企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】ケーケーディー KKD

「KKD」は「経験(KEIKEN)、勘(KAN)、度胸(DOKYOU)」の頭文字を取ったもので、製造業を中心に、職人技として昔から続いている管理手法です。トラブルが起きたときなども、「経験・勘」により打開策を見つけ、「度胸」でその策を推進することができます。ITの分野では、長年の経験から過去の事例を元に判断し、プロジェクトの見積りを算出する方法をKKD法と呼んでいます。
(2017/10/11掲載)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

KKDのケーススタディ

KKDを補完するビッグデータの出現
期待されるKKD手法の進化

日本では製造業を中心に、これまでKKDが尊重されてきました。しかし変化の激しい現代では、KKDに頼りすぎると判断を間違ってしまう、という見方もあります。そこで最近注目されているのが、ビッグデータです。

医療の世界では「EBM」(Evidenced Based Medicine)という言葉が普及しつつあります。これは「現時点で科学的・統計的にもっとも確からしいと考えられる医療行為を患者に対して提供すること」という意味です。医療現場では、科学的で統計的に有効なデータを用いて意思決定をすることが求められているのです。このような視点が必要となる分野が今後は増えていくと予想されます。

もちろん、データを判断するのは人であり、多くのデータがあるからといって正しい判断ができるとは限りません。人の経験や勘は、問題点の抽出や要因の洗い出し、新たな企画のアイデア出し、といった工程ではとても重要な働きをします。必要とされるデータを十分に集め、それを人の経験を活かしたうえで判断していく。この両方のバランスが求められるのではないでしょうか。

KKDは個人の頭の中で完結するものであり、これまでそれを人に伝えることは困難でした。しかし、論理的思考でフレームワークなどの手法を使えば、現場を知り尽くした人が自らの経験をフレームワークに落とし込み、それを介して人に伝えることも可能でしょう。これからは、いかにKKDを共有できるかが問われそうです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

あわせて読みたい

経験学習
人は実際の経験を通し、それを省察することでより深く学べるという考え方を、人材育成の領域では「経験学習」と呼びます。組織行動学者のデービッド・コルブはこうした学びを、体系化・汎用化された知識を受動的に習い覚える知識付与型の学習やトレーニングと区別し、「経験→省察→概念化→実践」という4段階の学習サイ...
データリテラシー
「データリテラシー」(Data Literacy)は、直訳すれば「データの読み書き能力」を意味します。しかし、現代では「リテラシー」は「読み書きができる、教養のある」 という意味から派生し、「情報や知識の活用能力」という意味で使われることが多く、「データリテラシー」も「データの活用能力」といった意味...
データドリブン(data driven)
「データドリブン」(data driven)とは、ビジネスなどにおいて得られたさまざまなデータを総合的に分析し、意思決定の判断材料として役立てることをいいます。特にビッグデータを活用し、データによって現状を正しく可視化することで課題解決に結びつける考え方です。近年、データ分析技術が進歩する中で、マー...

関連する記事

「採用」×「AI」で、採用成果を実現する これからの人事に必要なもの
HRの領域ではその時々、トレンドとなるワードがあります。最近は「AI」「HR technology」がそれに該当します。人材サービス会社だけでなく、ITサービス各社からもさまざまなサービスがリリースされていますが、それらを導入すれば、採用はうまくいくのでしょう...
2017/10/23掲載注目の記事
【データサイエンティスト】 統計・IT・ビジネスに通じたデータの目利き 「21世紀で最もセクシーな職業」は日本を救うか
イノベーションの陰にビッグデータあり――。GoogleやAmazon、Facebookの成功はその最たる例だが、ただ膨大な量の情報を収集し、自社のデータベースにため込んでいるだけでは、何も起こらない。大切なのはデータの山を解析し、どれだけビジネスに活用できる知...
2015/11/24掲載あの仕事の「ヒト」と「カネ」
転職と資格取得の関係
「資格取得」を転職やキャリアアップの強力な武器と考えている人は多い。メディアを見ても、資格取得のためのスクールや通信講座などが、「資格を取れば人生大逆転も可能!」とでもいうような勢いで、連日派手なPR合戦を繰り広げている。しかし、実際に採用する企業サイドは、あ...
2015/02/04掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

経営陣(役員)が興味を持つ人事関連データ
お世話になります。 代表取締役をはじめとする経営陣に対して人事担当者として彼らが興味を持つデータ、経営判断に役立つデータを提供したいと思っています。 経営陣はこれまで感覚で会社経営したきたという部分が多分にあり、そもそもどのようなデータが 役に立つのか、こちらから提案して初めてわかる、という状態で...
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
人事・労務の専門家が親切・丁寧にお答えします。
新入社員研修の種類や企業事例、「新入社員研修」サービス

会員として登録すると、多くの便利なサービスを利用することができます。

働くパパママ育休取得応援奨励金 ボブ・パイク 参加者主体の研修テクニック

50音・英数字で用語を探す

新着用語 一覧

注目コンテンツ


「2020年度 新入社員育成」ソリューション特集

新入社員研修の種類やカリキュラム例、企業事例、おススメの「新入社員研修」サービスをご紹介します。


【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。