無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

ニュース
社会 教育・オピニオン
掲載日:2016/09/06

「ハラスメントを受けたことがある」と答えた人は4割。「スメハラ」・「オワハラ」等の新しいハラスメント用語の認知度が2割を超える~『相談さぽーと通信 相談者実態調査』:日本法規情報

日本法規情報株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役 今村 愼太郎)は、運営する次のサイト、風評被害・ネット風評相談サポートモラルハラスメント相談サポート弁護士事務所相談サポート、の運用情報や相談者へのアンケートを元に、「ハラスメントに関するアンケート調査」について発表しました。(日本法規情報株式会社では定期的に法律関連の話題に対して意識調査を行い発表しております)

「○○ハラスメント」という言葉、最近よく耳にしませんか?セクシュアルハラスメント、いわゆるセクハラからはじまって、近年の社会問題となっています。 「ハラスメント」と「嫌がらせ」はほぼ同じ意味ですが、明確な線引きはなく、「ハラスメント」より「嫌がらせの方」がより軽微とされています。今回はハラスメントに関する調査を行ないました。

最初に、ハラスメント(嫌がらせ)を受けたことがあるかどうかについて調べました。

 
■「ハラスメントを受けたことがある」と答えた人は4割にのぼる

質問:実際にハラスメントを受けたことがあると思いますか。
調査の結果、「ハラスメントを受けたことがあると思う」と回答した人が40%、「嫌がらせではあるがハラスメントと言えるほどではない」と回答した人が 27%、「ハラスメントを受けたことがない」と回答した人が33%という結果になりました。実に4割の人がハラスメントを受けたことがあると感じているよ うです。また、ハラスメントと言ってしまうほど大げさではないが、多少の嫌がらせを受けたと感じている人も27%となりました。人によって基準はさまざま ですが、問題化するほどではないと感じているものも含めると7割近くの人が不快な思いをしている、という結果になりました。

 

■「スメハラ」の認知度が26%「オワハラ」に認知度は18%となる

質問:「スメハラ」というハラスメントを知っていますか?
調査の結果、「スメハラを知っている」と回答した人が26%、「聞いたことはある」と回答した人が28%、「知らない」と回答した人が46%になりまし た。知っている・聞いたことがあるという回答を合わせると半数以上にのぼり、新しいハラスメント用語である「スメハラ」が浸透しつつあることが分かりまし た。「スメハラ」とはスメル(smell=におい)ハラスメントの略称で、においが原因となって相手に不快な気持ちを与えることで嫌がらせとなっているこ とをいいます。においとは汗臭さや体臭に加えて、衣類のにおいや香水などのにおいも含まれます。最近増加してきたハラスメントの一種となり、認知度が高まってきていると思われます。
 

質問:「オワハラ」というハラスメントを知っていますか?
調査の結果、「オワハラを知っている」と回答した人が18%、「聞いたことがある」と回答した人が29%、「知らない」と回答した人が53%となりまし た。「オワハラ」とは、「就職活動を終われハラスメント」の略称であり、就職活動に企業の人事担当者が優秀な求職者や学生を囲い込むために、他の企業への 就職活動の終了を促すことが、受け手によってはハラスメントとなることを指しています。

先ほどの「スメハラ」に関する質問に比べて認知度はやや低いですが、知っている・聞いたことはあるという回答を合わせると5割に迫る勢いであり、浸透しつつあることは同じ傾向が見られます。
 

■ハラスメントは改善すべきと考える人が70%近くに

質問:ハラスメントをどのように感じていますか。
調査の結果、「悩んでいる人がいると思うのでもっと改善すべき」と回答した人が67%、「周りでそういう話を聞いたことがなく実感がわかない」と回答した 人が17%、「最近は改善されてあまり聞かなくなった」と回答した人が4%、「特に関心はない」と回答した人が10%、「セクハラやパワハラをよくわかっ ていない」と回答した人が2%となりました。改善すべき、と問題意識を持っている人は7割近くとなり、多くの人がハラスメント問題に遭遇したら解決すべき であると感じているようです。

一方で新しいハラスメント用語が次々と出てくるという現在の風潮について調査してみました。

 

■「深刻」、「我慢すべき」、「過剰」と考える人がそれぞれ3割となり意見が割れる

質問:新しいハラスメント用語が増えてくる最近の風潮について
調査の結果、「人権にかかわる問題であり、深刻である」と回答した人が31%、「ある程度は我慢すべき」と回答した人が31%、「なんでもハラスメントを つけすぎである」と回答した人が25%、「弱い立場を利用しすぎている」と回答した人が5%、「特に関心はない」と回答した人が8%、という結果になりました。

この質問では大きく意見が分かれ、「深刻と思っている」、「ある程度の我慢が必要」「過剰に問題化しすぎ」と感じている人がそれぞれ3割ずつの結果となり、世の中の意見が割れていることが見受けられることが分かりました。

 

これまでの調査のように、ハラスメントの問題は、個人の価値観や考え方が影響してくる問題です。「さまざまな考えを持っている人がいる」ということを踏ま えた行動を心がける必要があります。人々の価値観の多様化が進み、複雑な社会になりつつある昨今、今までは、通常の出来事として捉えられていた事が、ハラ スメント問題になりかねない時代になりつつあります。ハラスメント問題を他人事とせず、大きなトラブルになる前に、小さな懸念点でも気になったことは是非 一度専門家に相談することをおすすめします。

 

調査期間: 2016-07-11~2016-07-28
回答者: 902人(男性 410人 女性 492人)     

 

◆本リリースの詳細は、こちらをご覧ください。

(日本法規情報株式会社 http://www.nlinfo.co.jp/ /9月3日発表・同社プレスリリースより転載)

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。