企業研修、採用、評価、人材開発、労務・福利厚生のナレッジコミュニティ

【ヨミ】エンマンタイシャ 円満退社

「円満退社」とは、会社に就業していた労働者がその職を退く際、使用者との労働契約を双方の合意のもとに解除することをいいます。本来、そうした労働契約解除の形態を指す言葉ですが、より一般的な解釈としては、これまで勤めてきた職場の上司や同僚などにも納得・理解を得た上で、円滑な職務の引継ぎを経て、わだかまりなく職を離れるといった意味合いで使われることがあります。民法上、退職の意思表示は退職日の14日前までに行うことと定められていますが、基本的にはその会社の就業規則などに従い、残務整理や引継ぎの見通し、会社や部署の状況などを勘案した上で、無理のない退職スケジュールを立てることが円満退社のカギといわれます。 (2015/3/23掲載)

円満退社のケーススタディ

快く送り出すことが企業にもメリット
“形”だけの円満か、不満と向き合うか

ビジネスパーソンが転職を成功させるためには、いまの会社を『円満退社』することが鉄則と、キャリアコンサルタントはみな異口同音に強調しますし、多くの転職支援サイトなどもそう主張しています。理由もおおむね同じ。一つは、以前の勤務先を円満退社し、転職してもその会社との関係が良好であれば、その人脈やネットワークが仕事上の大きな武器になるからです。また、前の会社と、取引先や提携先として再び関わることも少なくありません。そういうときこそ、退き際の好印象――以前の上司や同僚に「彼は最後までよく頑張ってくれた」と評価されるような辞め方がものをいうわけです。

逆に、トラブルやわだかまりを残したまま、前の職場を辞めると、本来なら転職先でも活かせるはずの有望な人脈やチャンスまで失ってしまうことに。特に一部の企業には、中途採用者の評価や評判を前の勤務先に問い合わせるという旧弊が、いまでも残っているといいます。もちろん個人情報保護の観点から、人事情報が安易に開示されることはまずありえませんが、同じ業界内の転職であれば、噂が広まりやすいのは確か。災いの種は残しておかないに限るのです。

このように円満退社が求められる事情は、退職者だけでなく、その従業員を送り出す側の企業も同じではないでしょうか。辞めてからも退職者との関係が良好なら、その元社員に、自社と転職先の企業や業界とをつなぐ懸け橋の役割が期待できますし、そうでなければ、自社への不満や恨みから周囲に悪評を広めるなど、害を及ぼしかねません。労使が退職で合意した以上、退職予定者が職場で不利益を被ったり、引継ぎや残務処理で過度の負担を強いられたりすることのないように、むしろ快く送り出すべきでしょう。

ただ、円満退社とは言いながら、転職する以上、実際にはほとんどの人が仕事や職場に何らかの不満を抱えているわけです。中途採用支援サイトを運営するエン・ジャパンが、退職経験のあるビジネスパーソンを対象にアンケート調査を行ったところ、退職経験者の約半数が「会社(人事)に伝えた退職理由は本当の理由ではなかった」と答えています。会社に伝えた退職理由のうち最も多かった回答は「家庭の事情」で、2位「仕事内容」、3位「体調の問題」と挙がっていますが、ホンネの退職理由をたずねると、会社に伝えたタテマエの理由では6位だった「人間関係」が1位に浮上。2位に「社風や風土」が続きました。さらに「なぜ会社(人事)にホンネの退職理由を伝えられなかったのか」という質問には、「円満退社したかったから」の回答が最も多く、不満を抱えながらも“立つ鳥跡を濁さず”ですませたい退職者特有の心情がうかがえます。

会社が、こうした退職者のホンネにきちんと向き合うことなく、ただ円満退社の“形”だけを取り繕うような対応を続けていては、いずれ失いたくない人材まで失うことになりかねません。

