無料会員登録

日本の人事部への登録は45秒で完了
※登録内容はマイページで確認・変更できます

※「@jinjibu.jp」からのメールが受信できるようにしてください。

または各SNSで登録

日本の人事部があなたの許可無く投稿することはありません

既に会員の方は
こちらからログイン

ログイン

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・ログイン

ありがとうございます。会員登録が完了しました。
メールにてお送りしたパスワードでログインし、
引続きコンテンツをお楽しみください。

無料会員登録

不正な操作が行われました。
お手数ですが再度操作を行ってください。

会員登録完了・自動ログイン

会員登録とログインが完了しました。
引続きコンテンツをご利用ください。

マイページ

会員登録済み


選択したSNSアカウントは既に会員登録済みです。

【ヨミ】ピアコウカ ピア効果

「ピア効果」とは、仲間や同僚などがお互いの行動、生産性に影響を与え合うことをいいます。ピア(peer)は、年齢・地位・能力などが同等の者、同僚、同輩、仲間を意味する英語で、教育分野などでよく用いられる用語です。一般的には、能力や意識の高い仲間が同じ環境に集まり、お互いに切磋琢磨し合うことで、集団のレベルアップとともに個々の成長に相乗作用をもたらす効果のことを言い、これを“正のピア効果”と呼んでいます。一方、集団の構成などによっては、お互いに悪い影響を及ぼしあい、集団としても、個人としても行動や生産性が低下してしまう“負のピア効果”が働くケースもあります。
(2016/11/17掲載)

ピア効果のケーススタディ

切磋琢磨は“誰とするか”が大きなポイント
たとえ負けても、競い合うメリットは大きい

「ピア効果」の最も典型的な例は、仲間との競争や切磋琢磨による成長です。アメリカの研究では、自転車で走行したときのタイムを、単独で走行した場合と数人で競争して走行した場合で比較すると、競争した場合のほうが速かったといいます。相手に負けたくないという気持ちがモチベーションとなって、独りでは出せない力を引き出したのでしょう。競争が成長や成果をもたらすことは、学校や職場などにおけるさまざまな競争を通じて、多くの人が経験的に理解しています。

もっとも、ただやみくもに競い合えばいいというわけではなく、より高い「ピア効果」を得るためには、誰と、どう競い合うかがポイントになります。競争する相手とレベルの格差があまりにも大きいと、競争のいい影響が出にくいと言われています。レベルのより低いほうは「どうがんばっても勝てない」とあきらめて努力を放棄してしまい、レベルの高いほうは「本気でやらなくても勝てる」と慢心して向上意欲を失ってしまうからです。アメリカの空軍養成学校で、生徒全体の成績を底上げするために、成績の悪い生徒を成績優秀な生徒のクラスに混ぜる実験を行ったところ、成績が悪い生徒は成績がより悪化してしまいました。競争相手は、近いレベルの者同士であることが望ましいのです。お互いに「油断したら負ける」というぐらいの力関係で切磋琢磨するのが、ピア効果を引き出すカギだといえるでしょう。

もっとも、競争には勝ち負けがつきものです。勝てばいいものの、負けると失うものが大きいから、競いあうのは好きではないと考える人も少なくありません。しかし、負けて得るものもあります。ノーベル賞を受けた20世紀を代表する経済学者で思想家のフリードリッヒ・ハイエクは、「競争は人の持つ特性を見つけ出す最高の装置である」と述べています。競争に勝てば「これが自分の得意なものだ」と自信を得て磨きをかければいいし、たとえ敗れても、「これは自分の苦手な分野だ」と考えて別の分野への挑戦を繰り返せばいい。本当に得意なものや自分の特性を見つけ出すチャンスだというのです。

企業が組織内やチーム内で競争を促す場合も、促す側がこうした視点をもって建設的な競争をリードすれば、職場を無駄に疲弊させることなく、高い「ピア効果」を得られるのではないでしょうか。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

会員登録はこちら

既に日本の人事部会員の方は、ここからログイン

この記事をおススメ

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。
※コメント入力は任意です。

おススメ
コメント
(任意)
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

コメントを書く

あなたのオススメとして、ニックネーム、業種、所在地(都道府県まで)が公開されます。

コメント
■コメント投稿に関するご注意
以下に定めるご注意をご承諾の上、コメントを投稿してください。

1.
記載されている記事や回答の内容に関係のないコメントは、ご遠慮ください。
2.
以下の内容を含んだコメントの投稿を禁止します。『日本の人事部』事務局が禁止行為に該当すると判断した場合には、投稿者に通知することなく、コメントを削除または修正することもございます。予めご了承ください。
・第三者の名誉または信用を毀損するもの
・第三者を誹謗・中傷するもの
・第三者の名誉、信用、プライバシーを侵害するもの
・第三者の著作権等の知的財産権を侵害するもの
・第三者の権利または利益を侵害するもの
・公序良俗に反する内容を含んだもの
・政治活動、宗教、思想に関する記載があるもの
・法令に違反する、または違反のおそれがある記載のあるもの
・差別につながるもの
・事実に反する情報を記載するもの
・営利目的の宣伝・広告を含んだもの
・その他、内容が不適切と判断されるもの
3.
氏名・住所・電話番号などの個人情報を記載すると、トラブルに繋がる可能性があります。絶対に記載することのないよう、ご注意ください。
4.
掲載されたコメントにより発生したトラブルに関しては、いかなる場合も『日本の人事部』事務局では責任を負いかねますので、ご了承ください。
5.
ご投稿いただきましたコメントは、『日本の人事部』や、当社が運営するウェブサイト、発行物(メールマガジン、印刷物)などに転載させていただく場合がございますので、ご了承下さい。

問題を報告

ご報告ありがとうございます。
『日本の人事部』事務局にて内容を確認させていただきます。

報告内容
問題点

【ご注意】
・このご報告に、事務局から個別にご返信することはありません。
・ご報告いただいた内容が、弊社以外の第三者に伝わることはありません。
・ご報告をいただいても、対応を行わない場合もございます。

「ピア効果」に関する記事