、希望者へ無料で配布します。さらに、オンライン版も同日よりrobertwalters.co.jpにて公開中。2月には公式モバイルアプリ「Salary Checker」(iOS/Android)でも配信します。

 

2016年の動向
景気改善の兆しや少子高齢化、国内企業のグローバル進出などを背景に、2016年有効求人倍率(厚生労働省調べ)は25年ぶりバブル末期並みの高水準となり、人材不足感が強まっています。さらに弊社の調査では、求人の際に企業が求める知識・技術と、求職者(応募者)が持ち合わせる知識・技術が異なる傾向が顕著に見られました。

こうした雇用情勢を背景に給与水準も軒並み続伸。特に日本語・英語の両言語に堪能で専門的な分野での知識・技術を有する人材(バイリンガル・スペシャリスト)の給与水準には著しい延びが見られました。昨年の調査では最大20%の給与アップが見込まれていたセキュリティ/リスク関連のITスペシャリストは最大25%へと給与増加幅がさらに広がっています。

この調査では従来以上に人材需要の細分化・多様化も進んでいることも明らかになっています。再生可能エネルギー分野、自動車分野、高性能電子素材を扱う化学分野などを中心に、製造業ではビジネスニーズの多様化にともなって、エンジニアリングの知識・技術をもとに営業を担えるセールスエンジニアや自動車とロボットの知見を併せ持つ人材など複数のスキルを持つ人材を求める企業が多く見られました。別の例では、サプライチェーン、調達プロフェッショナル、コールセンターなどでも、人材への採用要件が複雑化しています。

 

2017年の見通し
バイリンガル・スペシャリストなど充実したスキルセットを持つ希少人材をめぐる企業間の人材獲得競争がより顕著になり、給与水準も多くの産業・職種で増加が続くことが予想されます。

「給与調査2017」 -産業・職種別の詳しい調査結果

 

グローバル版も同時発行
グローバル本社(英ロンドン)をはじめ世界27ヵ国の主要都市に拠点を持つ当社のデータベースを活用して同様の調査を各雇用市場にて実施し、調査結果をまとめたグローバル版(英語)も発行。オンライン、アプリにて公開します。

 

<産業別の概況>

●IT
・データサイエンティスト、製薬/製造/フィンテック/クラウド分野の営業、マーケティング担当およびエンジニアに対する需要が堅調
・給与水準は、セキュリティ/リスク関連ITプロフェッショナルを中心に上昇(最大25%増)

●商工業
・再生可能エネルギー分野、自動車分野のエンジニア、高性能な電子材料を取り扱う化学分野の人材需要が堅調
・サプライチェーン、調達プロフェッショナルに対する採用要件が複雑化
・給与水準は、営業スペシャリスト/エンジニアを中心に上昇(最大20%増)

●ヘルスケア(医療機器、製薬)
・中枢神経系、癌、免疫、稀少疾患、メディカルアフェアーズ領域のプロフェッショナルに対する需要が堅調
・関西では医療品開発・販売業務受託機関の技術系人材、医療情報担当者(MR)、営業担当に引き合い
・医師などの専門家、 製品開発(R&D)、薬事(RA)、品質保証(QA)のスペシャリストの給与水準が上昇(最大20%増)

●小売&消費財/サービス
・以下のスペシャリストの採用需要が堅調
 ○バイリンガルの営業、マーケティング人材
 ○デジタルマーケティングスペシャリスト(企業内、広告代理店)
 ○オンライン事業(Eコマース)向けITエンジニア
 ○エンターテインメント、旅行、ホスピタリティ分野のプロフェッショナル (東京オリンピック)
・ジェネラルマネージャー、プロダクトマネージャー、セールスーマネジャーの給与水準が上昇(最大20%増)

●会計&財務
・FP&Aスペシャリスト、会計スキル(公認会計士)の需要が堅調
・FP&Aスペシャリストの給与水準が上昇(最大15%増)

●法務&コンプライアンス
・製薬/テクノロジー分野のコーポレートロイヤー、金融企業のコンプライアンス担当者(アドバイザリー、コントロールルーム、サーベイランス)の採用需要が堅調
・製薬/テクノロジー分野のコーポレートロイヤー、バイサイド金融企業の法務・コンプライアンス担当者の給与水準が上昇(最大20%増)

●人事
・バイリンガルの採用担当者 (プロフェッショナルサービス/専門職、IT、ヘルスケア分野)の需要が堅調
・人事ビジネスパートナー、人事ジェネラリスト、福利厚生スペシャリストの給与水準が上昇(最大15%増)

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(ロバート・ウォルターズ・ジャパン株式会社  https://www.robertwalters.co.jp/ /1月30日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。