記事のオススメ、コメント投稿は会員登録が必要です

あわせて読みたい

カウンターオファー
「カウンターオファー」とは、本来は契約交渉に関する言葉で、売り手の条件提示(オファー)に対して、買い手が条件修正の申し込みを行うことをいいます。それが転じ、人事用語として使われる場合は、退職を希望するビジネスパーソンに対して、会社が「昇給」「仕事内容の見直し」などの新しい条件を提示し、退職・転職を思...
ジョブホッピング
「ジョブホッピング」(job-hopping)とは、労働者が好待遇やスキルの向上を求めて、あるいは職場の人間関係や業務分担への不満などから、比較的短い期間に転職を繰り返すことを言います。また、ジョブホッピングを行う人は「ジョブホッパー」と呼ばれています。世界的に見ると、よりよい条件を求めて転職を重ね...
ジョブ・リターン制度
結婚・出産・介護などを理由に退職した社員を、本人の希望により再雇用する制度。働く側はキャリアを活かして復職、企業側は即戦力の確保と労使双方に大きなメリットがあります。

関連する記事

「退職届」「退職願」の法的整理と撤回等をめぐるトラブル予防策
昨今の世界同時不況下、希望退職制度などを実施する中で、退職届の取り消しや無効をめぐり、労働者とトラブルに発展するケースも少なくありません。今回の記事では、企業・人事担当者として知っておきたい、退職届の取扱いに関する社内ルールや、留意すべきポイントについて、紹介...
2009/07/13掲載人事・労務関連コラム
社風や仕事内容は、本当に合っている? 時期尚早な転職先の決断が、後悔へとつながった求職者のケース
転職を成功させる上で重要なのが、転職先の社風や仕事内容と自分との相性をじっくり見極めることでしょう。しかし、実際に転職活動を行っていると、早い決断を迫られることがあります。企業側が採用を急いでいる場合や、求職者側が経済的な事情で早く働きたいと焦っている場合など...
2012/02/06掲載人材採用“ウラ”“オモテ”
年度末における転職模様
在職者は、いつでも好きな時に転職できる訳ではない。特に責任あるポジションを任されている場合などは、「転職するので辞めます」と途中で仕事を投げ出すわけにいかないことも多い。そんな転職希望者にとって、「年度末」は仕事の区切りがつけやすく、ある意味で転職の絶好機と言...
2015/03/02掲載人材採用“ウラ”“オモテ”

関連するQ&A

退職日前の退職金一部(または全部)支払について
3月末付で退職予定の従業員に対し、通常は翌4月中に退職一時金の支払いをしておりますが、3月中の支払いができないかとの問い合わせがありました。退職所得として課税するにあたり、支払日は退職後であることは必須でしょうか?
退職日
当社は退職の申し出があった者に対し、退職届(退職願)を提出させています。 この際、退職日を確定するのですが、退職日は当社の営業日としています。 1.これは合法でしょうか。 たまに、退職日は●月末日と申告してくる社員がいます。 2.これは正式な届出としては認めなくてよいでしょうか。何日ときちんと日付...
希望退職募集の場合の退職金
経営がかなり逼迫している状況で、希望退職を募る場合、退職金の上乗せはどれくらいが妥当でしょうか?
新たに相談する
相談する(無料)

「人事のQ&A」で相談するには、『日本の人事部』会員への登録が必要です。

新規登録する(無料) 『日本の人事部』会員の方はこちら
業務に関するちょっとした疑問から重要な人事戦略まで、
お気軽にご相談ください。
各分野のプロフェッショナルが親切・丁寧にお答えします。

関連するキーワード

分類:[ 雇用 ]

注目のキーワード解説をメールマガジンでお届け。

「よくわかる人事労務の法改正」ガイドブック無料ダウンロード

50音・英数字で用語を探す

注目コンテンツ

【人事の日制定記念企画】
オピニオンリーダーからのメッセージ

HR領域のオピニオンリーダーの皆さまから全国の人事部門に向けてメッセージを頂戴しました。


人事メディア情報

人事メディア情報

人事・労務関連の代表的なメディアをご紹介いたします。


戦略人事の基盤となる「人事給与システム」<br />
導入を成功させるためのポイントとは?

戦略人事の基盤となる「人事給与システム」
導入を成功させるためのポイントとは?

給与計算業務や社会保険手続きなどの労務管理から、採用・異動・評価といっ...